伊豆東部火山群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本火山群を代表する大室山スコリア丘。国の天然記念物

伊豆東部火山群(いずとうぶかざんぐん)は、伊豆半島の東部にある火山及び東方沖の海底火山からなる単成火山群である。

概要[編集]

伊豆半島のランドサット衛星写真。
スペースシャトル標高データ使用。
伊豆東部火山群の分布。 GIF版
ただし、最新の噴火である手石海丘以外の海底火山は記載していない。中央下の山塊は天城火山

伊豆半島の大地の基盤となる大型の複成火山13峰[1]の活動が約20万年前に終了し[2]、15万年前以降になると東部でスコリア丘溶岩ドーム爆裂火口などの単成火山が噴火するようになった[3]。火山群を構成する単成火山の数は陸上部分だけで60以上にもなるが[4][5]、同一の「噴火割れ目」上で同時に形成された火山もあるため、噴火の回数は40回程度である[4]。本火山群は天城火山が活動を終えたあとに始まった火山活動であり、皮子平火口のように天城山の山腹に形成されることもある。

約2700年の間、火山活動がなかったが[6]1989年の伊豆半島東方沖で起きた群発地震の際に、伊東市の東方沖わずか3kmの海底で有史以来の噴火を起こし、噴火地点は手石海丘と命名された。

成因[編集]

フィリピン海プレートに載った伊豆の地殻は、本州側プレートとの衝突により大きな圧縮力を受け、東西に引き伸ばされている。このような場所は地下の岩石に割れ目ができやすく、マグマがたやすく上昇できるために火山が生まれる。しかしマグマは同じ冷え固まってしまった火道を使用する必要がないために単成火山群が形成される[7]

なお、火山群のある地域、特に伊東市東部とその沖合いでは、マグマの岩脈貫入が原因とされる群発地震がしばしば発生する[4]伊豆半島東方沖地震など)。

観光[編集]

伊豆半島有数の観光地である伊東市の伊豆高原一帯は本火山群、特に大室山が噴出した溶岩流に覆われたなだらかな地形の上に発展している。この大室山は定期的な山焼きのために山体の形状が明瞭で伊東市のシンボル的な存在となっている。日本におけるスコリア丘の典型例として紹介されることもある。爆裂火口に水が溜まった火口湖一碧湖は静かな観光スポットとなっている。名勝浄蓮の滝万城の滝河津七滝も本火山群の影響によって生み出されたもので、多くの観光客を集めている[8]

このように伊豆東部火山群の活動によって、半島に多くの地形が生み出され、伊豆半島ジオパークの指定地となっている。

主な火山と地形[編集]

下記の表で取り上げたものは地形の起伏が比較的に明瞭なものであり、これら以外にも多くの火山がある。

  • 画像の列のソートボタンで元の順序に戻る。
出典[9]
画像 名称 種類 標高 形成時期 自治体 地図 備考
01ItoCity Omuro-yama a.jpg おおむろやま/大室山
おおむろやま
スコリア丘 0580/580m 004000/4000年前[10] 伊東市 地図 国の天然記念物。北東麓に岩室山溶岩ドーム地図、南に森山溶岩ドーム地図を形成。溶岩流が城ヶ崎海岸をつくる。観光リフトあり。
02Jōgasaki Coast 01.jpg しようかさ/城ヶ崎海岸
じょうがさきかいがん
溶岩流 - 004000/4000年前 伊東市 地図 主に大室山の活動によって形成、ポットホール、遊歩道あり。
03ItoCity Komuro-yama.jpg こむろやま/小室山
こむろやま
スコリア丘 0321/321m 016000/1万6000年前[10] 伊東市 地図 大室山を上回るマグマ噴出量。かつては南北に連なる2つのスコリア丘と考えられていた[10]。北側は溶岩の流出口に栓をしたもの[10]。写真右のピークに観光リフトあり。
04Mount Tōgasa 20120401.jpg とおかさやま/遠笠山
とおがさやま
スコリア丘 1197/1197m 141500/14万1500年前[10] 伊豆市
東伊豆町
地図 かつては天城火山の一部と考えられていた。また、火山群最古の活動と考えられていたが研究が進み、船原火山が最古となった[10][11]。未舗装道路あり。
05 いおやま/伊雄山
いおやま
スコリア丘 0459/459m 002700/2700年前[10] 伊東市 地図 登山道あり。
06ItoCity Yahazu-yama.jpg
左のピーク
やはすやま/矢筈山
やはずやま
溶岩ドーム 0816/816m 002700/2700年前[10] 伊東市 地図 登山道あり。なお、頂上には冬季にわずかに温かさを感じられる程度の温風口があるがこれはマグマの影響ではない。
07ItoCity Yahazu-yama.jpg
右のピーク
あなのやま/孔ノ山
あなのやま
溶岩ドーム 0660/660m 002700/2700年前[10] 伊東市 地図
08 いわのやま/岩ノ山
いわのやま
溶岩ドーム 0602/602m 002700/2700年前[10] 伊豆市 地図 岩山とも称する。
09Ippekiko Lake.jpg いつへきこ/一碧湖
いっぺきこ
マール 0185/湖面標高
185m[12]
100000/10万年前[10] 伊東市 地図 遊歩道あり。
10 ぬまいけ/沼池
ぬまいけ
マール 0185/湖面標高
185m[12]
100000/10万年前[10] 伊東市 地図 一碧湖と繋がっている。湖面自体は小さいが火口の規模は一碧湖並み。かつては東大池の火山名で表記されていた。
11 うめのきたいら/梅木平
うめのきだいら
タフリング 0297/297m 100000/10万年前[10] 伊東市 地図 火口内に地久保火山のスコリア丘が形成されている。
12Mount Daino 20130113.jpg たいのやま/台ノ山
だいのやま
溶岩ドーム 0360/360m 004400/4400年前[10] 伊東市 地図
13 ちくほ/地久保
ちくぼ
スコリア丘 0240/約240m 037500/3万7500年前[10] 伊東市 地図 梅木平火山の中心付近に形成されたもの。かつては梅木平火山の中央火口丘と考えられていた。
14Izu-kogen and Omuro-yama.jpg
稜線左の高まり
たかむろやま/高室山
たかむろやま
スコリア丘 0310/310m 091000/9万1000年前[10] 伊東市 地図 かつてはタフリングと考えられていた[10]
15 かわなみなみ/川奈南
かわなみなみ
スコリア丘 0110/110m 032500/3万2500年前[10] 伊東市 地図 川奈ホテルゴルフコース内。
16 - ていし/手石海丘
ていしかいきゅう
海底火山
マール
-81/海面下81m 001989/1989年7月13日 伊東市沖 地図 最新の火山。噴火が映像として記録された、海上保安庁撮影の映像
17 いなとり/稲取
いなとり
スコリア丘 0296m/296m 019000/1万9000年前[10] 東伊豆町 地図 半分に割れているスコリア丘。
18Mount Hachino 20120401.jpg はちのやま/鉢ノ山
はちのやま
スコリア丘 0619/619m 034000/3万4000年前[10] 河津町 地図 未舗装道路あり。
19 こいけ/小池
こいけ
マール 0497m/497m 064000/6万4000年前[10] 河津町 地図 南東700mほどに大池マール。
20 おおいけ/大池
おおいけ
マール 0410m/約410m 064000/6万4000年前[10] 河津町 地図 北西700mほどに大池マール。
21Mount Maruno 20120424.jpg まるのやま/丸野山
まるのやま
スコリア丘 0697/697m 103000/10万3000年前[10] 伊豆市 地図
22Mount Hachikubo 20120413.jpg はちくほやま/鉢窪山
はちくぼやま
スコリア丘 0674/674m 017000/1万7000年前[10] 伊豆市 地図 溶岩流が浄蓮の滝をつくる。
23 まるやま/丸山
まるやま
スコリア丘 0938/938m 017000/1万7000年前[10] 伊豆市 地図
24 かわこたいら/皮子平
かわごだいら
(火口) 1090/約1090m 003200/3200年前[10] 伊豆市 地図 本火山群で最大級のマグマ噴出量で最大規模の火口を持つ[13]。火口の北方に分厚い溶岩流と火砕流の痕[13]。火山灰は浜名湖琵琶湖西岸の比良山地でも確認されている[13]。登山道あり。
25 ふなばら/船原
ふなばら
スコリア丘 0436m/436m 153000/15万3000年前[10][11] 伊豆市 地図 3つのスコリア丘が確認されている[10]。溶岩流が山体の南に平坦面をつくる。本火山群で最古の活動[10]。一部で採石されておりスコリア丘の断面が露出する。
26Mount Sukumo 20120127.jpg すくもやま/巣雲山
すくもやま
スコリア丘 0581/581m 131000/13万1000年前[10] 伊豆市 地図 登山道と展望台あり。
27 ちようしやかはら/長者原
ちょうじゃがはら
マール 0307/307m 131000/13万1000年前[10] 伊豆の国市 地図
28Mount Takatsuka 20120127.jpg たかつかやま/高塚山
たかつかやま
スコリア丘 0369/369m 131000/13万1000年前[10] 伊豆の国市 地図 採石のために半分削られ、スコリア丘の断面が露出する。

脚注[編集]

  1. ^ 天城多賀達磨、棚場、宇佐美、湯河原、猫越、天子、井田、蛇石、長九郎、大瀬崎、南崎の13峰
  2. ^ 出典: 4. 生きている伊豆の大地 - 伊豆半島ジオパーク
  3. ^ 出典 : 静岡大学教育学部総合科学教室 小山真人研究室 「陸上大型火山の時代(1)並び立つ火山(上)」 伊豆新聞連載記事(2008年4月6日)、2012年1月閲覧
  4. ^ a b c 出典 : 産業技術総合研究所 地質調査総合センター - 日本の第四紀火山 伊豆東部火山群、2012年1月閲覧
  5. ^ 出典 : 静岡大学教育学部総合科学教室 小山真人研究室 「伊豆東部火山群の時代(1)群れをなす小さな火山たち」 伊豆新聞連載記事(2008年6月8日)、2012年1月閲覧
  6. ^ 発見されていないの意
  7. ^ 出典 : 静岡大学教育学部総合科学教室 小山真人研究室 「伊豆ジオパークのテーマ(4)生きている伊豆の大地(上)」 伊豆新聞連載記事(2010年8月8日)、2012年1月閲覧
  8. ^ 万城の滝は地蔵堂火山地図、河津七滝は登尾南火山地図(登り尾峰の山腹にできた火口)によるもの。
  9. ^ 主な火山地形の節は「静岡大学教育学部総合科学教室 小山真人研究室」のサイト上、伊豆新聞連載記事「伊豆の大地の物語」、「伊豆半島ジオパーク-火山と人間が共生する理想郷(6/9伊豆東部火山群フォーラムでのパネリストコメント) (PDF) 」などの情報を基に記述。形成時期については資料によってばらつきが見られるため、なるべく新しいと思われる情報を反映している。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 出典 : 機関誌「土と岩」 2016 No.64 02 伊豆東部火山群(東伊豆単成火山地域)の分布・噴火史の再検討 (PDF) - 中部地質調査業協会、2016年7月閲覧
  11. ^ a b 出典 : 伊豆東部火山群(東伊豆単成火山地域)の分布・噴火史の再検討 (PDF) - 小山真人、2016年7月閲覧
  12. ^ a b 出典 : 環境庁 第4回基礎調査湖沼調査報告書(全国版)1993年、184頁 (PDF) 、2012年1月閲覧
  13. ^ a b c 出典: カワゴ平 - 伊豆半島ジオパーク
[ヘルプ]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]