ロールス・ロイス ダート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロールスロイス ダートMk.Vのカットモデル

ダート (Rolls-Royce Dart) は、ロールス・ロイス社が1947年に進空させた、事実上世界初の実用ターボプロップエンジンである。

概要[編集]

直列2段遠心式圧縮機と、10本のカン式燃焼筒、3段タービン(パワーリカバリ兼)、アーサー・ラッブラArthur Rubbra)設計の同軸遊星減速ギアボックスを持つ単軸式。習作トレントの試作経験を基に、最初から純粋なターボプロップとして開発され、無類の信頼性[1]と高い経済性を発揮した。

1948年に世界初のターボプロップ旅客機であるヴイッカース ヴァイカウントを進空させて以降、1000~2000馬力クラスの航空機用中出力レシプロエンジンの代替標準として世界中で広く用いられ、フォッカー F27BAe 748 が生産終了する1987年まで、40年間にわたって(インドに於けるライセンス生産は更に十数年)製造され続けるロングセラーになった。また同社の高品質と補修部品供給体制によって、搭載機は何れも長寿命を誇り、今なお多くが現用中である。

高回転型遠心コンプレッサ特有の鋭い高音、ジェットブラストの低音、ギアの唸り、4翅プロペラの風切り音とが混ざった独特のサウンドを発し、敢えて目視せずとも耳だけで、ダート搭載機の飛来は判別できた。

高外気温時の離昇出力低下を補うため、水・メタノール噴射装置が途中からオプション設定されている。

出力は最初の量産型では1000shpだったが絶えず出力増加が行なわれ、YS-11に搭載された型では3060shpを発揮した。初期のターボプロップにしては余剰推力も低目であり、2440shpの型で余剰推力304kgであった。また軽量なため出力重量比にも優れていた。

主な搭載機[編集]

YS-11のエンジンとして搭載されたダート

以上の他、ダグラス DC-3/C-47コンベア CV600~640 等のレシプロエンジン機で、ダートに換装(レトロフィット)された物も少なくない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オーバーホール間隔2,500時間以上、YS-11における定時発着率99%台。何れも実績値

外部リンク[編集]