ロールス・ロイス AE 3007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エンブラエル ERJ 145に搭載された AE 3007

ロールス・ロイス AE 3007ロールス・ロイス ノースアメリカによって生産されるターボファンエンジンである。軍用ではF137として識別される。

設計と開発[編集]

エンジンは9,440 lbf (42 kN)の推力を生み出す。ファン、14段の高圧圧縮機、2段の高圧タービンと3段の低圧タービンで構成される。共通のコアをAE 1107C-リバティーAE 2100で共有する。

派生型[編集]

AE 3007C,C1,C2
セスナ サイテーション X 用
AE 3007H (F137)
ノースロップ・グラマン RQ-4 グローバルホークとMQ-4C トライトン用
AE 3007A, A1, A1/1, A1/3, A3, A1P, A1E, A2
エンブラエル ERJシリーズ用

搭載機[編集]

仕様諸元 (AE 3007)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボファン
  • 全長: 106.5 in (2,705 mm)
  • 直径: 38.5 in (978 mm)
  • 乾燥重量: 1,585 lb (719 kg)

構成要素

性能

出典: [要出典]


関連項目[編集]

類似のエンジン

出典[編集]

  • Leyes II, Richard A.; William A. Fleming (1999). The History of North American Small Gas Turbine Aircraft Engines. Washington, DC: Smithsonian Institution. ISBN 1-56347-332-1. 

外部リンク[編集]