ロールス・ロイス/MAN・トゥルボ RB193

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RB193の回転式推力偏向ノズル

ロールス・ロイス/MAN・トゥルボ RB193(Rolls-Royce/MAN Turbo RB.193)は、1960年代半ばにロールス・ロイス・リミテッドMAN・トゥルボ社が設計、製造した推力偏向ターボファンエンジンである。このエンジンはVFW VAK 191B 垂直離着陸機のみに搭載されて飛行テストが行われたが、VAK 191Bの開発計画が破棄されたことでRB193も量産されることは無かった。

設計と開発[編集]

元々VFW VAK 191B計画の要求に合致するように設計されたRB193はロールス・ロイス/MAN・トゥルボで共同開発されたエンジンであり、設計作業は1965年12月ドイツ連邦国防省との契約の締結後に開始された。ブリストル・シドレー社がこのエンジン用の部品製作の2次契約社となった[1]

RB193の設計概念は初期のロールス・ロイス ペガサスと近い関連を持ち、スペイと同じ内部流路と「高温」、「低温」を組み合わせた回転推力ノズルを備えていた。VFW VAK 191Bでの有索飛行テストは1966年に始まり、1971年10月にはブレーメンで初の自由ホバリング飛行が実施された。1972年10月にはManchingで空中停止から前進への遷移飛行に成功した。1975年のテスト計画終了までにRB193は合計12時間の飛行時間を重ね、91回の飛行を実施した[2]

搭載機[編集]

展示中のエンジン[編集]

VFW VAK 191Bに搭載されたRB193-12エンジンがミュンヘンドイツ博物館に展示されている。外板が外され、回転ノズルと回転機構を見ることができる。

要目[編集]

(RB193-12) Data from:Gunston[3]

  • タイプ:高圧縮ターボファンエンジン
  • 全長:
  • 直径:
  • 乾燥重量:790 kg (1,742 lb)
  • 圧縮機:軸流式3段ファン、低圧2段、反転する高圧6段
  • タービン:低圧3段、空冷式高圧1段
  • 最大推力:4,610 kg (10,163 lb)
  • 推力重量比:

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Flightglobal archive - Flight, January 1966 Retrieved: 21 July 2009
  2. ^ EADS - VFW VAK 191B history Retrieved: 21 July 2009
  3. ^ Gunston 1989, p.153.

参考書籍[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9

外部リンク[編集]