タール湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タール湖
Taal Lake
Taal Volcano satellite image.gif
所在地 フィリピンの旗 フィリピン バタンガス州
面積 250 km2
周囲長 40 km
成因 カルデラ湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
タール
Taal
Taal volcano aerial.jpg
標高 400 m
所在地 フィリピンの旗 フィリピン バタンガス州
種類 成層火山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

タール湖(タールこ[1]、Taal Lake)とは、フィリピンルソン島首都マニラ中心街より約70kmにあるタール火山のカルデラ湖。周囲40km、面積250km2

タール湖北岸の外輪山標高700mの頂上部に避暑地として人気の高い都市タガイタイがある。

タール山[編集]

タール湖の中には、カルデラの中央火口丘である湖面から高さ300mのタール山(島)が形勢されている。そのタール山中心も直径約2kmのカルデラが形成されている。この火山島には47個の火口・火山丘が存在し、うち26個はタフコーン、5個はスコリア丘、4個はマール である[2]

火山島のカルデラ中には多数の噴気口が確認されており、1572年から30回以上の噴火が記録されている。噴火で生じた割れ目火口に湖水が流れ込むことによって大規模な水蒸気爆発が起きることが多く、ベースサージが発生することもある。記録に残る最も破壊的な噴火は1911年1月30日に起きた噴火で、ベースサージが発生し、1,307人もの犠牲者を出した。最新の噴火は1965年9月28日から9月30日にかけて起きた噴火で、この噴火でもベースサージが発生し、190人の死者が出た。

アクセス[編集]

マニラよりタクシーで約2時間。タガイタイより外輪山を下りた湖岸でボートをチャーターして約30分でタール山のある島に渡ることができる。またタール山頂までは徒歩またはを借りて約30分かけて登る。ホテルでホテルタクシーをお願いすれば、ボート、ロバも手配可能。

脚注・出典[編集]

  1. ^ タガログ語の発音で母音が続く場合は長音にならず二番目の母音は改めて発音するためタアルが原語の発音に近い
  2. ^ 出典: フィリピン・タール火山における電磁気学的手法による火山監視 (PDF) - 東海大学海洋研究所
[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]