火山爆発指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VEI区分ごとのテフラ量を、球の大きさで表したもの。

火山爆発指数(かざんばくはつしすう、英語: Volcanic Explosivity Index, VEI)とは、1982年アメリカ地質調査所のクリス・ニューホールChristopher G. Newhallハワイ大学マノア校のステフェン・セルフ(Stephen Self)が提案した火山の爆発規模の大きさを示す区分である。火山そのものの大きさではなく、その時々の爆発の大きさの指標である。

解説[編集]

区分は、噴出物の量でなされる[1]。0から8に区分され、8が最大規模である。VEI=0はテフラの量が104立方メートル未満の状況を指す。VEI=8はテフラの量が1012立方メートル以上の爆発を指す。それぞれの区分には噴火の状況を示す名称(「小規模(gentle)」など)が付けられている。

注意すべきことは、VEIの決定にはテフラの種類は影響しないということである。噴出物には火山灰火山弾イグニンブライトなどさまざまなものがあり、同じ量であってもその噴出に必要とするエネルギーは異なる。従って、VEIは噴火のエネルギーの大小は意味しない。また、静かに流れるマグマの量は、どれだけ多くても考慮されない[2]。これがVEIという区分の欠点である。一方で、有史以前の噴火の規模を、噴火の機構がよく分かっていなくても決められるという利便性がある。

区分[編集]

VEIの値が1上がるごとに、噴出物の量は10倍になる。ただしVEI=0はVEI=1未満の全てが含まれ、VEI=1とVEI=2の間は100倍の差が付けられている。以下の表には参考までに、その区分の噴火が起きやすい機構、噴煙の高さ、発生頻度、発生例、1994年時点で調べられた過去1万年の間の発生数を示す。

VEI 噴出物の量 状況[1] 機構 噴煙の高さ 発生頻度 ここ1万年の
発生数[* 1]
0 < 10,000m3 non-explosive
(非爆発的)
ハワイ式 < 100m ほぼ毎日 マウナ・ロア山 無数
1 > 10,000m3 gentle
(小規模)
ハワイ式/ストロンボリ式 100 - 1000m ストロンボリ島
2 > 1,000,000m3 explosive
(中規模)
ストロンボリ式/ブルカノ式 1 - 5km ほぼ毎週 ガレラス山(1993) 3477*
3 > 10,000,000m3 severe
(やや大規模)
ブルカノ式英語版/プレー式 3 - 15km ほぼ毎年 Koryaksky 868
4 > 0.1km3 cataclysmic
(大規模)
プレー式英語版/プリニー式 10 - 25km ≥ 10年 プレー山(1902) 278
5 > 1km3 paroxysmal
(どうしようもないほど大規模)
プリニー式 > 25km ≥ 50年 セント・ヘレンズ山(1980) 84
6 > 10km3 colossal
(並外れて巨大)
プリニー式/ウルトラプリニー式 ≥ 100年 ピナトゥボ山(1991) 39
7 > 100km3 super-colossal ≥ 1000年 タンボラ山(1815) 5(+推定2)
8 > 1,000km3 mega-colossal ウルトラプリニー式(破局噴火 ≥ 10,000年 トバ湖BP 73,000) 0
  1. ^ 「ここ10000年の発生数」は、1994年にスミソニアン博物館Global Volcanism Programの一環として調べた数値である。

オルドビス紀から更新世にかけてVEI=8以上の火山爆発が47回発生している。そのうち42回は3600万年以上前の噴火である。直近に起こったVEI=8の噴火は、2万6500年前に起こったニュージーランドタウポ湖付近で起こった噴火Oruanui eruptionである[3]

VEIで分類した噴火の例[編集]

VEI 火山(噴火名) 場所
0 Hoodoo Mountain カナダ 紀元前7050年?
マウナ・ロア山 ハワイ諸島 1984年
ニオス湖 カメルーン 1986年
ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ英語版 レユニオンインド洋 2004年
1 Wells Gray-Clearwater volcanic field カナダ 1500年?
キラウエア火山 ハワイ島 1983年 - 現在
ニーラゴンゴ山 コンゴ 2002年
2 フッド山 アメリカ 1865 - 1866年
キラウエア火山 ハワイ島 1924年
トリスタン・ダ・クーニャ 南大西洋 1961年
有珠山 日本 2000 - 2001年
ホワイト島英語版 ニュージーランド 2001年
3 ガリバルディ山英語版 カナダ BP 9300
Nazko Cone BP 7200
エジザ山英語版 950 ± 1000年頃
ヴェスヴィオ イタリア 1913 - 1944年
スルツェイ島 アイスランド 1963 - 1967年
エルトフェットル 1973年
ネバドデルルイス火山 コロンビア 1985年
エトナ火山 イタリア 2002 - 2003年
4 ラキ火山 アイスランド 1783年
プレー山 マルティニーク西インド諸島 1902年
パリクティン山 メキシコ 1943 - 1952年
ヘクラ山 アイスランド 1947年
ガルングン山 インドネシア 1982年
スパー山英語版 アメリカ 1992年
オクモク山英語版 アラスカ 2008年
エイヤフィヤトラヨークトル2010年の噴火 アイスランド 2010年
ムラピ山 インドネシア
5 ヘクラ山Hekla 3 eruption アイスランド 紀元前1021 +130/-100年
Mount Meager カナダ 紀元前約400年(BP 2350)
ヴェスヴィオポンペイ噴火) イタリア 79年
パトーアキ英語版 ニュージーランド 300年ごろ
富士山宝永大噴火 日本 1707年
樽前山 1739年
タラウェラ山 ニュージーランド 1886年
アグン山 バリ島 1963年
セント・ヘレンズ山(1980年の噴火(英語) アメリカ 1980年
エルチチョン メキシコ 1982年
ハドソン山 チリ 1991年
チャイテン山 2008年
プジェウエ山 2011年
6 ディアブロティン山英語版 ドミニカ BP 30,000
トルカ山英語版 メキシコ BP 10,500
オクモク山英語版 アメリカ・アラスカ州 BP 8,300
エトナ火山 イタリア BP 8,000?
ベニアミノフ山 アラスカ半島 紀元前1750年前後
ヴェスヴィオAvellino eruption イタリア 紀元前1660 ± 43年
アニアクチャク山英語版 アメリカ・アラスカ州 紀元前1645年頃
オクモク山英語版 紀元前400年頃
アンブリム バヌアツ 100年
イロパンゴ火山英語版 エルサルバドル 450 ± 30年
チャーチル山White River Ash アメリカ・アラスカ州 750年頃(BP 1,200)
ラキ火山Eldgjá アイスランド 934年
白頭山/長白山(天池噴火(中国語)(英語) 中朝国境 969 ± 20年
クワエ海底火山Kuwae バヌアツ 1452年または1453年
ワイナプチナ ペルー 1600年
クラカタウ インドネシア 1883年
サンタマリア山英語版 グアテマラ 1902年
ノバルプタ アメリカ・アラスカ州 1912年
ピナトゥボ山 フィリピン 1991年
7
Bennett Lake Volcanic Complex カナダ 5000万年前
Valles Caldera(Lower Bandelier eruption) アメリカ 147万年前
イエローストーン(英語)Mesa Falls eruption 130万年前
Valles Caldera(Upper Bandelier eruption) 115万年前
Long Valley Caldera(Bishop eruption) BP 759,000
マニンジャウ湖英語版 インドネシア BP 280,000
阿蘇山(Aso4) 日本 9万年前
アティトラン湖 グアテマラ BP 84,000
クリル湖英語版 ロシア BP 41,000
フレグレイ平野 イタリア BP 37,000
姶良カルデラ 日本 BP 22,000
ラーハー湖英語版 ドイツ BP 10,900?
クリル湖英語版 ロシア 紀元前6440 ± 25年
クレーターレイクマザマ山英語版噴火) アメリカ 紀元前5677 ± 150年
鬼界カルデラアカホヤ噴火 日本 紀元前5300年頃
サントリーニ島(ミノア噴火(英語) ギリシャ 紀元前1620年代
タウポ湖(ハテペ噴火(英語) ニュージーランド 186年
タンボラ山 インドネシア 1815年
8 Scafells イギリス オルドビス紀
Glen Coe 4億2000万年前
ラガリータカルデラ英語版 フィッシュキャニオンタフ英語版 アメリカ・コロラド州 2700万年前[4]
イエローストーン(ハックルベリーリッジ噴火(英語) アメリカ 220万年前
Galán アルゼンチン
イエローストーン(Lava Creek eruption アメリカ BP 640,000
トバ湖 インドネシア BP 73,000
タウポ湖Oruanui eruption ニュージーランド BP 26,500

参考文献[編集]

  1. ^ a b 鎌田桂子 巨大噴火で何が起こるか?
  2. ^ 早川由紀夫研究室 噴火の大きさを測る
  3. ^ Mason, Ben G.; Pyle, David M.; Oppenheimer, Clive (2004). “The size and frequency of the largest explosive eruptions on Earth”. Bulletin of Volcanology 66 (8): 735 - 748. doi:10.1007/s00445-004-0355-9. 
  4. ^ 地質学の国際標準試料となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]