戸隠山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸隠山
161009 Kagami-ike Togakushi Nagano Japan01s3.jpg
鏡池畔から望む戸隠山 (2016年10月撮影)
標高 1,904 m
所在地 日本の旗 日本
長野県長野市
位置 北緯36度46分13秒
東経138度03分18秒
座標: 北緯36度46分13秒 東経138度03分18秒
山系 戸隠連峰
戸隠山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
山頂付近。細い尾根が続いている。

戸隠山(とがくしやま)は、長野県長野市にある山。戸隠連峰の一峰で、標高は1,904m。400万年前から270万年前頃の新第三紀海底火山由来の火成岩が、山体を作っていると考えられる[1]

信州百名山および北信五岳のひとつ。長野市の中心部から北西へ直線で20km余りの場所にあり、麓の戸隠高原には戸隠バードラインが通じる。北方約4kmには高妻山がある。

概要[編集]

古くから修験道場戸隠流忍者の里としても知られている[2][3]。中腹には戸隠神社(奥社)があり、廃仏毀釈までは聖観音菩薩を祀っていたほか、摂社に地主神の九頭龍社が祀られている[4]。また、当山と同じく修験道場として知られる飯縄山は東南東へ直線で約10kmほどの場所にある。

全体として古い岩質で構成され脆く崩れやすい地質のため、登山の上級者向けの山とされる。登山者は山の形状が屏風形であるため切り立った崖を登るか縦走とならざるをえず、幅50cm前後しかない尾根上が登山路となり両側が断崖絶壁である「蟻の塔渡り」など危険な場所が多く、毎年のように墜落(滑落ではない)死亡事故が発生している。[要出典]

名前の由来[編集]

戸隠(とがくし)」の名は、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、高天ヶ原の天の岩戸に隠れたとき、天手力雄命(たじからをのみこと)が、その岩戸をここまで投げ飛ばし、世に光を取り戻した。」との伝説による[5]

地学[編集]

戸隠山を構成する地層が形成された、400万年前から200万年前の中新世から前期更新世の間、この付近は海であった。270 万年前から 30万年前頃の間に、海底火山からのマグマの貫入と急激な隆起があり、山が形成された。山体を構成する岩石のうち、堆積岩層からは、寒流系の貝類、魚類、鯨、などの化石が見つかっている。貝の中には、戸隠地域で初めて記載された化石の1つで,ホタテガイの絶滅種「学名: Mizuhopecten tryblium(Yokoyama)、和名:シナノホタテ」(戸隠村地質化石館所蔵)などもある[1]

修験の歴史[編集]

戸隠山から高妻山に至るまでが戸隠曼陀羅として考えられ、修験の地として、高妻山の奥にある両界山付近までが古くから栄え、天台宗と真言宗が覇を競い、山に向かって奥社参道左手が真言宗の、右手が天台宗のテリトリーであったとされる。両宗派間にはいさかいが絶えなかったが、最終的に真言宗が戸隠の地を追われる結果となった。

戦国時代信濃国とその近隣では上杉氏武田氏が覇を競ったが、この時期の戸隠神社や飯綱神社は多くの修験者と信仰者集団を抱えており、両氏にとってぜひ味方につけたい存在であった。特に修験者は、広く各地の情報に通じていたことや、薬草の知識があったことにより従軍医師としての期待が大きかった。

明治に入り、廃仏毀釈によって全て神道に代わり現在に至っている。

戸隠修験の近年の状況だが、修験者が使用した洞窟や岩屋である「三十三窟」[6]が山の中腹に残っており、「般若窟」「龍窟」などの名称も残っているが、修験は既に絶えていて、道も定かではなく、辿り着くのは容易ではない[7]

なお、廃仏毀釈以前に山内の寺院に奉られていた仏像などは近隣の村の寺院などに移され、現在も伝わり奉られている。中社地区を少し上がったペンションなどが立地する地区に「修験道別格寺公明院」という寺院があり、境内には飯縄天狗などの古い石像が多数安置されている。同院は長らく無人で質素な建物であったが、近年に改築された。

観光[編集]

周辺は蕎麦の産地として知られる。また、鬼女紅葉の伝説も著名である。

なお、戸隠スキー場は戸隠山ではなく飯縄山の支峰の北西斜面に位置している。

位置情報[編集]

  • 所在地:長野県長野市

2005年に長野市へ編入合併するまでは上水内郡戸隠村に位置していた。

参考文献[編集]

  • 『戸隠村の石造文化』 発行:戸隠村教育委員会・戸隠村地質化石館、2004年 ※「修験の歴史」セクションについての参考文献。

脚注[編集]

  1. ^ a b 長森英明、古川竜太、早津賢二、5万分の1地質図幅「戸隠」地質ニュース602号 ,63 - 66頁 - 産業技術総合研究所地質調査総合センター(2004年10月) (PDF)
  2. ^ 修験道の霊場・戸隠 戸隠神社
  3. ^ 戸隠神社4 〜熊野の影響 別格の修験地 週刊長野記事アーカイブ
  4. ^ 地元の人達の間では九頭龍様の好物は梨であるという事が知られている。
  5. ^ 岩戸伝説 戸隠神社
  6. ^ 45 戸隠三十三窟(森を歩くガイド)”. お山の宿 ぴあろっきー. 2015年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。
  7. ^ 近況については、2004年に刊行された『戸隠村の石造文化』(参考文献セクションを参照)に詳しく、大まかな地図と状況が書かれている。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]