栗駒山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗駒山
名残ヶ原からの須川岳(栗駒山) Peak Sukawa(Mt. Kurikoma) from Nagoriga-hara marsh - panoramio.jpg
北北西から(名残ヶ原から)の須川岳(栗駒山の主峰)
標高 1,626[1][2] m
所在地 日本の旗 日本
岩手県一関市
宮城県栗原市
秋田県湯沢市雄勝郡東成瀬村
位置 北緯38度57分39秒
東経140度47分18秒
座標: 北緯38度57分39秒 東経140度47分18秒
山系 奥羽山脈
種類 成層火山 (活火山ランクB)
最新噴火 1944年11月20日(昭和湖の位置)
栗駒山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

栗駒山(くりこまやま)は、山体が宮城県秋田県岩手県の三県にまたがるである。標高は1,626m[1]。山頂部は宮城県岩手県の境界になっている。二百名山の一つ。

概要[編集]

栗駒山は奥羽山脈に属し、焼石岳神室山とともに栗駒国定公園や栗駒山・栃ヶ森周辺森林生態系保護地域として指定されている。

山名の由来は、初夏の山頂西側に馬の雪形が現れることから。別名を須川岳(すかわだけ)・酢川岳(すがわだけ)・大日岳(だいにちだけ)・駒ヶ岳(こまがたけ)などとも呼ばれる。

栗駒山は、安山岩デイサイトを主な岩質とする成層火山であり、活火山に指定されている。約80万年前以降に活動を開始し、最新噴火は1944年11月20日で、小規模な水蒸気噴火を起こし昭和湖を形成した[3]。それ以前には1744年2月3日にも噴火している。約11万年前に形成された平坦な溶岩ドームの剣岳では、噴気活動が盛んで東斜面で樹木の枯死が生じている。

栗駒火山の火山体地形図

山頂へは1時間半程度で登れるコースから、原生林を5時間以上もかけて登頂するコースまで、変化に富んだ登山コースが10本以上ある。

2008年の岩手・宮城内陸地震により、山体南東麓で大規模な地すべりが発生した。宮城県側の周辺には須川、駒ノ湯、温湯、湯ノ倉、湯浜等の温泉が点在するが、地震による影響で休業や廃業に追い込まれる被害を受けた。また、登山道も地震の影響を受けており、裏掛(新湯)コースなど崩落のため通行禁止となっている箇所もある。

火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[4]

アクセス[編集]

いずれも、冬季閉鎖区間あり

秋田県側

岩手県側

宮城県側

脚注[編集]

  1. ^ a b “標高値を改定する山岳一覧 資料2”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091073.pdf 2014年3月26日閲覧。 
  2. ^ GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は1,627m。
  3. ^ 以前から火口であった場所での噴火で形成
  4. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  5. ^ 「栗駒山」紅葉号、鳴子峡・中山平紅葉号を季節運行いたします。 - 宮城交通 最新情報一覧 2014年8月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]