西表海底火山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯24度34分 東経123度56分 / 北緯24.567度 東経123.933度 / 24.567; 123.933

西表海底火山
西表海底火山の位置(南西諸島内)
西表海底火山
西表海底火山 (南西諸島)
所在地
所在地 西表島北北東約20km海底
座標 北緯24度34分 東経123度56分 / 北緯24.567度 東経123.933度 / 24.567; 123.933
日本の旗 日本沖縄県
地質
種別 海底火山
火山/ 琉球海底火山帯
霧島火山帯の延長部分か?)
歴史
発見日 1924年10月31日
発見者 宮古丸」船長ら

西表海底火山(いりおもて かいていかざん)[1]は、西表島の北北東約20kmの海底に位置する火山で、気象庁西表島北北東海底火山(いりおもてじま ほくほくとう かいていかざん、英称:Submarine Volcano NNE of Iriomotejima)の名称を用いている[2]

突然の噴火[編集]

1924年大正13年)10月31日大阪商船宮古丸台湾基隆港から那覇へ向かう途中の西表島北沖で噴火を目撃した。当時の宮古丸船長の加納直市が記録した報告書には、午前9時35分に鳩間水道(西表島と鳩間島間の海域)を石垣島方面へ通過中、前方約10kmで海面が変色していた。西表島の赤離島から沖に亘って伸びる大量の軽石が海中から湧き出し、海底火山による噴火と断定した。このまま石垣島へ向かう真東に航行するのは危険と判断した船長は北北東へ針路を変更したが、爆発の勢いは増し、至る場所で濁水と軽石が噴出した。午前11時5分に天候悪化による視界不良により、出航した西表島の仲良港へ引き返し、午後1時に無事帰港した。[3]

帰港直後、船長は沖縄県庁と付近の測候所、大阪商船へ電報により状況を報告し、石垣島の地方新聞社は即日に号外を発行した[4]。その後の詳細記事には、ユタが「噴火翌日に津波が襲いかかる」と予言し、噂が石垣島全島に急速に広まり、島民は大混乱に陥ったとされる。高台の小学校に避難し恐怖の余り一睡も出来なかった人もいれば、蝋燭を求め商店に人々が殺到、はたまた避難して不在になった家屋に侵入して窃盗を行う者もいたという。過去に先島諸島で、1771年に発生した大津波で多数の死者を出した背景もあり、こうした騒動に発展した一因と考えられる。[5]

噴火して間もなく、噴火場所に近い西表島の海岸やは軽石で覆われ、約3ヶ月はこの状態が続き、船は身動き出来なかったという[6]。噴火後約1ヶ月で、八重山諸島の海岸は軽石で埋めつくされ、中には大人2,3人乗れて浮く程の軽石もあり、一畳分の大きさであったとされる[7]。軽石の総噴出量は体積にして約1km3と推測される[8]。また噴火して約3週間後、沖縄諸島各地の海岸にも軽石が打ち上げられ[9]、さらに黒潮対馬海流によって日本各地へ軽石は運ばれ、噴火約1年後に北海道礼文島まで漂着した軽石もあった[10]。当時は日本近海における海流方向の詳細は不明であったが、これら軽石の漂流により海流研究における大きな手掛かりとなった[11]

この軽石は二酸化ケイ素(SiO2)の含有率が73%流紋岩質の岩石と判明したが、酸化カリウム(K2O)の量が約1%と非常に少ない[12]。この海底火山の正確な位置は不明で[13]、現在でも海洋調査船を用いて海底調査を行っている[14]。当火山は九州阿蘇山桜島からトカラ列島を経て南端の硫黄鳥島までを含む霧島火山帯の南方延長に当たるかは定かでない[15]。しかしその火山帯以南の海底に西表海底火山以外にも他の海底火山が存在している可能性が高く、それらは「琉球海底火山帯」と命名されている[16]

群発地震[編集]

1991年1月23日から1994年末にかけて、西表島北部とその沖合で群発地震が発生した[2]。1991年2 - 3月の2ヶ月間に有感地震が約700回、1992年9 - 12月の4ヶ月間には約1,400回も観測され、特に1992年10月の1ヶ月に800回以上を計測された[17]。この群発地震の特徴としては、震源の深さが10km未満とごく浅く、また地震のマグニチュードが最大でも5.2と小さいのが挙げられる[18]

地震発生時に、西表島北部の海岸に軽石が幾度も漂着した。マスコミ火山性地震なのか、また1924年に噴火した近海の海底火山が再噴火するのではないかと懸念する報道がなされた。その後この群発地震の原因を調査すべく研究者らによって、西表島各地に精密機器を使用した地震観測、さらに地磁気測定や海底調査も行われた。しかしその調査で火山性地震と示す証拠は発見されず、また漂着した軽石は地震前に既に打ち上げられたのが、潮の満ち引きにより再び漂着したと考えられる。長野県で発生した松代群発地震と同原因の水噴火によるものと思われたが、確証は得られなかった。結局、群発地震の発生原因の詳細は不明である。[19]

この群発地震により最大震度5を記録、その際西表島で石垣が崩壊したが、人的被害は発生しなかった[20]。また島内の各集落は津波の襲来に備えて標高20m以上の高台に避難所を設置した[21][22]。さらに長引く地震により西表島を含む八重山諸島への旅行客が激減、挙句の果てに西表島から約500kmも離れ、当群発地震と無関係な沖縄本島でも観光客が減少するなどの風評被害をもたらした[23]。しかしその一方で、連日の地震報道により地震対策に関心の薄い沖縄の人々に警戒感を持たせる効果を出したとの意見もある[24][25]

出典[編集]

  1. ^ 『沖繩大百科事典 上巻』「海底火山」(1983年)p.664
  2. ^ a b 『日本活火山総覧 第2版』(1996年)p.423
  3. ^ 加藤(2009年)pp.14 - 16
  4. ^ 加藤(2009年)p.22
  5. ^ 加藤(2009年)pp.28 - 30
  6. ^ 加藤(1995年)p.132
  7. ^ 加藤(2009年)pp.32 - 35
  8. ^ 加藤(2009年)p.36
  9. ^ 加藤(2009年)p.39
  10. ^ 加藤(1995年)p.133
  11. ^ 加藤(2009年)p.41
  12. ^ 加藤(2009年)p.89
  13. ^ 加藤(2009年)p.49
  14. ^ 加藤(2009年)pp.51 - 54
  15. ^ 神谷(2007年)p.122
  16. ^ 『沖繩大百科事典 下巻』「琉球海底火山帯」(1983年)p.857
  17. ^ 加藤(2009年)p.153
  18. ^ 加藤(2009年)pp.154 - 156
  19. ^ 加藤(2009年)pp.165 - 173
  20. ^ 加藤(2009年)pp.162
  21. ^ 加藤(1995年)pp.101 - 103
  22. ^ 加藤(2009年)pp.174
  23. ^ 加藤(2009年)pp.175
  24. ^ 加藤(1995年)pp.96 - 97
  25. ^ 加藤(2009年)pp.177 - 178

参考文献[編集]

  • 沖繩大百科事典刊行事務局 『沖繩大百科事典 上・中・下巻』 沖縄タイムス、1983年。
  • 加藤祐三 『沖縄でも地震は起きる』 ボーダーインク、1995年。
  • 加藤祐三 『軽石 海底火山からのメッセージ』 八坂書房、2009年。ISBN 978-4-89694-930-8
  • 神谷厚昭 『琉球列島ものがたり 地層と化石が語る二億年史』 ボーダーインク、2007年。ISBN 978-4-89982-116-8
  • 気象庁 『日本活火山総覧 第2版』 大蔵省印刷局、1996年。ISBN 4-17-315150-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]