ロールス・ロイス ダーウェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
交通博物館で展示されていたダーウェント(Mk.V ?)。前部に補機駆動用ギアボックスと潤滑油タンクを備える

ロールス・ロイス ダーウェントは、1940年代中盤の英国ターボジェットエンジン。

概要[編集]

原型は、フランク・ホイットルパワージェッツ社が基本設計を手掛けた W.2 (Whittle Supercharger Type 2) を、生産委託先の自動車製造大手ローバー社が独自改良した W.2B/26 (B.26)。

ホイットルのオリジナルは実戦に耐える状態ではなく、後にランドローバー開発主任として知られるモーリス・ウィルクスらローバー社の技術陣が大幅な設計変更に着手したところ、頑迷なホイットルが激怒し、両者の対立は剣呑なものになった。

経験論に固執するホイットルとの軋轢に嫌気が差したローバー社は、W.2B プロジェクトに関する一切を、かねてからジェットエンジンに興味を示していたロールス・ロイス社に工場・人員ごと譲渡し、航空機レシプロエンジン機械式過給器のスペシャリスト、スタンリー・フッカー英語版らのチームが W.2B の開発を引き継いだが、何かと介入したがるホイットルには相変わらず手を焼いたと言われている。

先に、ローバー社で開発の進んでいた W.2B/23 (B.23) をウェランドの名で量産化し、英初のジェット戦闘機グロスター ミーティアF.1 を進空させたロールス・ロイス社は、続いてローバー社とホイットルの反目の直接原因になった、改設計型 W.2B/26 (B.26) 案の実用化に着手した。これが後にダーウェントと呼ばれる物になる。

この W.2B/26 (B.26) は、一足先に実用化段階に達していたハルフォード H.1(後のデハビランド ゴブリン= de Havilland "Goblin )と同様に、全長短縮の為ウェランドまで用いられて来た反転式燃焼器を廃し、噴流を迂回させずタービンに直接当てる標準的な方式に改め、蒸発管式予燃装置からルーカス (Lucas Industries) の燃料直噴器に換装したもので、当該改良により推力・安定性共に大幅に向上し、また構造が簡素化され製作容易にもなって、習作色の強いウェランドと直ちに代替した。

ダーウェントの成功に自信を深めたロールス・ロイス社は、アマチュア的で不安定かつ発展性が見込めない W.2 の基本設計を離れ、更にホイットルへの特許料支払回避も兼ねて、白紙の状態から設計し直した次作ニーンで、遠心圧縮式ターボジェットエンジンの一つの完成形を打ち立てる。

これらロールス・ロイス社製ジェットエンジンの殆どにイングランドを流れる河川名の愛称が与えられている理由については、ウェランドの項を参照されたい。

各種型[編集]

参考[編集]

  • Bridgman, L, (ed.) Jane's fighting aircraft of World War II. London: Crescent, 1998. ISBN 0-517-67964-7

外部リンク[編集]