ロールス・ロイス ヴァルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァルチャー(英語: Vulture )は、第二次世界大戦時にロールス・ロイスにより設計、製造された英国航空用エンジンである。

ヴァルチャーは、2基のロールス・ロイス ペリグリン V型12気筒エンジンをクランクシャフトを共用するように効率良く結合し、通常とは異なるX型24気筒の構成としたエンジンであった。このエンジンは当初1,750 hpを発生することを目標に設計されたが、ヴァルチャーと土台となったペリグリンの双方共に不具合続きであり就役した時点で1,450 - 1,550 hp程の出力しか出ていなかった。

新しい数機種がヴァルチャーを搭載する予定で設計されていたが、1941年にヴァルチャーの設計が終わる頃にはロールス・ロイスは成功作のマーリンの設計に傾注していた。同一基準で製造されたもう一種のエンジンであるネイピア セイバーは時間をかけた開発の末により良い成果を収めた。

設計と開発[編集]

ケストレルスーパーチャージャー版であるペリグリンは、排気量21.2 Lの2つのシリンダー・バンクがV型を構成するかなり標準的な設計であった。ヴァルチャーは基本的には2基のペリグリンをクランクケース部で結合してX型エンジンとした排気量42.5 Lのエンジンであった。

両エンジンともに就役までの開発期間が短すぎて信頼性が非常に低かった。計画値よりもかなり低い出力しか発生できないという問題とは別に潤滑油の途切れが起こることが発見されたコネクティングロッドのビッグエンド部のベアリングに頻繁に問題が生じ、その他にもエンジンの放熱量の問題があった。ロールス・ロイスは当初これらの問題の解決に自信を持っていたが自社のより小型のマーリンが既にヴァルチャーの当初の規定出力と同等の値に達しており、僅か538基を生産しただけでヴァルチャーの生産は終了した[1]

実機への搭載[編集]

ヴァルチャーを搭載したホーカー トーネードの試作機

ヴァルチャーはホーカー トーネード迎撃機に搭載する予定であったが、ヴァルチャーの開発がキャンセルされたことでホーカーはトーネードを諦めネイピア セイバーを搭載するハリケーンに集中し、同様にビッカース ウォーウィック爆撃機のヴァルチャー搭載型の開発も破棄された。

ヴァルチャーを搭載するように設計された機種で実際に生産に入ったのは双発のアブロ マンチェスターだけであった。エンジンの信頼性の問題が明らかになるとアブロの開発チームは自社工場をハンドレページ ハリファックスの生産用に改装するよりも不測の事態に備えた対処策として開発中のマーリン エンジン4基を搭載したマンチェスターに転換するように英航空省を説得した。当初マンチェスター・マークIIIと呼ばれていたこの機体は後にランカスターと改称された成功作となり、英空軍の主力重爆撃機となった。

搭載機[編集]

要目[編集]

(ヴァルチャー V)Lumsden [3]より

  • タイプ:液冷24気筒 90度 X型
  • ボア×ストローク:127 mm (5 in.) × 139.7 mm (5.5 in.)
  • 排気量:42.47 L (2,592 in³)
  • 全長:
  • 全幅:
  • 乾燥重量:
  • 圧縮比:6 : 1
  • 動弁機構:OHC
  • 燃料供給方式:ダウンドラフト S.U. キャブレター
  • 過給機:ギア駆動 遠心式スーパーチャージャー 2速
  • 冷却方式:液冷、水:70%/エチレングリコール:30%
  • 馬力:1,780 hp at 2,850 rpm, +6 psi boost

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lumsden 2003, p.200.
  2. ^ Test bed aircraft only
  3. ^ Lumsden 2003, p.201.

参考文献[編集]

  • Lumsden, Alec. British Piston Engines and their Aircraft. Marlborough, Wiltshire: Airlife Publishing, 2003. ISBN 1-85310-294-6.

外部リンク[編集]