須美寿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
須美寿島
Smithisland milt.jpg
航空写真(1978年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
座標 北緯31度26分20秒 東経140度03分03秒 / 北緯31.43889度 東経140.05083度 / 31.43889; 140.05083 (須美寿島)座標: 北緯31度26分20秒 東経140度03分03秒 / 北緯31.43889度 東経140.05083度 / 31.43889; 140.05083 (須美寿島)
面積 0.03 km²
海岸線長 km
最高標高 136 m
所在海域 太平洋フィリピン海
所属国・地域 日本の旗 日本東京都
地図
須美寿島の位置(日本内)
須美寿島
テンプレートを表示
位置

須美寿島(すみすとう、すみすじま)は伊豆諸島。行政区画は東京都直轄。欧名はSmith Island

地理[編集]

伊豆諸島の南部、八丈島からは南に約180km[1]青ヶ島からは南に約110kmの太平洋上に位置する。ベヨネーズ列岩鳥島の中間にあたる。周辺には本島(須美寿島)のほか、東小島や北小島、さらに数個の岩礁がある。本島は南北に長い突岩カンラン石玄武岩)である。

島の北側には直径10kmの海中カルデラがあり、須美寿島はカルデラの南側の高まりの頂部である。このカルデラの形成は少なくとも約2万年前より古いと考えられている。

須美寿島は日本の領海外縁に位置し、東小島は日本の排他的経済水域の外縁を根拠づける離島となっている(東小島には一等三角点が設置されている)[1]

東京都に属してはいるが、何処の町村に属しているかは未定の状態である。このため、都の行政出先機関である東京都総務局八丈支庁が管轄しており、本籍を置くことはできない。

航路上の重要な地点でもある。1990年代初頭に部分的な崩壊があり、島の形状がかなり変化した。周辺は好漁場のため、時おり釣り人などが島に上陸する。また、漁船が座礁することもある。

歴史[編集]

古くから漁船、帆船がよく座礁していた。

  • 1870年(明治3年) - 須美寿島の北北東約9kmで海底噴火が発生し、新島(標高13m)が出現。それ以降数回噴火が発生している。
  • 1974年(昭和49年) - 1977年(昭和52年)にかけて、海底火山による海水変色が発生した。
  • 1991年(平成3年) - 11月、漁船の通報で、島の山頂付近北側が大きく崩壊したことがわかった。そのため、島の形状が変化した。
  • 1992年(平成4年) - 地震によって洞窟部分が崩壊したという。
  • 2016年(平成28年) - 須美寿島東方の東小島に一等三角点を設置[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 国土地理院広報第578号(2016年8月発行)”. 国土地理院. 2016年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

  • 孀婦岩-同じく伊豆諸島にある突岩の島。

外部リンク[編集]