フィリピン海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中央やや東のひし形の海域がフィリピン海

フィリピン海(フィリピンかい、英語: Philippine Sea, タガログ語: Dagat Pilipinas)は、日本台湾フィリピンミクロネシアに囲まれたで、太平洋の付属海(縁海)である[1]

1952年昭和27年)に開催された国際水路局(International Hydrographic Bureau、IHB。現在の国際水路機関(IHO))の国際水路会議(International Hydrographic Conference)において定められたものである[2][3]が、日本では十分に浸透していない。

範囲[編集]

IHBが1953年(昭和28年)に発行した「大洋と海の境界(第三版)」("Limits of Oceans and Seas, 3rd edition" Special Publication No.23)では、フィリピン海は、以下のように定義されている[2][4]

Philippine Sea.
Is that area of the North Pacific Ocean off the Eastern coasts of the Philippine Islands. It is bounded:
On the West.
By the Eastern limits of the East Indian Archipelago, South China Sea and East China Sea.
On the North.
By the Southeast coast of Kyushu, the Southern and Eastern limits of the Inland Sea and the South coast of Honshu Island.
On the East.
By the ridge joining Japan to the Bonin, Volcano and Ladrone (Mariana) Islands, all these being included in the Philippine Sea.
On the South.
By a line joining Guam, Yap, Pelew (Palau) and Halmahera Islands.

(日本語訳)

フィリピン海
は、北大西洋のうちフィリピン諸島の東岸沖の区域であり、以下で境界される。
西においては
東インド多島海英語版の東端(注:スル海セレベス海モルッカ海)、南シナ海及び東シナ海によって
北においては
九州の南東岸、瀬戸内海の南端(注:四国)・東端(注:淡路島)及び本州の南岸によって
東においては
日本とすべてフィリピン海に含まれる小笠原群島火山列島及びマリアナ諸島を結ぶ海嶺(ridge)によって
南においては
グアム島ヤップ島パラオ諸島及びハルマヘラ島を結ぶ線によって

したがって、西日本(伊豆半島より西)の南方で、南西諸島[注 1]より東方の海は、フィリピン海ということになる。

また、この定義によればフィリピン海は北大西洋の一部であるが、一方、「大洋と海の境界(第三版)」での北大西洋の定義からはフィリピン海が除かれているので、フィリピン海は狭義の北大西洋には含まれないことになる。

名称[編集]

第二次世界大戦のフィリピン海海戦(en:Battle of the Philippine Sea、日本側呼称はマリアナ沖海戦)をきっかけにアメリカ海軍で使われるようになった。[要出典]

戦後の1952年(昭和27年)にIHBがフィリピン海の範囲を定め[3]、現在では世界各国でこの名称が浸透している。

一方、日本は戦後一時IHBから脱退していたが、1952年(昭和27年)にはすでにIHBに復帰していた[3]ので、日本政府はフィリピン海という名称を公式に認めていることになる。しかし、この名称は日本国内ではほとんど浸透しておらず、海上保安庁の発行する公式海図においても使用されていない。

ただし、地震大国でもある日本では、主に災害対策の文脈において、プレート境界地震の発生に関連するプレートの名称としては、フィリピン海プレートが頻繁に使用される。

フィリピン海を取り囲む陸地[編集]

北から時計回りに

海洋権益[編集]

フィリピン海は、中華人民共和国が海洋権益の拡大を志向する第一列島線と第二列島線に挟まれている。中国の海軍艦艇や調査船、軍用機が度々出没し、探査結果を基に海底地形に命名するなどしている[5]

このためフィリピン政府は、ルソン島東方沖海底にあり、資源埋蔵が期待される「ベンハム隆起英語版」(Benham Rise)を2017年に「フィリピン隆起」(Philippine Rise)に改称。外国船による調査を禁止する措置をとった[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「大洋と海の境界(第三版)」では、東シナ海の南端及び東端を、台湾与那国島波照間島宮古島沖縄本島安田ヶ島喜界島種子島、九州の火崎を含む線としており、概ね南西諸島に一致する。

出典[編集]

  1. ^ 藤岡換太郎 (2008-03). “大陸縁辺域/縁海”. imidas. 集英社. https://imidas.jp/genre/detail/K-124-0023.html 2018年8月16日閲覧。. 
  2. ^ a b Limits of Oceans and Seas, 3rd edition (PDF)”. International Hydrographic Organization. p. 31 (1953年). 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c 中島洋. “フィリピン海の北端はどこか”. ミクロネシア講座. やしの実大学. 2009年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月16日閲覧。
  4. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition (World Chart) (JPG)”. International Hydrographic Organization (1953年). 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ “中国、海底地形28件命名 2011年以降、EEZ内に拡大警戒”. 産経新聞 朝刊. (2018年2月25日). https://www.sankei.com/politics/news/180225/plt1802250004-n1.html 2018年6月3日閲覧。 
  6. ^ “比 東側海域支配を強化/隆起周辺 中国の海洋進出に対抗”. 産経新聞 朝刊. (2018年5月21日). https://www.sankei.com/politics/news/180225/plt1802250004-n1.html 2018年6月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]