タール湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タール湖
Taal Lake

Taal Volcano satellite image.gif
上が北西

タール湖の位置(フィリピン内)
タール湖
タール湖 (フィリピン)
所在地 フィリピンの旗 フィリピン バタンガス州
面積 234.2[1] km2
周囲長 82.5[1] km
最大水深 172[1] m
平均水深 100[1] m
水面の標高 2.0[1] m
成因 カルデラ湖[1]
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

タール湖(タールこ[2]、Taal Lake)とは、フィリピンルソン島にあるタール火山のカルデラ湖。周囲82.5km、面積234.2km2首都マニラの中心街よりに約60kmほどの位置にある。

北岸の外輪山の外縁、標高600m程度に避暑地として知られるタガイタイがある。

概要[編集]

タール火山は活動的な火山である[3]。20km×25kmのカルデラ内に、カルデラ湖のタール湖があり[3]、湖の中央に中央火口丘である直径5km-8kmほどの火山島(Volcano Island)が形成されている[4][3]。高さは湖面から300mほどである。

この火山島の中心には直径約2kmの火口が形成されている[4]。同島には47個の火口・火山丘が存在し、うち26個はタフコーン、5個はスコリア丘、4個はマールである[4]

歴史時代の噴火はスペイン植民地時代の初期、1572年から1977年の間に33回が記録されている[4][3]。1911年1月30日には大爆発が起こり、爆風によってVolcano島の住民のほとんどとなる1334人が死亡した[3]

1965年には火山島の西岸で発生したマグマ水蒸気噴火が起こり[3]ベース・サージ現象が世界で初めて記録され[3]200人が死亡した[5][4]。1977年に最新の噴火が起こり、水蒸気爆発が発生している[4]。2010年4月19日にはVolcano島で有感地震が発生、7月に警戒レベルが1から2に引き上げられ全島民が避難した[3]

同島は国立公園で 、本来居住は禁じられている[3]

アクセス[編集]

マニラよりタクシーで約2時間。タガイタイより外輪山を下りた湖岸でボートをチャーターして約30分でVolcano島に渡ることができる。また島の山頂までは徒歩または馬を借りて約30分かけて登る。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f LAKE TAAL - 国際湖沼環境委員会、2017年5月閲覧
  2. ^ タガログ語の発音で母音が続く場合は長音にならず二番目の母音は改めて発音するためタアルが原語の発音に近い
  3. ^ a b c d e f g h i タール火山研究の新展開 (PDF) (2015年) - 笹井洋一・長尾年恭
  4. ^ a b c d e f フィリピン・タール火山における電磁気学的手法による火山監視 (PDF) (2008年) - 原田誠 ・笹井洋一ら
  5. ^ Moor et al., 1966
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Taal - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program
  • LAKE TAAL - 国際湖沼環境委員会