オランダ陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オランダ王立陸軍(オランダおうりつりくぐん、オランダ語Koninklijke Landmacht)はオランダ王国陸軍

歴史[編集]

オランダ王立陸軍は1814年1月9日に創設される。ただしその起源については1572年のいわゆる州軍(nl:Staatse Leger)と呼ばれる軍事組織に求められる。このためオランダは16世紀にまで遡れる最も古い常備軍を維持した国家の一つに数えられる。

ネーデルラント連邦共和国の陸軍は八十年戦争を経て17世紀と18世紀前半にかけて組織化し訓練され、1795年のフランス侵攻までカール・グスタフ戦争での第1次デンマーク戦争やネーデルラント継承戦争大同盟戦争スペイン継承戦争オーストリア継承戦争フランス革命戦争に参加している。

ネーデルラント連邦の州軍は1795年にバタヴィア共和国軍に再編成され、1806年にホラント王国の成立に伴い再編成されている。1799年と1800年および1810年の間にドイツ、オーストリアおよびスペインでの戦役に参加し、特に1807年のナポレオン戦争中のフリートラントの戦いでリーデンデ砲兵隊の馬砲兵部隊(Rijdende Artillerie)が活躍している。1807年と1809年にはシュトラールズントを占領し半島戦争では1808年から1810年までオランダ旅団が参加していた。ナポレオン・ボナパルトがオランダの「再統一」を決めたことにより独立軍は1810年に解体される。これにより大陸軍の一部となる。こんにちのフランス陸軍第126歩兵連隊はオランダに起源をもっている。1812年ロシア戦役ではオランダ部隊も参加している。最も注目すべき戦闘はベレジナの戦いen:Battle of Berezina)でのベンティン大佐(Benthien)率いる架橋中隊の活躍がある。

1813年、オラニエ主義者によるナポレオン支配への蜂起の結果、ネーデルラント連合王国が成立し独立軍が復活した。この新陸軍は百日天下でのワーテルローの戦いで連合軍の重要に一角を成していた。特に、ダヴィッド・ヘンドリク・シャッセ男爵(nl:David Hendrik Chassé)の部隊は勝利の一因となった。

ワーテルローの戦い以降オランダ陸軍はいくつかの紛争に関与している。1825年から1925年の間の植民地戦争や1830年からのベルギー独立革命に参加した。それ以降は第二次世界大戦まで概ね平穏であった。

第二次世界大戦直前には軍団の下で5個師団を編成し、4個の予備役部隊を備えていた。後に機動部隊を含めた2個軍団編制に移行し戦力化が図られた。1940年5月10日からナチス・ドイツ軍と交戦するも衆寡敵せず同月14日にオランダは降伏する。

戦後、インドネシア独立戦争を経て冷戦の激化に伴い北大西洋条約機構が設立されこれに加盟し、西欧での集団安全保障の一翼を担う事になる。冷戦時代の1960年代、フランスのNATO軍事機構の脱退により、後方兵站線がベネルクス3国に集中することになり、防衛体制強化のため第1軍団を基幹に3個師団他部隊と装備で重武装化が図られた。機械化師団は当初、徒歩兵が主力であったが1970年代初頭までに機械化が完了している。ただし師団は固定的編制ではなく作戦要求に合わせ、複数の旅団を状況に応じて組み合わせて師団を編成していた。第1軍団以外には地域防衛集団(NTC)、兵站集団(NLC)、衛生集団(GC)、訓練集団(COKL)、通信集団などがあった。

地域防衛集団には2個歩兵旅団を基幹に11個警備管区をもち、各地に点在する大小様々な重要施設の警備や機動予備および総予備として機能していた。訓練集団は毎年入隊する徴兵に対する新兵訓練の他、士官・下士官教育を担当し、有事には一線部隊の欠員を埋めるための人員プールとしても機能していた。1980年代初期当時の平時兵力約70,000人の内、約40,000人が徴兵で構成されており兵役はオランダ社会において名誉とされる。しかし、社会状況の変革にともない軍内規律の大幅な改革に着手し、長髪の兵士が勤務するなど若者に譲歩した内容となっていた。また、オランダ軍では兵隊組合の結成が認められている。

1961年にはオランダ領イリアンジャヤをめぐってインドネシア軍と交戦するも(西イリアン紛争)米ソ超大国の思惑により停戦し同地から撤退している。

1980年代、当時の人口約1,400万人の国家で平時70,000人、戦時20万人、10個旅団基幹で戦車約1,000輌の規模を整備していたが、冷戦の終結と共に急速に軍縮が進められ現在は3個旅団にまで縮小されている。1996年には徴兵制が廃止され、2011年には戦車が全廃されている。

平和維持活動には1979年から1985年にかけてレバノンに、1991年から旧ユーゴスラビアに派遣され現在も継続中で、1992年から1994年までカンボジアに、1995年から1996年までハイチに、1998年から1999年までキプロスに、2001年にエリトリアエチオピアに、2003年から2005年までイラクに、2002年から2010年までアフガニスタンに、2008年からはチャドにそれぞれ派遣されている。

組織[編集]

2009年時点で現役兵総員約21,400人、予備役兵約3,000人[1]

  • 陸軍参謀本部 在ユトレヒト
    • 第11空中機動旅団(11LMB) 在スカールスベルゲン
      • 旅団司令部中隊
      • 猟兵擲弾兵近衛連隊第11歩兵大隊
      • ハーツ連隊第12歩兵大隊
      • ベルンハルト王配近接戦連隊第13歩兵大隊 在アッセン
      • 第11迫撃砲中隊
      • 第11工兵中隊
      • 第11防空中隊
      • 第11補給中隊
      • 第11衛生中隊
      • 第11整備中隊
    • 第13機械化旅団(13Mechbrig) 在オイルスホット
      • 旅団司令部中隊
      • シツマ驃騎兵連隊第11戦車大隊(軍縮により解隊)
      • イレーネ王女火打石銃兵近衛連隊第17機械歩兵大隊
      • リンブルフ猟兵第42機械化歩兵大隊
      • ボレール驃騎兵第42偵察大隊
      • 第11砲兵大隊
      • 第41工兵大隊
      • 第13衛生中隊
      • 第13整備中隊
    • 第43機械化旅団(43Mechbrig) 在ハーフェルテ
      • 旅団司令部中隊
      • オラニエ公驃騎兵連隊第42戦車大隊(軍縮により解隊)
      • ヨハン・ウィレム・フリーゾ連隊第44機械化歩兵大隊
      • オラニエ・ヘルダーラント連隊第45機械化歩兵大隊
      • 第14砲兵大隊
      • 第11工兵大隊
      • 第43衛生中隊
      • 第43整備中隊
  • 地上作戦支援部隊(Kommando Operative Unterstützungseinheiten Land)
    • 第101工兵大隊
    • 第101通信大隊
    • 第103偵察大隊
    • 第1特殊武器防護大隊(対核生物科学戦防護)
    • 第100補給輸送大隊
    • 第200補給輸送大隊
    • 第400衛生大隊
    • 第310整備中隊
    • 第320整備中隊
    • 第330整備中隊
  • コマンドー部隊nl:Korps Commandotroepen、特殊部隊)
    • 本部・補給中隊
    • 第104コマンドー中隊
    • 第105コマンドー中隊
    • 第108コマンドー中隊
  • 王立陸空軍士官学校(nl:Koninklijke Militaire Academie) 在ブレダ
  • 王立下士官学校(nl:Koninklijke Militaire School (Nederland)) 在ヴェールト
  • 陸軍管理学校(Korps Militaire Administratie)
  • LO/スポーツ機関(LO/Sportorganisatie)
  • 陸軍予備軍(nl:Korps Nationale Reserve

国際共同部隊

装備[編集]

以下は2009時点における内容[1]

車両[編集]

火砲[編集]

ミサイル[編集]

航空機[編集]

舟艇[編集]

  • PBR × 3隻
  • PCC × 3隻

小火器[編集]

その他[編集]

  • AT/TPQ-36対砲迫レーダー × 6基

階級[編集]

日本語 オランダ語 画像 NATO階級符号
士官
陸軍大将 Generaal
Nl-landmacht-generaal.svg
OF-9
陸軍中将 Luitenant-Generaal
Nl-landmacht-luitenant generaal.svg
OF-8
陸軍少将 Generaal-Majoor
Nl-landmacht-generaal majoor.svg
OF-7
陸軍准将 Brigade-Generaal
Nl-landmacht-brigade generaal.svg
OF-6
陸軍大佐 Kolonel
Nl-landmacht-kolonel.svg
OF-5
陸軍中佐 Luitenant-Kolonel
Nl-landmacht-luitenant kolonel.svg
OF-4
陸軍少佐 Majoor
Nl-landmacht-majoor.svg
OF-3
陸軍大尉 Kapitein
Ritmeester (騎兵科のみ)
Nl-landmacht-kapitein ritmeester.svg
OF-2
陸軍中尉 Eerste-Luitenant
Nl-landmacht-eerste luitenant.svg
OF-1
陸軍少尉 Tweede-Luitenant
Nl-landmacht-tweede luitenant.svg
OF-1
陸軍士官候補生 Vaandrig
Kornet(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-vaandrig.svg
OF-1
准士官および下士官
陸軍准尉 Adjudant
Nl-landmacht-adjudant onderofficier.svg
OR-9/OR-8
陸軍曹長 Sergeant-Majoor
Opperwachtmeester(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-sergeant majoor-opperwachtmeester.svg
OR-7
陸軍一等軍曹 Sergeant der 1e klasse
Wachtmeester der 1e klasse(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-sergeant der 1e klasse-wachtmeester-der-1e-klasse.svg
OR-6
陸軍二等軍曹 Sergeant
Wachtmeester(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-sergeant-wachtmeester.svg
OR-5
伍長
陸軍上級伍長 Korporaal der 1e klasse
Nl-landmacht-korporaal der 1e klasse.svg
OR-4
陸軍伍長 Korporaal
Nl-landmacht-korporaal.svg
OR-3
兵卒
陸軍一等兵 Soldaat der 1ste klasse
Kannonier/huzaar(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-soldaat der 1e klasse.svg
OR-2
陸軍二等兵 Soldaat der 2de klasse
Kannonier/huzaar(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-soldaat der 2e klasse.svg
OR-2
陸軍三等兵 Soldaat der 3e klasse
Kannonier/huzaar(騎兵・砲兵)
Nl-landmacht-soldaat-der-3e-klasse.svg
OR-1

補足事項として騎兵科および管理系統下士官階級内の「伍長(Korporaal)」から「曹長(Opperwachtmeester)」までの階級記章のストライプは金色ではなく銀色である。兵卒内の兵科別名は以下のとおり。

歩兵 騎兵 砲兵
Soldaat
歩兵
Huzaar
驃騎兵
Kannonier
砲兵
Grenadier
擲弾兵
Rijder
ライダー
Jager
猟兵
Fusilier
火打石兵
Commando
コマンドー

脚注[編集]

  1. ^ a b Military Balance 2009

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2009, Routledge.
  • 『PANZER』1982年10月第91号、サンデーアート。

外部リンク[編集]