Wikipedia:百科事典向け写真撮影のガイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

百科事典向け写真撮影のガイド(ひゃっかじてんむけしゃしんさつえいのガイド)ではウィキペディアやその他関連プロジェクト向けに画像を作成するにあたってのアドバイスをしています。

最初に権利の話題を説明したあとで、写真撮影について撮影テクニックの解説画像修正の手引きアップロードについての順に説明していきます。基本を押さえるだけで、(プロカメラマンのような感動的な写真は無理かもしれませんが)だれにとっても明快な良い写真ぐらいは撮れるようになります。良い写真を撮れるようこの文書をぜひ参考にしてください。

他者の権利を侵害していませんか?[編集]

せっかくアップロードしても他者の権利を侵害してしまうと削除されてしまいます。大前提として法的に問題のない画像が求められています。

しばしば発生する権利侵害について以下簡単に説明します。

著作権[編集]

著作権を侵害するおそれのある画像の登録はおやめ下さい。著作権を侵害しているおそれのある画像は、みつかり次第削除されます。

著作権を侵害するおそれのある画像の典型例は以下のものです。

  1. 外部のサイトに掲載された画像を無断で持ってきたもの。
  2. 書籍・雑誌などから無断で複写したもの。

基本的には、「あなた自身が撮影した写真」「あなたの知人・友人が撮影し、ウィキペディアのGFDLについて理解した上で、あなたに掲載をゆだねたもの」以外は掲載できないとお考え下さい。

肖像権[編集]

他人の肖像権を侵害するおそれのある画像の登録はおやめ下さい。肖像権侵害の疑いのある画像は、検討の上で削除されます。

肖像権とは、簡単に言うと、「無断で肖像を公開されない権利」です。法的に確立されたものではありませんが、被写体とされた方とウィキペディアの間にトラブルを引き起こす可能性があります。

具体的には、「被写体となった人の明確な許諾が無いままに、顔かたちなどがはっきりわかる写真を、掲載しない」ことで、肖像権侵害を避けることができます。

街中でのスナップなどでは、被写体となった人の許諾をいちいちもらってまわるわけにはいきません。このような場合の具体的な解決方法については、「撮影をしよう」の第3項目が参考になるかもしれません。

撮影をしよう[編集]

撮影をする際に気をつけることで、より良い写真を撮影することができるポイントがいくつかあります。

百科事典の説明用写真を撮影する場合には、スナップ写真を撮影する場合とはちょっと異なるところに注意することが望ましいでしょう。以下いくつか、心がけておいた方がいいことを説明をいたします。

対象ははっきり写っていますか?[編集]

ウィキペディアが求めている写真は、項目それぞれにとっての説明写真です。説明したいものごとがはっきりと写っていることが第一条件です。

技術的な問題
まず、技術的な問題として、露出があっていない(暗い・明るい)、ピントがあっていない、ブレている、といった写真は避けましょう。そういった写真は、いくら自分が撮影した愛着のある写真であったとしても、勇気をもってボツにすべきです。
何の項目の写真を撮るかを先に決めましょう
また、題材が画像のごく一部に小さく写っているだけのもの、逆に題材が大きくなりすぎて全体が写っていないもの、目的とする被写体を別のもの(柵や障害物)が邪魔しているものなど、つまり構図が良くないものは、記事の助けになるどころか、目障りかもしれません。
撮影する前に「何の説明写真を撮りたいのか」を決め、構図を考えて撮影するだけで、写真の出来は格段に向上するはずです。逆に、特に目的を定めずに撮影した写真の片隅に写っていたものについて、説明写真としてウィキペディアに登録することは、はっきり申し上げますが、歓迎されることではありません。
接写について
小さなモノの説明写真を撮ることを接写といいます。接写には、特別な注意が必要です。

芸術的な写真である必要はありません[編集]

芸術的な写真は見ていて楽しいですが、説明写真は芸術写真である必要はありません。芸術的であることよりは、わかりやすく説明の助けとなる写真を撮るよう心がけてください。例えば構図を変えることで、対象物の奥行き、特徴などがわかりやすくなったり、あるいは、主題とは無関係であっても敢えて大きさがわかる物などを構図に入れることで物の大きさを、あるいは建物の場合には周囲の状況を構図に入れることで、どういった環境に建ってるかを説明することもできます。

何度も撮ってみる[編集]

自分で楽しむためのスナップ写真を撮るのではなく、説明用の写真を撮るのであれば、いくつかの理由から「何枚か同じ写真を撮影し、その中から選ぶ」という方法をお勧めします。そうすることで、格段に質が良い写真をウィキペディアに提供することができるようになります。フィルムのカメラではお金がかかってしまいますが、デジタルカメラならばそういう問題はありません。無駄なように思えても、何枚か撮影しその中から選ぶようにしてみましょう。

ミスを避けるために
特にカメラを使い始めた直後にはよくあることですが、ピンボケや露出不良(暗すぎる・明るすぎる)などのミスが生じることがあります。そういった問題を抱えた写真をウィキペディアに登録することは、歓迎されません。
そこで、特にカメラの使い方に習熟するまでは、何枚か撮影しその中で一番良いものを選んで登録するようにしましょう。それだけで、低いクォリティの写真を避けることができるようになります。
肖像権侵害を避けるために
また、街中だと人通りが多くて顔が写ってしまうことが少なくありません。そういった写真は肖像権侵害につながりかねません。
そういった場合には、しばらく待ってみると人が途切れる瞬間が訪れるはずです。焦らずに待ってみましょう。また、何枚か連写してみれば、比較的人通りの少ない写真を選ぶことができるようになります。人通りが多いところで写真を撮る場合には、何枚か撮影して、その中で一番良いものを選んで登録するようにしましょう。
より良い写真を撮るために
また、カメラの使い方に習熟したら、露出などの設定をいろいろ変えて撮ってみてもいいでしょう。露出違いなどを実際にためしてみることで、より良い写真を撮影することができるようになります。

がんばっても無理なことはある[編集]

どうがんばっても無理っていうこともあります。カメラにも限界というのはありますし。あなたのウデやあなたのカメラでは無理なものについては、誰か他のひとにまかせることにして、無理をするのはやめましょう。

アップロードの前に画像の修正を[編集]

写真を撮ってきたらその写真をすぐにアップロードするのではなく、必ずパソコンで写真を見直してみましょう。そしてアップロードする前に、説明写真・資料写真として十分な写真であるかどうか、いまいちどチェックしてみましょう。パソコンの画面で大きく映し出してみればピントがちゃんと合っているかどうかなどの確認もできます。

ピントの確認の例については、前述の「対象ははっきり写っていますか?」節の例をご覧下さい。

また全体画像と部分拡大画像、あるいは類似の物の対比を示したいなどの複数の画像を扱う場合には、単独でアップするよりも合成して一枚の画像とした方がわかりやすい場合もありますので、今一度考えてみましょう。

修正[編集]

ただ撮っただけの写真は、しばしば傾いていたり、余計な部分が写っていたりします。修正することで、説明用写真としてのクォリティを向上させることができます。「傾きを直す」「余計な部分を取り除く(トリミングする)」ことで、ずいぶん写真の見た目がよくなります。

また、画像修正ソフトには、たいてい明るさの補正やコントラストなどのメニューがあります。これを操作すると、写真が見違えるように良くなる場合があります。色々いじってみましょう。

修正を前提とした撮影の方法[編集]

画像は修正するごとに情報が失われていきます。したがって、撮影時点ではカメラの最大最良の画質で撮影しておくことをおすすめします。 デジタル一眼レフやミラーレスカメラなどではRAW画像として保存し、編集(現像)することで画質を低下させずに修正できます。

修正用のソフトウェア[編集]

画像の修正のためのソフトウェアにはいろいろなものがあります。パソコンには画像修正に使える簡易なソフトウェアがついてきます(たとえばWindowsの場合は「ペイント」)。Photoshopなどの有償ソフトもだいぶ入手しやすくなってきました。

そういったものをお持ちではない方のために、無償のソフトウェアを4つほどご紹介しておきます。

  • Paint.NET公式サイト)(Windows) - 「ペイント」の後継候補
  • Picasa公式サイト)(Windows) - 画像管理ソフト。比較的簡単に画像が編集できます
  • GIMP公式サイト)(Unix, Windows, MacOSX) - 有料ソフト並に機能は豊富ですが、ややとっつきにくいかもしれません
  • JTrim(Windows) - 傾き修正やガンマ補正などの機能が簡単に使えます。Exif情報も残せます。

アップロードの前に[編集]

アップロードの前に用意した画像を見返してみましょう。

すでに似たような画像があっても、その画像と比べて自分の画像がより良いと思うなら迷わず置き換えましょう。編集は大胆にです。

しかしそうでないならば、似たような画像なら何枚も必要ありません。今回はアップロードを我慢して、他の題材の写真を用意しましょう。ボツにする勇気も大事です。

アップロード[編集]

アップロード先として、ウィキペディア日本語版ウィキメディア・コモンズ(Wikimedia Commons)があります。

ウィキペディアへ画像をアップロードすると、今あなたが利用しているウィキペディア日本語版でしかその画像を利用できないのに対して、ウィキメディア・コモンズへアップロードすると他の言語のウィキペディアやその他の関連プロジェクトで画像を利用することが可能になります。

ウィキペディア日本語版で有用な画像はきっと世界中の人にとっても役立つでしょう。あなたの住んでいる地域(日本、都市、ご近所、世界のどこか)ではたいしたことない画像であっても、よその人にとっては珍しい驚くようなものかもしれません。「Wikipedia:ウィキメディア・コモンズ」を参考に、ぜひウィキメディア・コモンズにアップロードすることを検討してみてください。

アップロードしたらHelp:画像の表示を参考に、画像を記事に貼りましょう。

関連項目[編集]