飯豊山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯豊山
Iidehonzan.JPG
疣岩山(いぼいわやま)から見た飯豊山
標高 2,105.1 m
所在地 日本の旗 日本
山形県西置賜郡小国町
新潟県東蒲原郡阿賀町
福島県喜多方市
位置 北緯37度51分17秒
東経139度42分26秒
座標: 北緯37度51分17秒 東経139度42分26秒
山系 飯豊山地[1]
飯豊山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
飯豊山の姿
飯豊山周辺の地形図
大朝日岳から飯豊本山と大日岳を望む
福島県西会津町から飯豊連峰を望む
疣岩山から大日岳と御西岳を望む
厳冬の飯豊連峰
右が飯豊本山、中央左が御西岳、左が大日岳

飯豊山(いいでさん)は、飯豊山地[1]標高2,105.1 mである。飯豊本山とも呼ぶ。

概要[編集]

磐梯朝日国立公園内に位置し、可憐に咲く高山植物が有名で、日本百名山のひとつに数えられている。飯豊連峰の最高峰は、標高2,128 mの大日岳である[2]

飯豊山は、福島県新潟県そして山形県三県の県境にあるが、南東麓の福島県側から山頂を経て御西岳に至る登山道付近のみが福島県喜多方市になっており、山頂付近は喜多方市である。理由は、明治期に廃藩置県後飯豊山付近が新潟県に編入されたが、飯豊山神社宮とする福島県側の猛烈な反対運動により、参道にあたる登山道および山頂を再び福島県にすることで決着した結果である。そのため、福島県の県境がいびつな結果になっている[3]

山名の由来[編集]

飯豊山の名の由来には諸説あり、確定していない。福島県会津地方では「いいとよさん」とも呼び、雪化粧した山容が飯を豊かに盛った様子に見えることから、この名がついたとされる[4]陸奥国風土記逸文には飯豊山の名の由来について、以下の2つの伝承が記されている(飯豊青皇女の項目も参照のこと)。

「この山は豊受比売神の神域であった。(履中天皇の皇女である)飯豊青皇女物部氏を遣わして豊受比売神に御幣を奉納した。それでこの山を飯豊と呼ぶようになった」

垂仁天皇の時代に飢饉が発生し、多くの人々が死んだ。そのため、この山を『宇惠々山』と呼ぶようになった。後に好字に改めて豊田と呼ぶようになり、さらにそれが変化して飯豊と呼ぶようになった」

飯豊(いいとよ)を歴史的仮名遣いで表記すると、「いひとよ」となる。「いひとよ」とは古代日本語フクロウをさす言葉であり、それが語源であるという説もある。他にも、山麓に温泉(湯ノ平温泉)があることから「湯出(ゆいで)」が変化したものだとする説がある[5]

飯豊連峰の主な山[編集]

  • 大日岳 (2,128 m) :飯豊連峰の最高峰[2]
  • 飯豊山 (2,105.1 m) :飯豊本山であり、飯豊山神社が置かれている
  • 北股岳 (2,024.9 m) :晴れた日には日本海が望める
  • 烏帽子岳 (2,017.8 m)
  • 御西岳 (2,012.5 m)
  • 三国岳 (1,644 m)
  • 地蔵岳 (1,539 m)

山岳信仰[編集]

652年白雉3年)、知同和尚と役小角が開山したとされる古い山岳信仰の場である。飯豊山大権現を祀る修験の場として栄え、江戸時代初期までには修験道の修験者が多く訪れた。元禄期以降は修験色は弱まり、稲作信仰、成人儀礼、死者供養などを中心とする庶民信仰の形態に移行した。

また、明治初年の神仏分離によって飯豊山神社となり、地域住民から崇敬された。特に太平洋戦争前までは、飯豊山への登頂は少年の成人儀式として用いられたことから地域との密着性が高まった。15歳までに登頂しなかったものは一人前として認めてもらえなかったことから、盛んに集団登山「御山駆け」が行われていたのである。終戦後は、こうした習慣が廃れはしたものの、女人禁制が解除され、多くの登山者が訪れる山として変貌した。前述したように県境の設定の原因にもなった。

登山[編集]

四方から登山道が整備されているが、飯豊山地朝日山地と並び東北アルプスの異名を持ち、山容が非常に大きく万年雪も残るため、充分な装備が必要である。環境省が歩道を整備し環境保全に努めている。

アクセス[編集]

  • 一ノ木(川入)登山口(福島県喜多方市):磐越西線山都駅下車バスあり
  • 奥川(弥平四郎・やへいしろう)登山口(福島県西会津町):磐越西線徳沢駅下車
  • 実川(さねがわ)登山口(新潟県阿賀町):磐越西線日出谷駅下車
  • 大日杉(だいにちすぎ)登山口(山形県飯豊町)
  • 温身平(ぬくみだいら)登山口(山形県小国町)石転び沢コース、ダイクラ尾根コース

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(新潟県)”. 国土地理院. 2011年11月14日閲覧。
  2. ^ a b 地図閲覧サービス(大日岳)”. 国土地理院. 2011年11月14日閲覧。
  3. ^ 喜多方の大地を潤し多くの愛(めぐみ)をもたらす :::飯豊山の愛(めぐみ)::: - 喜多方市、2014年9月18日閲覧
  4. ^ 『日本百名山を登る 上巻』 昭文社、1999年、ISBN 4-398-13209-0
  5. ^ 『日本百名山を登る 上巻』 昭文社、1999年、ISBN 4-398-13209-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]