阿武火山群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿武火山群の火山と溶岩の分布図 GIF版

阿武火山群(あぶかざんぐん)は、山口県萩市にある独立単性火山群のこと。小規模な溶岩台地火砕丘および溶岩平頂丘が約40ある。2003年気象庁活火山見直しで活火山に指定された。 アルカリ玄武岩と、マグマ混合によって形成されたカルクアルカリ安山岩からなる。片俣火山はK20に富むアブサロカイト溶岩からなっている。

地形[編集]

主な単成火山は大島、相島、笠山、千石台、羽賀台、伊良尾山、鍋山など約40の小火山体が確認されている。玄武岩安山岩の溶岩を噴出し、火砕丘溶岩流溶岩台地溶岩平頂丘などの火山地形がある。その内、スコリア丘は笠山、伏馬山、権現山などに15個ほど[1]

活動年代[編集]

K-Ar年代測定結果より,200万年前~150万年前の前期阿武単成火山活動と、約80万年前からの後期阿武単成火山活動に区分され、最新の活動は約8000年前の笠山(下部が溶岩流、上部はスコリア丘)である[2]

文献[編集]

角縁 進・永尾 隆志・長尾 敬介(2000)阿武単成火山群のK-Ar年代とマグマ活動史 .岩石鉱物科学,29,191-198.

脚注・出典[編集]

  1. ^ 出典(スコリア丘の数について) : 阿武単成火山群のK-Ar年代とマグマ活動史 - 角縁進 永尾隆志 長尾敬介(2000)、2016年4月閲覧
  2. ^ 角縁ほか,2000

外部リンク[編集]