ガマラマ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガマラマ山
Gamalama.jpg
1980年
標高 1,715[1] m
所在地  インドネシア 北マルク州
位置 北緯0度48分 東経127度20分座標: 北緯0度48分 東経127度20分[1]
種類 成層火山
最新噴火 2015年(継続中)
ガマラマ山の位置(インドネシア内)
ガマラマ山
ガマラマ山 (インドネシア)
ガマラマ山の位置(ハルマヘラ島内)
ガマラマ山
ガマラマ山 (ハルマヘラ島)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ガマラマ山(ガマラマさん、インドネシア語: Gunung Gamalama)は、インドネシアテルナテ島の全体を構成する円錐に近い形の成層火山である。島はマルク諸島北部のハルマヘラ島の西の沖合いにある。何世紀にも亘って、テルナテは香辛料貿易を行うためのポルトガル海上帝国オランダ東インド会社の砦の中心であった。 それらがガマラマ山の火山活動の充分なレポートの元となっている。

火山活動は活発で、16世紀初めから80回を超える噴火を繰り返しており[2]、1775年の噴火は約1300人の死者を出している[3]

2011年12月4日、噴火。2,000メートル上空まで物質を排出した。テルナテ市の近郊の住民数千人は、火山灰の粒子が町に降り注いだために避難した[4]。12月27日の噴火では6名の死者が出た[2]。火山活動の1ヶ月後にはラハールが発生したことで数十名が負傷した[5]

2012年9月にはより激しい噴火が発生した[6]

2014年12月19日にも噴火。噴煙は火口から柱状に高さ2キロまで噴き上げられ、噴火開始直後に急いで逃げ出そうとした登山家9人が負傷し、1人が行方不明となっている[2]

2009年
1700年代初期のガマラマ山の噴火の描画、ポルトガル海上帝国の砦も描かれている。


参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Gamalama - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program