フォッカー T.VIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フォッカー T.VIII

An RAF Fokker T.VIII, operated by No. 320 Squadron

An RAF Fokker T.VIII, operated by No. 320 Squadron

フォッカー T.VIIIFokker T.V)は、1930年代に開発されたオランダ雷撃機/偵察機用の双発水上機である。オランダ、イギリス空軍ドイツ空軍で使用された。本機は元々自国周辺水域とオランダ領東インドで使用することを目的としたオランダ海軍航空隊からの要求により開発された。

開発[編集]

T.VIII W/Gは中翼単葉機であり、楕円形断面の胴体は軽金属製の機首部、木製の中央部、金属フレームに羽布張りの後部の3つで構成されていた。主翼は2本の交差桁とベークライト製リブが合板で覆われていたが、T.VIII W/M型では主翼と共に後部胴体も軽金属製となった。降着装置は内部が6つの水密構造区画と予備燃料タンクで構成された防錆ジュラルミン製の2つのフロートで構成されていた。

運用の歴史[編集]

本機は1938年の初飛行後に量産に入り、11機がオランダで就役した。ドイツのオランダ侵攻の時点で9機がフランスの基地に配置替えとなり、1940年5月22日にイギリスへ逃れてサウスウェールズのペンブローク・ドックに駐留するen:Coastal Command隷下英第320(オランダ)飛行隊の基礎となった。最終的にこれらの機体は補修部品の欠乏により退役した。一方でドイツ側はフォッカー社の工場で生産中の機体を完成させ、トラフェミュンデでの評価試験後にこれらを黒海の偵察、捜索救難、対潜活動に使用した。

1941年5月6日に4名 - オランダ陸軍航空旅団所属の元少尉Govert Steenと元伍長Evert Willem Boomsmaが、フォッカー社の技術者Wijbert Lindemanと元オランダ陸軍の少尉Jan Beelaerts van Bloklandと共にアムステルダムアイのMindervahavenに舫ってあったフォッカー T.VIIw KD+GQ[1]を水上に引き出した。夜明け方に何とか離水し(戦闘機パイロットのSteenはこの機種の操縦経験は無かった)、イギリスへ渡りイギリス側の対空砲火を避けながらケント州ブロードステアーズに着水した[2][3]。Beelaerts van BloklandとLindemanはイレーネ王女旅団に参加し、ノルマンディー上陸作戦時にはBeelaerts van Bloklandがこの部隊の指揮官となっていた[4]。一方Steenは英第129飛行隊に入り、1942年6月5日に撃墜されて戦死するまでに79回の出撃に参加した[5]

派生型[編集]

T.VIII W/G
木金混合構造。19機製造。
T.VIII W/M
全金属製。12機製造。
T.VIII W/C
高出力エンジンを搭載し、大型化された機体。フィンランドから5機が発注されたが、ドイツ空軍が鹵獲して使用。

運用[編集]

 フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
イギリスの旗 イギリス

 要目 (T.VIII W/G)[編集]

出典: Encyclopedia of Military Aircraft[6]

諸元

性能

  • 最大速度: 285 km/h at 3,000 m (9,843 ft)
  • 航続距離: 2,750 km
  • 実用上昇限度: 6,800 m[7]

武装

  • 固定武装: 2 × 7.92 (0.312 in) 機関銃
  • 爆弾: 600 kg (1,323 lb) の爆弾、又は航空魚雷
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
  1. ^ Fokker T.VIII”. histaviation.com (2003年). 2014年8月18日閲覧。
  2. ^ Daring escape from Nazis in stolen plane”. Thanet Gazette (2014年3月6日). 2014年8月18日閲覧。
  3. ^ Steen, Govert”. World War 2 Awards (2014年). 2014年8月18日閲覧。
  4. ^ Monument Jhr. J.J.G. Beelaaerts van Blokland” (オランダ語). TracesOfWar.com (2014年). 2014年8月18日閲覧。
  5. ^ Apeldoorn en de oorlog: Groenoordlaan” [Apeldoorn and the war: Groenoordlaan] (オランダ語). apeldoornendeoorlog.nl (2014年). 2014年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  6. ^ Jackson, Robert. The Encyclopedia of Military Aircraft. London: Paragon, 2002. ISBN 0-7525-8130-9.
  7. ^ Angelucci 1983, p. 259.
参考文献
  • Angelucci, Enzo. The Rand McNally Encyclopedia of Military Aircraft, 1914-1980. San Diego, California: The Military Press, 1983. ISBN 0-517-41021-4.
  • Green, William. War Planes of the Second World War, Volume Six: Floatplanes. London: Macdonald & Co., (Publishers) Ltd., 1962.
  • Van der Klaauw, Bart. The Fokker T.VIII (Aircraft in Profile number 176). Leatherhead, Surrey, UK: Profile Publications Ltd., 1967.
  • Van der Klaauw, Bart. Water- en Transport Vliegtuigen Wereldoorlog II (in Dutch). Alkmaar, the Netherlands: Uitgeverij de Alk bv, year unknown. ISBN 90-6013-677-2.

外部リンク[編集]