おがさわら丸 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おがさわら丸 (2代)
Ogasawara Maru JAPAN.jpg
二見港に接岸中の本船
基本情報
船種 貨客船
船籍 日本の旗 日本(1997-2016)
ニウエの旗 ニウエ(2016-)
所有者 小笠原海運(1997-2016)
船舶整備公団
鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運用者 小笠原海運(1997-2016)
建造所 三菱重工業下関造船所
母港 東京
信号符字 JHLO
IMO番号 9150353
MMSI番号 431912000
改名 おがさわら丸(1997-2016)
OGASA(2016-)
経歴
起工 1996年6月
進水 1996年11月22日
竣工 1997年2月20日
就航 1997年3月1日
運航終了 2016年6月27日
現況 2016年11月、インドへ回航
要目
総トン数 6,700 トン
全長 131.0 m
17.2 m
深さ 6.7 m
満載喫水 5.7 m
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK 12PC2-6Vディーゼル 2基
推進器 2軸
出力 27,000 PS
最大速力 24.7 ノット
航海速力 22.5 ノット
旅客定員 768名
積載能力 (船首船倉および甲板)コンテナ39個
(後部甲板)コンテナ20個
[1]
テンプレートを表示

おがさわら丸は、小笠原海運が運航していた貨客船。本項目では、1997年から2016年まで就航した2代目について取り扱う。

概要[編集]

初代おがさわら丸の代船として、三菱重工業下関造船所で建造され、1997年2月20日に就航した。

共有建造制度を利用して建造された船舶整備公団(現在の鉄道建設・運輸施設整備支援機構)との共有船である。現役当時、内航在来型貨客船としては最大・最高速であった。

おがさわら丸 (3代)の就航により、2016年6月26日二見港発、翌27日東京着の便をもって引退した。

その後、ニウエ船籍となりOGASAと改名された後、2016年11月にインドへ回航された。

就航航路[編集]

東京(竹芝桟橋)- 父島(二見港) 標準所要時間:片道25時間30分で結んでいたので、現在就航中の3代目に比べて所要時間が1時間半長かった。6 - 7日程度に1便運航しており、通常は10:00に竹芝を出港し、翌日の11:30に父島に到着する。折り返し便は、通常は3泊4日後の14:00に父島を出港し、翌日の15:30に竹芝に到着する。年末年始、夏休み等には父島を同日に折り返すなど、増便が行われていた。

硫黄島の慰霊祭の際には、特別に父島より遺族・関係者を乗せて船を出しているほか、年に1回程度硫黄列島を巡るクルージングツアーも行われていた(列島の各島には上陸できない)。また、八丈島島民の小笠原訪問・慰霊のため、毎年6月下旬に八丈島(底土港)へ寄港する。その他、久里浜港館山港に寄港する場合もある。 東京(竹芝)行きの場合は、寄港地にて途中下船が可能とアナウンスされるが、乗船券は前途無効となる。また、父島から東京への受託手荷物を預託し、引き換えに合札を受領した乗船客については、途中下船不可。

おがさわら丸には代船がないため、ドック入りのさい、かつては東海汽船から「すとれちあ丸」を借用していた(すとれちあ丸売船後は1回のみ(2003年1月)、「かめりあ丸」が38時間(2泊)かけて就航)。その後しばらくの間は、ドックを途中で切り上げて1回運航し、その後残りのドック作業を行うという運用がなされていた。2007年からドックの時期は以前の2月から11月に変更されたが、2009年度から再び元の1月に戻っている。このドック期間は3週間近くになり、その間の運航はない。また、その間の代船もない。貨物輸送は不定期船の共勝丸が行う。

設計[編集]

前船と比較して総トン数は倍増、黒潮を横切る航路環境を考慮して高出力の主機が搭載され、フィンスタビライザーが装備された。 2007年11月、定期検査の際にゲームコーナー、カラオケルームを撤去、喫煙ルーム、客室を設置する改修が行われた。

貨客船2代目おがさわら丸の煙突 20110812に撮影
貨客船2代目おがさわら丸 20110812にレインボーブリッジから撮影
小笠原・父島の二見港にて

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等:2名×4室(シャワー、トイレ、冷蔵庫付き)
  • 特1等:2名×2室(シャワー、トイレ付き)
  • 1等:2名×9室(一段ベッド、窓なし)/4名×29室(二段ベッド、窓あり)
  • 特2等:14名×2室/18名×2室 (二段ベッド)
  • 2等:542名 (カーペット敷きの部屋、就寝時の割り当てはマットレス・簡易枕・掛布および簡易カバー類)


平成24年6月1日より居住性の向上を掲げ、定員を1036名から768名へと削減した。

設備[編集]

  • レストラン
  • 売店
  • 自動販売機
  • スナック
  • チルドレンルーム
  • ラウンジ
  • 暗証番号式貴重品ロッカー
  • 公衆電話(テレホンカード専用・衛星回線)
  • シャワールーム

売店では、船内限定グッズ、小笠原に関する書籍、おみやげ、トランプ、酔い止め薬などが販売される。 Bデッキ以上の階層にある外部デッキは、原則午後10時まで開放されるが、海況不良・天候不良の場合は閉鎖・施錠となる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 参考:日本船舶明細書I 2008年版 - 社団法人 日本海運集会所(2007年12月30日発行)

外部リンク[編集]