八丈島空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八丈島空港
Hachijojima Airport
Hachijōjima Airport 01.jpg
IATA: HAC - ICAO: RJTH
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 東京都八丈町
種類 商業
運営者 東京都港湾局
運用時間 8:00 - 18:00
標高 92 m (303 ft)
座標 北緯33度06分54秒 東経139度47分09秒 / 北緯33.11500度 東経139.78583度 / 33.11500; 139.78583座標: 北緯33度06分54秒 東経139度47分09秒 / 北緯33.11500度 東経139.78583度 / 33.11500; 139.78583
ウェブサイト 八丈島空港ビル
地図
八丈島空港の位置
八丈島空港の位置
HAC
八丈島空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
08/26 LLZ 2,000×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
八丈島空港の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。1978年撮影。

八丈島空港(はちじょうじまくうこう、: Hachijojima Airport)は、東京都八丈町八丈島)にある地方管理空港

概要[編集]

1927年(昭和2年)に旧海軍飛行場として誕生。戦後、1954年(昭和29年)に村営の飛行場となった。1962年(昭和37年)、滑走路1,200mで供用開始[1]

1955年、初の定期便である青木航空(後の藤田航空、現・全日本空輸)が東京国際空港線を開設。一時期は名古屋空港にも路線があったが、1985年(昭和60年)11月に休止された。

年間利用客数は、国内196,183人(2013年度)[2]

歴史[編集]

2000年平成12年)よりエアーニッポンボーイング737-400型機(愛称:アイランドドルフィン)が八丈島路線専用として就航。2機目導入以降は他路線で使用されることもあり、その際の八丈島路線はボーイング737-500型機で運航された。なお、現在の使用機材はボーイング737-400型機よりエアバスA320型機へ変更されている。

2005年(平成17年)10月より「東京国際空港線の運賃1割値下げ」を公約した八丈町長(当時)の浅沼道徳の念願が叶い、同年上期には片道あたり12,250~13,050円[3]だった運賃が条件付きで片道あたり10,200円[4]まで引き下げられた。条件は、半年間で1万人以上の利用者増というものであったが、これを達成し2006年(平成18年)4月以降も値下げ継続となった。その後運賃の改定を繰り返して、2017年春ダイヤ現在は往復運賃の片道あたりの運賃は14,900~15,000円[5]となっている。

また、同じく2005年10月には1日4往復のダイヤだった東京国際空港 - 八丈島路線(直行便)のうち、往復の各1便ずつが大島空港経由へ変更された。なおその後、2009年(平成21年)9月30日を以って大島空港と八丈島空港を結ぶ往復の各1便は運休される事となり、同年10月以降は直行便各3便のみの運航となった。

2013年2月7日官報号外第24号にて、管制保安業務及び事務所業務が2013年4月1日付で、羽田へ移管告示。これに伴い、レディオ空港からリモート空港へと移行した。

2017年9月1日からは有人国境離島法により航空運賃の軽減措置が実施されることとなり、2017年春ダイヤ現在の往復運賃の片道あたりの運賃は14,900~15,000円であるところが、八丈町に住民登録をしている場合は片道あたり13,790円[6]まで軽減されることとなった。

施設[編集]

  • 売店
    • 保安検査場外のほか、保安検査場にも小さめの売店があり。
  • レストラン
  • 有料待合室
    • カードラウンジではない
  • 展望デッキ
    • 無料

路線[編集]

かつての定期就航路線

事件・事故[編集]

1963年(昭和38年)、藤田航空のヘロン機が西山(八丈富士)に激突・墜落し、乗員乗客19名が全員死亡した(藤田航空機八丈富士墜落事故)。なお藤田航空は同年全日本空輸に吸収された。この事故は八丈島空路における2013年現在、唯一の死傷事故である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八丈島空港”. 管内空港の現況. 国土交通省東京航空局. 2014年7月11日閲覧。
  2. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成25年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省東京航空局, http://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/statistics/pdf/riyou_h25nendo.pdf 
  3. ^ “運賃一覧(2005年4月1日~2005年9月30日搭乗分)” (PDF) (プレスリリース), 全日本空輸, https://www.ana.co.jp/pr/05-0103/pdf/05-010-2.pdf 
  4. ^ “運賃一覧(2005年10月1日~2006年3月31日搭乗分)” (PDF) (プレスリリース), 全日本空輸, https://www.ana.co.jp/pr/05-0709/pdf/05-104.pdf 
  5. ^ “2017年3月26日~2017年10月28日ご搭乗分 各種運賃一覧” (PDF) (プレスリリース), 全日本空輸, https://www.ana.co.jp/group/pr/pdf/20161222-2.pdf 
  6. ^ (PDF) 航空路旅客運賃の島民割引が始まります!, 東京都八丈町, http://www.town.hachijo.tokyo.jp/info/wp-content/uploads/2017/06/H290701.pdf 

外部リンク[編集]