明神礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明神礁
Myojin-sho.jpg
海上に姿を現した時の明神礁(1952年)
最高地点
標高 −50 m (−160 ft)
座標 北緯31度55.1分 東経140度1.3分 / 北緯31.9183度 東経140.0217度 / 31.9183; 140.0217座標: 北緯31度55.1分 東経140度1.3分 / 北緯31.9183度 東経140.0217度 / 31.9183; 140.0217
地形
所在地 伊豆諸島日本
地質
山の種類 溶岩ドーム
最新の噴火 1988年[1]
Project.svg プロジェクト 山
明神礁の位置
明神礁の位置
明神礁の
位置
明神礁の位置
噴煙を上げる明神礁とそれを眺める船員(1952年)

明神礁(みょうじんしょう)は、伊豆諸島南部、須美寿島の北約50km、ベヨネース列岩の東約10kmに位置する海底火山である。

解説[編集]

海底火山体の本体は明神海山と呼ばれ、海底からの比高が約1600m、直径約7×10kmの海底カルデラをもつ。明神礁はこのカルデラの外輪山北東部に形成された後カルデラ火山となっている。ベヨネース列岩は西側カルデラ縁上にあるが、カルデラの形成よりも先に形成された先カルデラ火山である。また、カルデラ中央部には高根礁とよばれる中央火口丘があり、山頂は水深330mにある。

1952年昭和27年)9月17日午前の噴火を最初に報告した静岡県焼津市焼津港所属の漁船「第十一明神丸」にちなんで命名された。雲仙普賢岳などと同じデイサイト質の溶岩を噴出する火山で、激しい爆発を起こす性質がある。激しい火山活動をたびたび引き起こし何度か標高200~300mまで達する新島を形成したが、自らの爆発で消滅したり波浪浸食されたりして現在に至るまで安定した新島を形成できていない。しかし公海[2]で新たに形成された島は第一発見国がその領有を宣言できるため、当時アメリカ、旧ソ連、中国、韓国、フィリピンなどの艦船が頻繁に出没していた。

同年9月24日、噴火を観測中の海上保安庁測量船第五海洋丸」が突然消息を断った。捜索の結果、噴火に巻き込まれたことを示す遺留品や船体の断片が見つかり、田山利三郎測量課長を始めとする31名が遭難、全員殉職したものと認定された(付近の「高根礁」の爆発に巻き込まれた、との説もある。生存者や目撃者が存在しないため、真相は不明)。

その後も付近では海水の変色などがたびたび発生し、近辺海域に海底火山危険区域が設定された(平成11年8月9日に解除)。

その後、1989年平成元年)に海上保安庁の自航式ブイ「マンボウ」による調査が行われ、明神礁が明神礁カルデラのカルデラ縁上に位置する後カルデラ丘であることが確認された。

1998年(平成10年)にも無人測量船「マンボウII」による調査が行われ、この海域の詳細な地形が明らかになっている。現在は目立った海水の変色などは確認されていないが、活発な熱水活動や噴気が確認されている。

年表[編集]

1971年1979年1980年1982年1986年1987年1988年2017年:海水変色

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁による噴火記録
  2. ^ 当時の領海は3海里1982年国連海洋法条約により領海は12海里となり、明神礁・高根礁ともすべて日本の領海内となっているため、新島が再出現した場合には自動的に日本領となる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 海底火山
  • ベヨネース列岩
  • ゴジラ - 冒頭の、貨物船が何の前触れもなく次々と消息を絶っている、ということが伝えられるシーンで、明神礁の時にそっくりだ、というセリフがある。「第五海洋丸」の遭難を指している。
  • ガメラ対ギャオス - 冒頭、明神礁の噴火がアナウンスされる。これは富士火山帯の異変の前触れだったという設定。
  • 六神合体ゴッドマーズ- 主人公の搭乗するロボット・ガイヤーは、普段は明神礁に潜んでいる。

外部リンク[編集]