ボーイング221

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーイング・モノメール

ボーイング221(Boeing Model 221)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイングが開発した、小型の単発プロペラ郵便機である。エンジン操縦席の間に小さいながらも客室を備え、旅客兼用機としている。初飛行は、1930年5月6日

1931年アメリカ陸軍航空隊は、221A型を民間登録(NX725W)のままボーイング社から借りる形でY1C-18として短期間試験し、機体はボーイングに返還された。のちにこの設計を拡大した爆撃機ボーイング215/214/246(TB/Y1B-9,Y1B-9A)が作られたが、C-18共々不採用に終わった。

諸元 (モデル221)[編集]

外部リンク[編集]

Boeing History - Boeing Monomail Transport Retrieved June 17, 2006. (英語)