渡島大島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡島大島
渡島大島
画像中央右端が最高峰の江良岳、中央やや左に見える火口が寛保岳。二重カルデラの様子が分かる。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。(1976年撮影の3枚を合成作成。)
渡島大島の位置(日本内)
渡島大島
渡島大島
渡島大島の位置
座標 北緯41度30分40秒 東経139度21分30秒 / 北緯41.51111度 東経139.35833度 / 41.51111; 139.35833座標: 北緯41度30分40秒 東経139度21分30秒 / 北緯41.51111度 東経139.35833度 / 41.51111; 139.35833
面積 9.73 km²
最高標高 737 m
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示
渡島大島

渡島大島(おしまおおしま)は、北海道松前郡松前町に属する無人島である。松前大島(まつまえおおしま)とも呼ばれる。松前町西方沖50kmの地点に位置する。大島の名は渡島小島に対してのもの。

地理[編集]

渡島大島の面積は、約9.73km2 で、日本の施政下で最大の無人島である[1]。島は北に開いた馬蹄形カルデラと、その中に形成された大きなスコリア丘からなる火山であり、最高峰は江良岳(737m)。海底から見ると 2,000m 近い高さになる。島の西端は東経139度20分16秒で、北海道の最西端に当たる。島の周囲の海底は急深で、距岸約 500m で水深 100m となる。馬蹄形カルデラは島から約5km北部の海底まで連続しており、山体崩壊時の総体積は約2.5km3と推定さられている[2]

火山活動の歴史[編集]

渡島大島は離島である上に無人島であるため、噴火活動の記録はほとんど残されていない。数少ない記録では、1741年寛保元年)8月27日の寛保岳の大噴火がある。噴火の翌日、津波が発生し、対岸の熊石から松前にかけて1,467人の死者を出した。津波の原因は、噴火による大規模な山体崩壊によるという説[3]と、低周波地震によるもの[4]との説がある。気象庁は山体崩壊説[5]を採っており、東京大学地震研究所らの研究によれば地震説が有力である[6]

自然[編集]

オオミズナギドリの北限の繁殖地であり[7]、日本国指定の天然記念物に指定されている。また、松前矢越道立自然公園の一部にもなっている。しかし、人間により持ち込まれたウサギによりオオミズナギドリの巣が占領される事態も生じている。

交通[編集]

無人島のため、島へのアクセス手段はない。

近海で操業する漁船が多いため、海が荒れた場合の避難所として島東部トリカラス浜に漁港を建設中。2016年の完成を予定している[8]。島南部の北風泊(アイドマリ)に灯台海上保安庁ヘリポートが設置されている。

漁港完成後も、活発な火山活動と自然保護のため、上陸には文化庁の許可が必要とされ、一般観光客の上陸は非常に難しい。

出典[編集]

  1. ^ 中村 庸夫 『島の名前 (日本編)』 p.20 東京書籍 2005年9月7日発行 ISBN 4-487-80047-1
  2. ^ Kenji Satake (2007). “Volcanic origin of the 1741 Oshima-Oshima tsunami in the Japan Sea” (PDF). Earth, Planets and Space 59 (5): 381-390. https://www.terrapub.co.jp/journals/EPS/pdf/2007/5905/59050381.pdf 2016年10月13日閲覧。. 
  3. ^ 日本海東縁, 奥尻海嶺および周辺の大地震と海底変動 (PDF)”. 海洋研究開発機構(JAMSTEC) (1998年1月14日). 2003年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月3日閲覧。
  4. ^ 日本海東縁海域の活構造およびその地震との関係 (PDF) (独)産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  5. ^ 渡島大島 有史以降の火山活動
  6. ^ 相田勇:噴火により発生する津波の見積り:1741年渡島大島の場合 東京大学地震研究所彙報. 第59冊第4号, 1985.3.30, pp. 519-531
  7. ^ 中村 庸夫 『島の名前 (日本編)』 p.20、p.21 東京書籍 2005年9月7日発行 ISBN 4-487-80047-1
  8. ^ 北海道開発局事業審議委員会 平成24年度第6回

関連項目[編集]

外部リンク[編集]