鳥島近海地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥島近海地震(とりしまきんかいじしん)とは、日本の伊豆諸島に位置する鳥島の近海で発生する地震を称していうものである。

概要[編集]

鳥島近海や小笠原諸島西方沖、東海道南方沖などの海域ではしばしば深さ350kmから500km前後の深発地震が発生するほか、鳥島近海の浅い場所で発生する地震ではマグニチュード6未満でも津波を発生させることがある(津波地震)。 鳥島近海で発生する津波地震は、長波近似を用いた津波伝播シミュレーションにより、円形の隆起の津波波源モデルが提唱された(Satake and Kanamori, 1991[1])。震源メカニズムは地下浅部でマグマ貫入に伴う水圧破砕(Kanamori et al., 1993[2])や、カルデラの環状断層(Ekström, 1994[3])の火山活動に伴うCLVD型の地震モデルが推定されている[4][5][6]。 一方、深発地震では、震央より離れた場所で最大震度を記録する異常震域現象を伴う事が多い。

主な観測記録[編集]

鳥島近海(津波が発生したもの、M7.0以上の深発地震のいずれかを満たすもの)、東海道南方沖(M7.0以上の深発地震)での観測記録の一覧。有感地震のMは気象庁による[7]

浅発地震[編集]

  • 1965年11月13日 - Mjma 6.3 鳥島近海。鳥島で最大震度4を観測[8]。この地震を含む群発地震によって、鳥島観測所は3日後に閉鎖され、以後無人島となっている[9]
  • 1984年6月13日 - Mjma 5.9 鳥島近海で発生。須美寿島西側の伊豆・小笠原海嶺から波源域の長さ推定25kmの津波が発生、八丈島八重根漁港で130cmから150cmの津波が観測されるなど、伊豆諸島房総半島から四国にかけて津波を観測、津波マグニチュード(Mt)は 7.3[10] と地震規模に比較して津波の規模が異常に大きな津波地震であった[11]。当時の観測記録のなかで、最も小さいマグニチュードで津波を発生させた地震である[12]
  • 1996年9月5日 - Mjma 6.2 鳥島近海(スミスカルデラ付近[13])で発生。地震の規模から推定されるより大きな津波(館山 5cm、大島 20cm、三宅島 16cm、八丈島 26cm)が発生している[14]
  • 2006年1月1日 - Mjma 5.9 鳥島近海(スミスカルデラ付近[13])。最大17 cmの津波が観測されている[15]
  • 2006年10月24日 - Mjma 6.8 鳥島近海(月曜海山付近)。発震機構正断層型。この地震によって伊豆諸島などで微弱な津波を観測した。最大の観測値は三宅島で13cm[16]
  • 2015年5月3日 - Mjma 5.9 鳥島近海(スミスカルデラ付近[13])。地震の規模が小さかったため、気象庁は津波は発生しないと予測していた。しかし八丈島で0.5mの津波が観測されたため、急遽伊豆諸島と小笠原諸島に津波注意報を発表した。被害はなかった[17]

深発地震[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kenji Satake; Hiroo Kanamori (1991年). “Abnormal tsunamis caused by the June 13, 1984, Torishima, Japan, earthquake”. Journal of Geophysical Research (Solid Earth) 96 (12): 19933-19939. doi:10.1029/91JB01903. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/91JB01903/abstract 2017年11月1日閲覧。. 
  2. ^ Kanamori et al. (1993年). “Seismic radiation by magma injection: An anomalous seismic event near Tori Shima, Japan”. Journal of Geophysical Research (Solid Earth) 98 (4): 6511-6522. doi:10.1029/92JB02867. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/91JB01903/abstract 2017年11月1日閲覧。. 
  3. ^ Göran Ekström (1994年). “Anomalous earthquakes on volcano ring-fault structures”. Earth and Planetary Science Letters (Elsevier) 128 (3-4): 707-712. doi:10.1016/0012-821X(94)90184-8. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/91JB01903/abstract 2017年11月1日閲覧。. 
  4. ^ 菊地正幸. “EIC地震学ノート No.1 鳥島近海の地震”. 2012年1月9日閲覧。
  5. ^ Ashley Shuler; Göran Ekström; Meredith Nettles (2013年). “Physical mechanisms for vertical-CLVD earthquakes at active volcanoes”. Journal of Geophysical Research (Solid Earth) 118 (4): 1569-1586. doi:10.1002/jgrb.50131. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jgrb.50131/full 2017年11月1日閲覧。. 
  6. ^ 三反畑ほか. “2015年鳥島津波地震:分散性を考慮した津波波線追跡”. 2017年11月1日閲覧。
  7. ^ a b 震度データベース検索”. 気象庁. 2014年2月11日閲覧。
  8. ^ 震度データベース検索 (地震別検索結果) 1965/11/13 02:52:21.7 鳥島近海”. 気象庁. 2018年4月12日閲覧。
  9. ^ 諏訪 彰 (1980年). “1965~79年の本邦火山活動と観測・研究の発展”. 地学雑誌 89 (4): 247-255. doi:10.5026/jgeography.89.4_247. https://doi.org/10.5026/jgeography.89.4_247 2017年11月1日閲覧。. 
  10. ^ 佐竹 健治:最近の津波研究地震 第2輯 Vol.44 (1991) No.Supplement P99-112, doi:10.4294/zisin1948.44.Supplement_99
  11. ^ 羽鳥徳太郎. “1984年6月13日鳥島近海地震による特異な津波”. 2012年1月2日閲覧。
  12. ^ 1984年6月13日鳥島近海の地震(気象庁) 地震予知連絡会 会報33巻 (PDF)
  13. ^ a b c 津波予測技術に関する勉強会(第13回) 2015年5月3日鳥島近海の地震の事例解析 (PDF)”. 気象庁 (2016年1月27日). 2017年7月5日閲覧。
  14. ^ EIC地震学ノート No.1”. 東京大学地震研究所 (1996年9月7日). 2012年1月2日閲覧。
  15. ^ 2006年1月の地震活動 (PDF)”. 気象庁 (2006年2月7日). 2012年1月3日閲覧。
  16. ^ 2006年10月の地震活動の評価”. 地震調査研究推進本部 地震調査委員会 (2006年11月8日). 2018年4月12日閲覧。
  17. ^ 2015年5月の地震活動の評価”. 地震調査研究推進本部 (2015年6月9日). 2017年11月1日閲覧。
  18. ^ 1月1日 鳥島近海の地震 地震調査研究推進本部
  19. ^ 震度分布図”. 気象庁. 2012年2月7日閲覧。
  20. ^ 東北から関東の広範囲で震度4の地震 M7.0”. CNN (2012年1月1日). 2012年1月2日閲覧。
  21. ^ 東北から関東にかけ震度4 震源地は鳥島近海”. 共同通信. 2012年1月2日閲覧。
  22. ^ 日本、東北・関東で地震、鳥島海域震源M7.0”. 中国国際放送局 (2012年1月1日). 2012年1月2日閲覧。
  23. ^ 東北から関東で震度4 震源は鳥島近海 M7.0”. 朝日新聞 (2012年1月1日). 2012年2月7日閲覧。

関連項目[編集]