市房山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市房山
熊本県水上村からの眺望
熊本県水上村からの眺望
標高 1,720.8 m
所在地 日本の旗 日本
熊本県水上村
宮崎県椎葉村西米良村
位置 北緯32度18分42秒
東経131度06分04秒
座標: 北緯32度18分42秒 東経131度06分04秒
山系 九州山地
種類 花崗岩
市房山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

市房山(いちふさやま)は、九州山地の南部にある日本標高は1,720.8m[1]熊本県水上村宮崎県椎葉村西米良村にまたがる。

概要[編集]

「米良三山」[2]のひとつであり、球磨・米良地方における信仰の山である。水上村湯山の市房神社では旧暦3月15日に「お岳参り」が催される。

地形・地質[編集]

北部は花崗岩貫入岩帯を、南部は四万十層群を基盤としており、山頂付近は花崗岩が露出している。花崗岩は約1400万年前(新生代中新世)にマグマが四万十層群に貫入して冷え固まったものであり、約75平方キロメートルの広さに及び、黒雲母を含んでいる。

東側は一ツ瀬川V字谷を刻んでおり、壮年期地形の山容をみせる。

自然環境[編集]

椎葉村矢立
北側を中心に荒廃している

年降水量は約3,200mm、豪雨地帯である。

植生[編集]

宮崎県側を中心に開発が進められており、原生林は山頂付近に残されているのみである。かつては山麓から順にシイカシ(山麓)、モミツガ(山腹)、ブナ林(山頂付近)がみられたが、現在ではスギヒノキアカマツカラマツの植林が中心である。

市房山全体には8,000種類以上の植物が生息している。固有種としてはツクシイワシャジン(筑紫岩沙参)やイチブサヒメシャラなどがあり、市房山を南限とする種も30種以上いる。

4月下旬から5月上旬にかけてアケボノツツジが、10月中旬に紅葉が見頃となる。

鳥類[編集]

アオバズクオオルリなどが生息する。

登山[編集]

年中登山は可能であるが、積雪のある12月から2月、夏の7・8月を除いた期間がシーズンとなる。日帰りで登山できる。 登山道は3~7合目が木の根、岩等が多く険しい。7~8合目はなだらかである。8~山頂は坂が急ではあるが、木の根、岩等が無く比較的に楽に登れる。

登山道は、水上村の市房神社(12km)、西米良村槙ノ口(8km[3])、西米良村吐合の竹之元川(17km)からの3ルートがある。水上村側からは市房山キャンプ場、市房神社(4合目)を経由するルートが一般的で、登頂までに4時間近く要する。西米良村側からは槙ノ口からのルートが一般的で、上りが4時間20分・下りが3時間10分ほどで合計7時間30分かかる。椎葉村側からは登山できない[4]

2011年10月現在、心見橋方面の登山道が崩壊しており立ち入り禁止となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 国土地理院地形図、『宮崎県の山』による。『コンサイス日本山名辞典』は1,722m、『宮崎県大百科事典』では1,721.8mとなる。
  2. ^ 他に石堂山と天包山。
  3. ^ 『宮崎県大百科事典』による。『宮崎県の山』では11.5km。
  4. ^ 椎葉村登山情報(平成17年10月20日現在) - 椎葉村公式サイト。

参考文献[編集]

  • 宮崎日日新聞社編『宮崎県大百科事典』 1983年。
    • 横山淳一 「市房山」 59頁。
    • 足立富男 「市房山花崗岩」 59-60頁。
    • 金丸文昭 「市房山の植物」 60頁。
  • 三省堂編修所編 『コンサイス日本山名辞典』 三省堂、1979年、ISBN 4-385-15402-3
  • 緒方優 『新・分県登山ガイド44 宮崎県の山』 山と渓谷社、2004年、ISBN 4-635-02344-3