フォッカー F27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォッカーF27

NLMシティホッパーのフォッカーF27-500

NLMシティホッパーのフォッカーF27-500

フォッカー F27 フレンドシップ(Fokker F27 Friendship)は、オランダフォッカー社が開発したターボプロップ双発旅客機である。アメリカフェアチャイルド-ヒラーでも「FH227」としてライセンス生産された。

概要[編集]

1950年代に、第二次世界大戦前にデビューし世界各国で使用されたものの、この頃老朽化が進んだベストセラー機であるダグラスDC-3旅客機を代替する市場をめざして開発された。

客室からの視界のよさをアピールするために高翼配置を採用している。ダートエンジンを搭載して28席の与圧客室を持った原型機は1955年11月24日に初飛行した。生産型では、エンジンを高出力のダート528に換装し胴体を3ft延長して、テイルヘビーの修正をはかるとともに、客席数を増加させた。

最初の生産型F27-100は44座席の機体で、1958年9月にエアリンガスに就航した。また、1956年にアメリカのフェアチャイルド-ヒラーと契約し、1958年からライセンス生産が始められた。フェアチャイルド-ヒラーでライセンス生産された206機を含めて786機が生産された。日本では全日空が25機を使用したほか、大韓航空が日本への乗り入れに使用した。

1980年代には、この機種を近代化したフォッカー 50が登場している。なお、日本航空機製造YS-11ホーカー・シドレーHS748アントノフAn-24などがライバル機であったが、フォッカー50を含めると最も長く生産された。

バリエーション[編集]

  • -100:最初の量産型
  • -200:エンジンをダート532に変更
  • -300:-100の貨客両用型
  • -300M トループシップ(Troopship):オランダ空軍向け。
  • -400:ダート7エンジンと貨物ドアを装備した貨客両用型。軍用型の-400Mもある
  • -500:胴体延長仕様。軍用型の-500Mもある
  • -600:-200の貨物ドアを拡大した貨客両用型
  • -700:-100の貨物ドアの拡大
  • マリタイム:海洋哨戒機型。
  • マリタイム・エンフォーサー:対潜型。採用国なし。
  • FH-227:フェアチャイルド-ヒラー社製の長胴型
  • C-31A:2機のF27-400Mがアメリカ陸軍に購入され、「C-31A」の名前でパラシュート部隊のショー用の輸送機として用いられた。
  • UC-27:アメリカ海軍が開発支援用に運用していたフェアチャイルドF-27Aの非公式名称。

スペック(F27-200)[編集]

  • 全長:23.5 m
  • 全幅:29.0 m
  • 翼面積:70.00 m²
  • 最大離陸重量:19,050 kg
  • 最大速度:483 km/h
  • 航続距離:1,468 km
  • 最大運用高度:9935 m
  • エンジン:ロールス・ロイス ダート Mk.528 ターボプロップエンジン x 2

主なカスタマー[編集]

航空会社[編集]

政府および軍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ インドネシア空軍機が墜落 住宅地で10人死亡(2012年6月21日 21時40分 東京新聞)

関連項目[編集]