伊豆諸島開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊豆諸島開発株式会社
Funnel mark of Izusyoto-Kaihatsu JAPAN.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-6891
東京都港区海岸一丁目16番1号(東海汽船株式会社内)
設立 1971年5月24日
業種 海運業
法人番号 9010401002692
事業内容 一般旅客定期航路事業
代表者 倉崎嘉典代表取締役社長
資本金 8,400万円
従業員数 40名
主要株主 東海汽船株式会社 50.0%、大島町利島村新島村神津村三宅村御蔵島村八丈町青ヶ島村
外部リンク http://www.izu-syotou.jp/
テンプレートを表示

伊豆諸島開発株式会社(いずしょとうかいはつ)は、日本海運会社東海汽船の関連会社で伊豆諸島小笠原諸島貨客船を運航している。

概要[編集]

1971年5月24日、伊豆諸島の航路改善を目的として、関係8町村(大島町利島村新島村神津村三宅村御蔵島村八丈町青ヶ島村)および東海汽船が折半出資により設立され、八丈島 - 青ヶ島航路、三宅島 - 御蔵島航路も運航を開始した[1]

父島 - 母島航路は、1975年8月に小笠原海上運輸が航路免許を受けて就航を計画していたが、経済情勢の変化などにより就航を断念したため、島民の要請を受けて伊豆諸島開発が1976年6月1日から運航を開始した[1]

航路[編集]

現在の航路[編集]

過去の航路[編集]

船舶[編集]

還住丸
2代目ははじま丸(母島港)
3代目ははじま丸
  • 弥栄丸
貨物船改造の貨客船、父島 - 母島航路開設にあたり就航。
  • 第二弥栄丸
218総トン、貨物船改造の貨客船、父島 - 母島航路開設にあたり就航。開設時は週3往復(年間144往復)
2代目就航後は、第二ははじま丸となり、予備船として運用。
1979年2月竣工、下田船渠建造、302総トン、全長44.5m、型幅7.8m、型深3.5m、1,800馬力×1基1軸、航海速力14.6ノット、旅客定員92名
  • 還住丸
1991年10月進水、119総トン
1991年5月31日竣工、三菱重工業下関造船所建造、490総トン、全長56.65m、型幅9.0m、満載喫水3.4m、3,000馬力×1基1軸、航海速力16ノット、旅客定員168名
  • ゆり丸
第二ははじま丸の代船として建造、当初から伊豆諸島航路共通予備船として建造された。
1998年2月25日竣工、469総トン、全長62m、2,000馬力、航海速力13.5ノット、旅客定員(沿海)115名(近海)40名
2013年12月6日竣工、460総トン、全長62m、2,000馬力×2基、航海速力17ノット、旅客定員50名
おがさわら丸 (3代)の就航に合わせて2代目の代船として就航。
2016年6月竣工、2016年7月就航、渡辺造船所建造、499総トン、全長65.2m、型幅12.0m、満載喫水3.4m、2,200馬力×2基、航海速力16.5ノット、旅客定員200名

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世界の艦船(1976年8月号,p146)

外部リンク[編集]