ボーイング929

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艇走時(東海汽船 セブンアイランド夢) 翼走時(TurboJET 鉄星)
艇走時(東海汽船 セブンアイランド夢)
翼走時(TurboJET 鉄星)

ボーイング929 (Boeing 929) は、米国ボーイング社によって開発された水中翼船。旅客用はジェットフォイル (Jetfoil) という愛称を持つ。

構造[編集]

水中翼船としては全没翼型に属し、が全て水中にある。ガスタービンを動力としたウォータージェット推進である。

停止時および低速では通常の船と同様、船体の浮力で浮いて航行し、「艇走」と呼ばれる。速度が上がると翼に揚力が発生し、しだいに船体が浮上し離水、最終的には翼だけで航行する、「翼走」という状態になる。

船体の安定は Automatic Control System(ACS、自動姿勢制御装置)により制御された翼のフラップにより行われる。進行方向を変える場合もフラップを使うため航空機さながらに船体を傾けながら旋回する。翼走状態では、水面の波の影響を受けにくく高速でも半没翼式水中翼船に比べ乗り心地がよい。

翼は跳ね上げ式になっており、停止・低速時の吃水を抑えることができる。また半没翼型と異なり翼の左右への張り出しもないため港に特別の設備なしに着岸できる。また翼にはショックアブソーバーが付いており、材木など多少の障害物への衝突に耐えることができる。

姿勢制御はACSと油圧アクチュエータに依存するので、推進用のタービン共々、航空機なみのメンテナンスが必要である。

歴史[編集]

軍用929(米海軍のペガサス級水中翼ミサイル艇の三番艇トーラスPHM-3)

航空機メーカーであるボーイングがその技術を水上に対して適用する研究を始めたのは1962年頃で、当初は軍事目的であった。1967年にパトロール用の小型艇が実用化された。これがベトナム戦争で有用であったため、その後NATOの依頼によりミサイル艇が開発された。このときに929の型番となった。

これを基に旅客用が開発されたのは1974年である。型番は929-100型となり、ジェットフォイルの名前もこのとき付けられた。ボーイングとしては初期型929-100型を10隻、前方フォイル及び乗船口付近の改良を施した929-115/117型を13隻、軍用の929-320、929-119、929-120型5隻の合計28隻を製造した後、ライセンス川崎重工業に提供し、1989年に日本製1号艇が就航した。現在は川崎重工(神戸工場)に全面的に移管されており、川崎ジェットフォイル929-117として製造されている。川崎重工では1989年から1995年までに15隻が製造された。ボーイング、川崎重工の両社で旅客型として製造されたジェットフォイル(軍用-320型からの改造1隻含む)は29隻にのぼる。

同じくボーイングのライセンスを基にイタリアフィンカンティエーリ社が建造して1983年に就役したイタリア海軍のスパルヴィエロ級ミサイル艇は海上自衛隊の目を引き、住友重機械工業がライセンスを受けて1993年-1995年1号型ミサイル艇を3隻建造している。

また、日本国内の定期航路に本格的に投入されたのは佐渡汽船新潟港 - 両津港間航路で、1977年のこと。当時国内ではメンテナンスが困難だったことから、佐渡汽船の整備担当者はボーイングで長期研修を受けてメンテナンスのノウハウを学んだ。その後川崎重工がジェットフォイルのライセンスを得た際には佐渡汽船からもノウハウの提供を受けている。また運航開始当初、新潟港が河口部にあるという構造上、水と共にごみなどの異物・浮遊物を吸入して運航不能となるトラブルが頻発したことから、ボーイングは急遽社内に対策チームを設け、吸入口に特殊な構造のグリルを設置する対策を講じた。これが奏功して異物吸入のトラブルは減少し、その後製造されたジェットフォイルの設計にも反映された。

ボーイング929 一覧
製造 形式 No. 引き渡し 船名 運航者 運航期間 引退 備考
ボーイング 929-100 1 1974年7月 Jetfoil One アメリカ合衆国の旗 Boeing Marine Systems 1989年4月~ 係船中
Kalakaua アメリカ合衆国の旗 Seaflite Pacific Sea Trsp. 1975年~1978年2月
水星(Flores) 香港の旗 噴射飛航 1978年~
2 1975年2月 木星(Madeira) 香港の旗 噴射飛航 2013年
3 1975年3月 Kamehameha アメリカ合衆国の旗 Seaflite Pacific Sea Trsp. 1975年~1978年2月
火星(Corvo) 香港の旗 噴射飛航 1978年~2006年
HIJET 韓国の旗 未来高速
4 1975年9月 Kuhio アメリカ合衆国の旗 Seaflite Pacific Sea Trsp. 1975年~1978年2月 運航中
土星(Pico) 香港の旗 噴射飛航 1978年~
5 1975年6月 金星(Santa Maria) 香港の旗 噴射飛航 1975年~ 運航中
6 1976年10月 Anita Dan デンマークの旗 J.Lauritzen Seaflight 運航中
Jet Caribe ベネズエラの旗 Turismo Margarita 1977年~
銀星(São Jorge) 香港の旗 噴射飛航 1979年~
7 1976年9月 Flying Princess イギリスの旗 P&O Jet Ferries 運航中
Princesa Voladora スペインの旗 Trasmediterranea 1979年~
鐵星(Urzela) 香港の旗 噴射飛航 1980年~
8 1977年2月 Jet Oriente
→Jet Caribe II
ベネズエラの旗 Turismo Margarita 運航中
恆星(Acores) 香港の旗 噴射飛航 1979年~2003年
コビーII
→コビーIII
韓国の旗 未来高速
9 1977年2月 おけさ 日本の旗 佐渡汽船 1977年5月~1991年4月 運航中
東星(Guia) 香港の旗 噴射飛航 1991年~
10 1978年7月 Flying Princess II イギリスの旗 P&O Jet Ferries 運航中
銅星(Ponte Delgada) 香港の旗 噴射飛航 1977年~2003年
コビーV 韓国の旗 未来高速
929-115 11 1979年 みかど 日本の旗 佐渡汽船 1979年4月~2003年10月31日 運航中
トッピー4
→トッピー7
日本の旗 鹿児島商船
種子屋久高速船
12 1979年2月 Normandy Princess イギリスの旗 Jetlink Ferries Ltd. 運航中
錫星(Terceira) 香港の旗 噴射飛航 1980年~
13 1979年9月 Jet Ferry One イギリスの旗 P&O Jet Ferries 運航中
天皇星(Funchal) 香港の旗 噴射飛航 1982年~
14 1979年7月 HMS Speedy イギリスの旗 イギリス海軍 運航中
Speedy Princess 1982年~
帝皇星(Lilau) 香港の旗 噴射飛航
15 1980年 Cú Na Mara イギリスの旗 B&I Line 1980年4月25日~ 運航中
ぎんが 日本の旗 佐渡汽船 1986年7月~
16 1980年4月 Jet Ferry Two イギリスの旗 P&O Jet Ferries 運航中
海皇星(Horta) 香港の旗 噴射飛航 1982年~
17 1980年10月 Montevideo Jet アルゼンチンの旗 Alimar S.A. 運航中
Aries アメリカ合衆国の旗 Boeing Marine Systems 1981年~
Spirit Of Friendship カナダの旗 Island Jetfoil Co. 1985年~
ジェット7 日本の旗 関西汽船 1987年4月~2000年10月11日
セブンアイランド愛 日本の旗 東海汽船 2002年~
18 1981年2月 Princesa Guyarmina スペインの旗 Trasmediterranea 運航中
幸運星(Cacilhas) 香港の旗 噴射飛航 1991年~
19 1981年4月 Princesse Clementine ベルギーの旗 RMT Belgium 運航中
Adler Blizzard ドイツの旗 Adler Schiffe GmbH & Co 1998年~
Seajet Kara バハマの旗 SeaJet Bahamas, Ltd. 2001年~
セブンアイランド虹 日本の旗 東海汽船 2002年~
20 1981年6月 Princesse Stephanie ベルギーの旗 RMT Belgium 係船中
Adler Wizzard ドイツの旗 Adler Schiffe GmbH & Co 1998年~
Seajet Kristen バハマの旗 SeaJet Bahamas, Ltd. 2001年~
セブンアイランド夢 日本の旗 東海汽船 2002年~2014年9月16日
21 1981年9月 Princesa Guacimara スペインの旗 Trasmediterranea 運航中
帝后星(Taipa) 香港の旗 噴射飛航 1990年~
22 1981年11月 Bima Samudera I インドネシアの旗 PT Pelni Indonesia 2001年
23 1984年 Prince Abdul Aziz II サウジアラビアの旗 王室ヨット 運航中
ロケット2 日本の旗 コスモライン
種子屋久高速船
929-119 24 1984年 Bima Samudera II インドネシアの旗 インドネシア海軍
25 1985年 Bima Samudera III インドネシアの旗 インドネシア海軍
929-117 26 1985年 ジェット8 日本の旗 関西汽船 1987年4月~1996年8月 運航中
ファルコン 日本の旗 佐渡汽船 1996年8月~1999年11月
ヴィーナス2 日本の旗 九州郵船 2000年~
929-120 27 建造中止 Bima Samudera IV インドネシアの旗 インドネシア海軍
28 建造中止 Bima Samudera V インドネシアの旗 インドネシア海軍
川崎重工 929-117 1 1989年3月 つばさ 日本の旗 佐渡汽船 1989年4月~ 運航中
2 1989年7月 ぺがさす 日本の旗 九州商船 運航中
トッピー1 日本の旗 鹿児島商船
セブンアイランド友 日本の旗 東海汽船 2013年4月1日
3 1989年9月 トッピー1 日本の旗 鹿児島商船 運航中
ビートル3 日本の旗 JR九州高速船
4 1990年3月 Princess Dacil スペインの旗 Trasmediterranea 運航中
ぺがさす 日本の旗 九州商船
5 1990年4月 ながさき 日本の旗 JR九州高速船 運航中
ビートル1
6 1990年7月 ビートル 日本の旗 JR九州高速船 運航中
ロケット 日本の旗 コスモライン
ロケット3 日本の旗 コスモライン
種子屋久高速船
7 1990年10月 ゆにこん 日本の旗 東日本フェリー 1990年~1996年 運航中
ぺがさす2 日本の旗 九州商船 1996年~
8 1991年2月 ビートル2 日本の旗 JR九州高速船 運航中
9 1991年3月 ヴィーナス 日本の旗 九州郵船 運航中
10 1991年4月 すいせい 日本の旗 佐渡汽船 1991年4月~ 運航中
11 1991年6月 Princess Teguise スペインの旗 Trasmediterranea 運航中
トッピー5 日本の旗 鹿児島商船
種子屋久高速船
2007年4月16日~
レインボージェット 日本の旗 隠岐汽船 2014年3月1日~
12 1992年4月 トッピー2 日本の旗 鹿児島商船
種子屋久高速船
運航中
13 1995年3月 トッピー3 日本の旗 鹿児島商船
種子屋久高速船
運航中
14 1994年6月 クリスタルウイング 日本の旗 神戸マリンルート(K-JET) 運航中
ビートル5 日本の旗 JR九州高速船
セブンアイランド大漁 日本の旗 東海汽船
15 1994年6月 エメレラルドウイング 日本の旗 神戸マリンルート(K-JET) 運航中
ロケット1 日本の旗 コスモライン
種子屋久高速船
上海新南船廠公司 PS-30-101 1 1994年 北星 香港の旗 噴射飛航 1994年~ 係船中
2 1995年 南星 香港の旗 噴射飛航 1995年~2001年 運航中
コビー 韓国の旗 未来高速 2001年~

諸元(旅客用・ジェットフォイル)[編集]

  • 速度: 約45ノット(時速約83km)
  • 航続距離: 約450km
  • 船体材料: アルミニウム合金
  • 全長: 27.4m
  • 水線長: 23.93m
  • 全幅: 8.53m
  • 吃水: 5.40m(艇走状態でストラットを完全に下げた時)
  • 吃水: 1.83m(艇走状態でストラットを完全に上げた時)
  • 型深さ: 2.59m
  • 総トン数: 267トン
  • 純トン数: 97-98トン
  • 旅客定員: 約260名
  • 機関: アリソン501-KF ガスタービン×2基(2767kW×2)
  • 推進器: ロックウェルR10-0002-501 ウォータージェット×2基

主な定期航路[編集]

日本国内を結ぶ航路[編集]

航路(寄港状況)や船舶運用の詳細は、各社項目などを参照。

日本と国外を結ぶ航路[編集]

日本国外[編集]

  • 香港 - マカオ
    • 船名 : 水星、木星、土星、金星、銀星、鐵星、東星、錫星 、天皇星、帝皇星、海皇星、幸運星、帝后星
    • 運航会社 : 信徳中旅船務管理
    同社による高速旅客船網は「TurboJET」(噴射飛航)と呼ばれている。その中銀星、錫星 、天皇星、海皇星と帝后星はプレミア・ジェットフォイルに改装済。

事故[編集]

翼走中は45ノットの高速航行を行うことから、クジラなどの海洋生物や流木などの海上浮遊物への衝突事故が多発している。水中翼は頑丈ではあるが、衝突により破損すると翼走が出来なくなる。エンジンや電気系統などが損傷した場合は航行不能となる事例も発生している。

2002年1月に神戸港-関西国際空港間航路(神戸マリンルート)での復路出発後に船底に穴が開き、沈没寸前に至る事故が発生している。原因は公表されていないが、当時は空港連絡橋が閉鎖される程の悪天候であった。この事故が直接の原因ではないが、同航路は慢性的な乗客低迷に伴い同年休止・廃業された。(2006年に神戸-関空ベイ・シャトルとして事実上復活しているが、高速双胴船で運用されている。)

海上浮遊物への対策が採られているものの、衝突事故が数回起きている。1992年1995年には新潟-佐渡間航路で、2004年末ごろからは、福岡-釜山間航路(対馬海峡)においてクジラと見られる生物に衝突、前部水中翼が破損して高速航行が不能になる事故が数回発生している。2006年4月9日には、屋久島-鹿児島間航路の佐多岬沖合で流木に衝突、100名以上の重軽傷者を出す事故が起きている。このような事故後は運航会社ではシートベルトを着用するよう乗客に促していた。特に佐多岬沖の事故後は、国土交通省から事業者に対して見張りの強化やシートベルトの着用を徹底するよう指導されている[2]

事故事例[編集]

  • 2006年4月9日 - 鹿児島商船のトッピー4が屋久島から鹿児島港へ運航中、佐多岬の西北西約3kmで材木と衝突、航行不能となった。100名以上が負傷、約30名が重傷を負った。
  • 2007年4月13日 - 未来高速のコビーが博多港から韓国・釜山港へ運航中、対馬の北西約16kmで何らかの物体と衝突、航行不能となった。1名が死亡、12名が重傷、79名が軽傷を負った。
  • 2012年4月12日 - 種子屋久高速船のトッピー1が鹿児島港から屋久島へ運航中、佐多岬の西約2kmでクジラと衝突、航行不能となり海上保安庁の巡視艇で山川港へ曳航。5名が負傷。
  • 2012年6月3日 - 九州郵船のヴィーナス2が博多港から壱岐を経由して厳原港へ運航中、対馬の南東約13kmでクジラとおもわれる海洋生物と衝突、船体の損傷、負傷者等はなし。
  • 2013年11月29日 - 噴射飛航の木星が香港からマカオへ運航中、香港沖で何らかの物体と衝突。87名が負傷、うち3名が重傷。
  • 2014年3月18日 - 九州郵船のヴィーナスが博多港から壱岐を経由して厳原港へ運航中、対馬の南東約35kmでクジラとおもわれる海洋生物と衝突、自力航行を継続して厳原港へ入港。乗客1名が軽傷。
  • 2015年4月10日 - 未来高速のコビーIIIが釜山港から博多港へ運航中、釜山沖南東25kmでイルカあるいはミンククジラと衝突、航行不能となり海洋警察庁の警備艦で釜山港へ曳航。16名が軽傷。
  • 2016年1月8日 - JR九州のビートルが釜山港から博多港へ運航中、釜山沖約16kmでクジラとおもわれる海洋生物と衝突、翼走出来なくなり釜山港へ引き返した。乗員乗客8名が軽傷。
  • 2016年1月20日 - JR九州のビートルが釜山港から博多港へ運航中、小呂島の北14kmで海洋生物とおもわれる物体と衝突、翼走出来なくなり約2時間遅れで博多港へ入港。乗員1名が軽傷。
  • 2016年2月6日 - 東海汽船のセブンアイランド友が熱海港から伊豆大島へ運航中、伊豆大島の北西13kmの沖合で、クジラと思われる海洋生物と衝突、衝撃で船首に多少の浸水があり、エンジンが再始動できない状態となったため、タグボートによって伊東港に曳航された。死傷者は発生していないが、船酔いを訴えた乗客7人は、海上保安庁下田海上保安部の巡視船に乗り換え、伊東港に先行した。
なお、この事故で当該船と衝突したと思われるマッコウクジラの死骸が漂流しているのが同年同月11日に三浦市の西方沖で発見されており、死骸は同月13日に小田原市酒匂の海岸に漂着している。

代船問題[編集]

日本国内における川崎重工業は、「ライセンス取得当時に想定した需要に近い船会社、航路に販売できた」としており、1995年以降、新造は行われていない。その後の航路開設、増便は中古船の融通によってまかなわれている。運用中の初期建造艇は、就航から40年~35年を経過して耐用年数をむかえており、東海汽船は、1981年就航の「セブンアイランド夢」を代替する際、新造船を希望したが実現せず、JR九州が運航していた1994年就航の「ビートル5」を購入、「セブンアイランド大漁」として、2015年1月に就航させた[3]

特殊な構造のため、建造には専用の生産設備と部品の供給が必要で、各種搭載機器、ウォータージェット推進器の供給メーカーの最小ロットが5隻分、ウォータージェット推進機については最小ロットが10基分であるとしているため、川崎重工業は建造を再開する場合、5隻程度の受注が必要としている。運航各社が単独でロットを満たすことは困難であるため、共同発注も検討されているが、船価の上昇と厳しい経営状況から実現していない[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 種子屋久高速船が開業 2社統合、安定経営誓う - 南日本新聞 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ 2009年9月には種子島久海域に流木900本が大量に漂った為、トッピー及びロケットが全便欠航する事態も起きている。http://canyon.air-nifty.com/forest/2009/09/post-8d7f.html
  3. ^ a b 若勢敏美 (2015年10月25日). “海を飛ぶ高速船ジェットフォイル、消滅の危機 災害時に有用も”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2015年11月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]