芦辺漁港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

芦辺漁港(あしべぎょこう)は、長崎県壱岐市東部にある漁港。芦辺・瀬戸(せと)・馬ノ瀬(うまのせ)の3地区からなる。壱岐島で水揚げされた漁獲物の消費地である福岡市への流通の他に、一般貨物の陸揚げやフェリー高速船が寄港地として利用するなど、南西部の郷ノ浦港や南東部の印通寺港と同様に壱岐島の玄関口としての役割を果たしている。

概要[編集]

  • 所在地 - 長崎県壱岐市芦辺町
  • 港種 - 第3種漁港
  • 漁港管理者 - 長崎県
  • 地元漁協 - 箱崎漁協、壱岐東部漁協(芦辺支所)

施設[編集]

芦辺港ターミナルビル
  • 芦辺港フェリーターミナルビル(2階建て)(長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触2575-22)
  • ジェットフォイルターミナル(1階建て)
  • 1階-乗船券販売窓口、待合室
  • 乗下船口は建物外の浮き桟橋

航路[編集]

沿革[編集]

  • 2006年(平成18年)4月 - 新フェリーターミナルビル供用開始。エレベーターなどバリアフリーに対応。
  • 2006年(平成18年)7月 - フェリーターミナルに可動橋(ボーディングブリッジ)を新設。

周辺[編集]

芦辺(芦辺浦)地区

瀬戸地区

馬ノ瀬地区

  • 清石浜(くよしばま)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつては比田勝港に寄港する便もあった。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]