四阿山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四阿山
Mt.Azumaya.JPG
南西から四阿山を望む
標高 2,354 m
所在地 長野県上田市須坂市
群馬県吾妻郡嬬恋村
位置 北緯36度32分30秒
東経138度24分47秒
座標: 北緯36度32分30秒 東経138度24分47秒
種類 成層火山
四阿山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
四阿火山の地形図

四阿山(あずまやさん)は長野県群馬県の県境に跨る標高2,354m。日本百名山の一つに数えられている。吾妻山吾嬬山(あがつまやま)などとも呼ばれ、嬬恋村では吾妻山が用いられている。

概要[編集]

上信国境の山では、浅間山(2568m)に次ぐ標高であり志賀高原最高峰、裏岩菅山(2341m)より13m高いが、東北最高峰である燧ケ岳(2356m)より2m低い。 約80万年前から30万年前に活動した安山岩質溶岩による成層火山で、34万年前の噴火により直径約3kmのカルデラが形成された。その後の侵蝕により現在の複数峰による「四阿火山」の形態となる。四阿火山は、西に根子岳(2,207m)、南に四阿山、東に浦倉山(2,091m)、北に奇妙山のカルデラで構成されている。北側でカルデラが割れていて米子川が北方に向けて流れており、ちょうどカルデラの縁に相当する部分に日本の滝百選に属する米子大瀑布がある。根子岳の西にはスポーツ等の合宿で名高い菅平高原が広がり、裏倉山の西にはパルコールつま恋スキーリゾートが広がる。四阿山の南側は長野県群馬県の県境かつ分水嶺となっており鳥居峠へ続く。志賀高原から続く火山帯に属する。山頂域には環状の崩壊地形が存在する。

四阿山の南山腹には複輝石安山岩の大岩脈があり、六角柱状のを積み上げたような奇観を呈し、四阿山の的岩として国の天然記念物に指定されている。

火山活動史[編集]

初期火山体、根子岳火山体、浦倉山火山体の3つの火山体から成る。

  • 初期火山体:活動期 約80万年前から55万年前[1]
    • 米子溶岩層、小池山溶岩層、茨木溶岩類、大谷溶岩層、神川溶岩層、四阿溶岩類、大明神沢溶岩から成る。米子不動尊付近には、層厚50mを超える溶岩があり柱状節理を見る事ができる。なお、米子不動里宮付近には、四阿火山とは異なる別の四紀火山体(鳴岩火山)を起源とする火山岩が分布する。
  • 根子岳火山体:活動期 約70万年前から65万年前[1]
    • 根子岳山頂付近から南西麓を構成する火山体で、六方石溶岩層、根子溶岩類から成る。菅平高原を形成。
  • 浦倉山火山体:活動期 約55万年前から45万年前[1]
    • 浦倉山山頂から東麓を構成する火山体で、仁田沢溶岩層、赤川溶岩層、神ノ貝溶岩層、米子奇妙溶岩類、上砥草溶岩層、浦倉溶岩層、池ノ平溶岩から成る。嬬恋高原を形成。
  • 鳴岩火山:活動期 約30万年前[1]
    • 米子川下流域に分布する小規模な火山体。

カルデラ地形の成因には、「爆発的噴火」「山頂部の崩壊」などの説があるが十分に解明されていない[2]が、竹下ほか(2015)は米子川による浸食と熱水変成帯の地すべりの相互作用による可能性が高いとの説を発表している[2]

主な登山ルート[編集]

パルコール嬬恋のゴンドラリフト「ゴンドラパルキャビン」が夏季も運行しているので、登山に利用することができる。

関連画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 西来邦章、竹下欣宏、田辺智隆、松本哲一、中部日本,四阿火山のK-Ar年代:四阿火山の火山活動史の再検討 地質学雑誌 Vol.120 (2014) No.3 p.89-103
  2. ^ a b 竹下欣宏、西来邦章、富樫均、四阿火山:成層火山体の開析地形とその利用 地質学雑誌 Vol.121 (2015) No.7 p.233-248

関連項目[編集]

外部リンク[編集]