生きてこそ (1993年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
生きてこそ
Alive
監督 フランク・マーシャル
脚本 ジョン・パトリック・シャンレー
原作 ピアズ・ポール・リード
生存者
製作 ロバート・ワッツ
キャスリーン・ケネディ
ナレーター ジョン・マルコヴィッチ
出演者 イーサン・ホーク
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ピーター・ジェームズ
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
マイケル・カーン
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
パラマウント映画
タッチストーン・ピクチャーズ
Film Andes S.A.
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ
日本の旗 パラマウント映画/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年1月15日
日本の旗 1993年5月29日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000
興行収入 $36,733,909[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

生きてこそ』(いきてこそ、原題: Alive)は、ウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にしたピアズ・ポール・リード英語版ドキュメンタリー小説生存者ーアンデス山中の70日[2]を原作にした1993年公開のアメリカ合衆国の映画フランク・マーシャル監督、イーサン・ホーク主演、ナレータージョン・マルコヴィッチが行っている。

概要[編集]

1972年10月13日ウルグアイのステラ・マリス学園のラグビーチームを乗せた乗員乗客45名のウルグアイ空軍チャーター機がアンデス山脈に衝突・墜落し、厳寒の山脈で72日間の生存を果たし生還した16人の事実を元にドキュメンタリー・タッチで描いた映画。自分の宗教との葛藤でもある。

実際の事故の生存者のひとりであるナンド・パラードがテクニカル・アドバイザーとしてカナダ西部のコロンビア山脈で行われた墜落現場の撮影に参加している。

ストーリー[編集]

1972年10月、ウルグアイカトリック系のステジャ・マリス学園のラグビーチームとその家族・知人を乗せたウルグアイ空軍のフェアチャイルドFH-227D旅客機(45人乗りの小型機)がチリで行われる試合に参加するため、アンデス山脈を越えようとする。悪天候で視界が遮られた状態のまま突然激しい揺れが襲い、チリの航空管制の(山を全部越えたという)誤誘導でアンデス山脈高度4,200メートル地点に激突・墜落。機体は前後に真っ二つになり、前部は山脈の壁面を滑落する。

意識を取り戻したキャプテンのアントニオは医学生のロベルト・カネッサやカリトスらと協力して応急手当を行う。短時間のフライト予定で水も食料もほとんど持ち合わせておらず、通信不能で捜索隊を寒さの中じっと待つしかない。翌朝、27名の生存者は犠牲者を雪に埋めて祈りを捧げる。次の日、瀕死だったナンド・パラードが奇蹟的に息を吹き返すが、母親が亡くなり、妹は重体。3日目に青い空に飛行機が飛んできて翼を振ったので発見したと狂喜し、安心した彼らはその夜、すべての食料を食べつくす。ナンドは墜落させた罰だからパイロットの肉を食べるという。

しかし、救助隊は一向に現れず、下山も考えたがクレバスもあって危険。数日後、ラジオで「捜索は失敗だった」と聴き、9日目に捜索が打ち切られたことを知る。生存者たちは衰弱し、ケガの悪化や低体温症などから一部が死亡していく。9日目の朝、「人を食うのではなくて肉を食う」など宗教も含めた大議論をする。10日目に「二度と元へは戻れない」とか「聖体拝領と同じで死から蘇る」といいながら、事故死した遺体を人肉食することで餓えをしのいで生存する道を選ぶ。零下40度の中、大規模な雪崩に襲われ、最後まで肉を食べなかったリリアナ夫人やアントニオなども亡くなる。

尾翼を見つけるが、遭難寸前になる。最終的に自力で生還することを選び、61日目にナンドはロベルトとティンティンと共に出発する。途中でティンティンは引き返すが、ナンドとロベルトは厳寒の山脈を越えて、チリのふもとに到達。山中の飛行機にヘリの音が響く。こうして生存者16人が生還を果たす。

出演者[編集]

登場人物については実在の人物とそうでない創作上の人物がいる。実在の人物についてはウルグアイ空軍機571便遭難事故#乗員・乗客を参照。

吹替その他、小形満梅津秀行堀越真己星野充昭中村大樹藤原啓治松山圭一郎津田英三菊地毅檀臣幸子安武人後藤敦辺見一朋

批評[編集]

ロジャー・イーバートは、この作品に対して「簡単に語ることのできない物語が世の中にはある。アンデスの生存者たちの話はそのひとつであろう」原文There are some stories you simply can't tell. The story of the Andes survivors may be one of themと書いている[4]。また、彼は俳優が2ヶ月間のほぼ飢餓状態を経過した後にどれくらい正常に見えたかというリアリズムに関する質問を行った[4]

スタッフ[編集]

備考[編集]

これと同時に作られた1993年公開のドキュメンタリー映画『生きてこそ 20年後』 (Alive: 20 Years Later) では20年後の生存者が語る当時の事故についての追想を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ Alive (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月9日閲覧。
  2. ^ 著:ピアス・ポール・リード、翻訳:永井淳 『生存者―アンデス山中の70日』 平凡社1974年ASIN B000J9TTE0
  3. ^ Carlitos Páezで「カリスト」とも表記される。
  4. ^ a b “生きてこそ・レビュー”. シカゴ・サンタイムズ. (1993年1月15日). http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19930115/REVIEWS/301150301/1023 2008年6月17日閲覧。 
  5. ^ ピアズ・ポール・リード, Alive: The Story of the Andes Survivors, Lippincott Williams & Wilkins,(1974年4月(初版))ISBN 039701001X

関連項目[編集]

  • 奇跡の詩 - 同様に実際にあった飛行機事故後の乗客のサバイバルを描いた映画

外部リンク[編集]