2014年の御嶽山噴火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御嶽山 (長野県) > 2014年の御嶽山噴火
2014年の御嶽山噴火
Mount Ontake from Kurakake Pass.JPG
噴煙を上げる御嶽山
(2014年10月11日撮影)
火山 御嶽山
年月日 2014年9月27日
場所 日本の旗 日本 長野県岐阜県
北緯35度53分36秒 東経137度28分45秒 / 北緯35.89333度 東経137.47917度 / 35.89333; 137.47917座標: 北緯35度53分36秒 東経137度28分45秒 / 北緯35.89333度 東経137.47917度 / 35.89333; 137.47917
影響 死亡者 : 58人[1]行方不明者 : 5人[1]
計63人[1](2015年11月6日現在[2]
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2014年の御嶽山噴火(2014ねんのおんたけさんふんか)は、2014年平成26年)9月27日11時52分(日本時間[3][4][注 1]に発生した、長野県岐阜県県境に位置する御嶽山(標高3,067m)の噴火である。噴火警戒レベル1(平常[注 2])の段階で噴火したため、登山者ら58名が死亡した、日本における戦後最悪の火山災害である[2][5]

噴火活動の概要[編集]

噴火1年前(左)および噴火翌日(右)の衛星画像、NASA Worldviewによる 噴火1年前(左)および噴火翌日(右)の衛星画像、NASA Worldviewによる
噴火1年前(左)および噴火翌日(右)の衛星画像、NASA Worldviewによる

山頂の南西、地獄谷付近の地下にあった熱水溜まりが何らかの原因で過熱(あるいは減圧)したことにより急膨張の結果、突沸し噴出に至った[6]、しかし山頂付近で噴火に遭遇し生還した登山者によれば「最初の噴出は岩がぶつかるような音で始まり、爆発音は無かった」との証言がある[7]が、気象庁V-net 観測点(田の原上:ONTA・田の原:ONTN)の空振計では 6Hz 以下の空振を観測している[6]。新たな火口は、1979年噴火の火口列の南西250 - 300m付近の位置に平行に複数個が形成され[8]、最初の噴火では火砕流も発生し火口南西側の地獄谷を約3km程度、火口北西側の尺ナンゾ谷にも流れ下った事が観測された[9][10][11]。また、降下した火山灰を構成する粒子は大部分が変質岩片で構成され、マグマ由来の成分は検出されていないため、今回の噴火は水蒸気爆発と分析されている。日本国内において噴火災害で死者を出したのは、1991年6月3日の雲仙・普賢岳の大火砕流以来となり[12]、死者数も雲仙・普賢岳の43人を超え、戦後最悪の58人となった[2][5]東京大学地震研究所火山学者金子隆之助教授は、噴石の初速を360メートル毎秒時速1,296キロメートル、約マッハ1.05)、山頂付近での速度を300メートル毎秒(時速1,080キロメートル、約マッハ0.88)と推定している[13]

主要要素
  • 噴火時刻 - 2014年9月27日 11時52分
  • 噴火様式 - 水蒸気爆発(水蒸気噴火)
  • 噴煙高度 - 火口から最大7,000mと推定[10]
  • 推定噴出量 - 27日は50万トン[13][14]程度

今回の噴火規模は過去に日本で死傷者を出した他の火山噴火規模と比較すると決して大規模なものではなく、火山灰噴出量も2014年現在も噴火を続けている小笠原諸島西之島の100分の1、1991年の雲仙普賢岳の400分の1でしかない[13]

前兆現象[編集]

噴火の約2週間前から火山性地震が増加していたが、発生していた地震のタイプは2007年と異なり火山性微動は観測されていなかった[15]。しかし、噴火の約11分前と噴火直後の約30分間に北東に11km 離れた高感度地震観測網の開田高感度地震観測施設(N.KADH)では火山性微動が観測されていた[16]ほか、7分前には傾斜計で山体が盛り上がる変位も観測されていた[10]

常設の地震計を設置している名古屋大学の観測チームによれば、噴火の前兆として阿蘇山などで観測される特徴的な長周期震動[17]は観測されなかった[18]

一方、登山ガイドからは「硫化水素が普段より強かった」、山小屋従業員からは「噴気の勢いが強かった」などの証言が報道されている[19]。しかし、別な調査では以前から風向きにより火山ガス臭を感じることが有り、噴火前の状況からは異常を感じなかったとする証言もある[14]

火砕流[編集]

滝越カメラの記録映像解析により噴火直後の11時52分に上部斜面と西斜面の2カ所でほぼ同時に発生し、地獄谷方向に約2kmと兵衛谷方向に約1.5kmの流下が確認された。谷筋を流下した速度は 8 - 20m/秒程度で、ある程度の温度はあったと考えられているが、通過箇所の樹木の損傷、火災、炭化が認められないことから樹木を焦がすほどの温度では無く、火砕流の初期温度は二次噴煙の上昇速度と到達高度などから100℃程度と推定されている[20]。なお、登山道の無い側の山腹で噴火し流下したため、火砕流による犠牲者は発生していない。

この火砕流は、4つの経過を経て流下し消滅した[20]

  1. 噴火と同時に火砕流が発生し谷筋を流下。
  2. 流下しながら空気を巻き込み、火砕流から二次噴煙が約2km上昇。
  3. 二次噴煙の上昇が止まると二次噴煙の内部で下降流が生じる。
  4. 降下した二次噴煙が広がり消滅。

2014年11月現地調査[編集]

2014年11月8日火山噴火予知連絡会御岳山総合観測班地質チームらによる山頂付近の噴出物の現地状況調査が行われた。調査報告書によれば、山頂付近での噴出物は粘土質火山灰を主成分として最大厚み 35cm、直径20cmから30cmの噴石は火口から北方向に、1.3kmまで到達していた。しかし、噴石の衝突痕跡や堆積物の地質情報は台風などの降雨と捜索活動による攪乱により失われ、採集と調査は凍結により十分に行えなかった。なお、現地調査の結果から、噴出量は前回1979年と同等の50万トン程度(噴火直後予測値の下限)とされた[14]

2015年6月現地調査[編集]

現地調査に先立った 2015年6月2日にはマルチコプター式無人機による火山性ガス(H2S , SO2 , CO2 , H2)濃度と温湿度調査が行われ、前回11月の無人機による調査と比較し高温火山ガスの温度低下と噴出量減少が示唆されるデータが得られていた[21]

6月10日の火山噴火予知連絡会御嶽山総合観測班地質による現地調査では、前回の2014年11月8日の調査で立ち入っていない田の原から剣ケ峰にかけての、噴出物の分布と堆積状況の調査が行われた。報告によれば、雪解けと風雨による噴出物の浸食が予想されたが、概ね2014年11月の状況と大きく変わらない状態で堆積物が残っていた。粘土質火山灰を主体とした噴出堆積物は王滝口9合目付近で 1.5 cm、王滝頂上および奥の院で 8 cm、八丁ダルミ周辺で急速に厚さを増し30 - 40 cmであった。なお、八丁ダルミから剣ヶ峰間および奥の院周辺は火山岩塊サイズの噴石を多く含み、王滝頂上から奥の院間では長径45cm程度の噴石があった[22]。また、八丁ダルミ付近での噴石の密度は、1m2に直径10cm以上の噴石の跡が1個以上あったとする見解が報道されている[23]

時系列[編集]

火山性地震回数推移
2010年8月27日の南面の噴気孔から火山ガスが発生している様子、上部の山頂部(剣ヶ峰)に御嶽神社と山小屋

下記は特に明記しない限り全て日本時間で表記する。

2014年[編集]

噴火前日(9月26日)まで[編集]

  • 10日に火山性地震を52回観測[24]
  • 11日に85回観測[25]、その後20回/日以下の小康状態が続き、気象庁は警戒を呼びかけていたものの、噴火警戒レベルの設定は平常とされる1のままであった[26][27]
  • 16日 - 10日からの火山性地震の累計回数が200回を超える[28]

9月27日[編集]

  • 11時 - 17時までの6時間で火山性地震313回を観測[26][27]
  • 11時42分、火山性微動を観測[29][16]
  • 11時52分、噴火[3][4][30]。噴火直前まで噴火警戒レベルは1であり、ほぼ無警戒だった登山客が被災した[31][4]。また、噴火警戒レベル3は2008年3月31日の御嶽山への噴火警戒レベル運用開始以来初であった[30]
  • 11時56分、東京航空路火山灰情報センター(東京VAAC)により、御嶽山の噴煙情が発信される。噴煙高度FL370(約11,270m)[32]
  • 12時2分、東京VAACによる噴煙高度が約5,480mに修正[33]
  • 12時36分、気象庁地震火山部により御嶽山の噴火が発表される。噴火警戒レベル3、入山規制、火口から4km程度の範囲に影響を及ぼす噴火を予想[34]国土交通省中部地方整備局管轄の滝越カメラが南側斜面を3km超の噴煙が流れ下ったことを報告[34]
  • 13時頃、長野県木曽町観光協会が登山客2団体57人の登山客から(山小屋に)無事避難出来たとの電話連絡を受けた[35]。この時点で御嶽山にある複数の山小屋関係者が行政の避難指示を待つか、または避難指示を行い下山を進めていた[35]
  • 13時35分、気象庁の降灰予報に御嶽山の噴火発生時刻から18時までの降灰範囲予想図が公開される[36]
  • 13時55分、長野県警察機動警察隊12名が出動[30][30]
  • 14時05分、国土地理院地理地殻活動研究センターが公式Twitterアカウントにて、2014年9月27日12時36分付の噴火地点をツイート[37]
  • 14時10分、長野県災害対策本部が設置される[38]
  • 14時17分、長野県警察管区機動隊員70名出動、現地指揮所を田の原観光センターに設置[30]
  • 14時20分頃、長野県警が山頂付近に150人以上、御嶽剣ヶ峰山荘付近に100人以上の取り残された登山者を確認[39]
  • 14時30分、内閣総理大臣安倍晋三より被災状況の把握、被災者の救助・住民の安全確保、火山観測の強化が指示される[30]
  • 14時31分、王滝村木曽町からの要請により陸上自衛隊第13普通科連隊へ御嶽山周辺に災害派遣要請[40]。活動規模は人員約250名、車両70両、航空機7機[30]
  • 14時52分、木曽広域消防本部は隣接する松本広域消防局に応援要請[41]
  • 15時、政府が関係省庁担当者会議を開催、同日19時28分には関係省庁関係局長級会議を開催[30]
  • 15時6分、長野県立木曽病院災害派遣医療チーム(DMAT)を出動させる[42]
  • 15時26分、長野県内のDMAT指定病院11箇所全てに長野県から出動要請[43]
  • 15時43分、長野県が広域災害救急医療システム(EMIS)を災害モードへ切り替え[30]
  • 18時5分、岐阜県がEMISを警戒モードへ切り替え[30]。岐阜県のEMISモードは同日22時14分に災害モードへ、28日14時29分に再度警戒モードへと切り替えられた[30]
  • 20時00分、長野県から近隣5県に対しDMATの派遣要請[30]
  • 20時05分、北アルプス広域消防本部に長野県消防相互応援隊の出動要請[44]
  • 20時30分、長野県知事阿部守一から消防庁長官に対し、緊急消防援助隊の派遣要請[45]。消防庁より火山性ガス検知資機材を保有する高度救助隊および山岳救助隊について、愛知県静岡県東京都山梨県の4都県の消防本部に対し出動要請[30]
  • 21時15分、消防庁は長野県内消防本部に長野県消防相互応援隊の出動準備要請[46]
  • 21時30分、長野市消防局が県内消防本部に対し出動可能隊数の調査を実施。出動隊を調整し県内全消防本部に長野県消防相互応援隊の出動要請[47]
  • 23時00分、内閣府により長野県木曽郡木曽町および王滝村に対し災害救助法の適用を決定したことを発表[48][49]
  • 23時41分、16人意識不明、32人重傷、死者も含む44人が視界不良などの要因により山頂付近の山小屋に留まっているとの報道があった[50]。しかしこのうち1箇所では岐阜県警の警察官3名を含む36名の安全を確認しており、二次災害のおそれもあることから翌28日朝まで対応を保留することを発表した[50]

当日午後に首相の安倍晋三が噴火災害に伴う救出活動のため自衛隊の派遣を指示、首相と全閣僚が出席して首相官邸で対策会議を開き、関係機関が一体で救助に取り組む方針を確認した[51]

9月27日に長野県内の消防からは地元の木曽広域消防本部から約60名と県内13消防本部(木曽広域消防本部を除く県内全ての消防本部)から約100名が出動[45]、愛知県、静岡県、東京都及び山梨県4都県の消防本部からは長野県の27日20時30分緊急消防援助隊出動の要請を受け、合計50隊214名体制が出動[30]。このうち東京都隊の東京消防庁ハイパーレスキュー隊山岳救助隊など合わせて緊急消防援助隊51名を現地に派遣した[52]

岐阜県警察山岳警備隊の3人は登山客・山小屋従業員・下呂市山岳救助隊と共に山小屋の五の池小屋に残留[30]、翌28日朝、山小屋管理人および負傷者を含む登山客と共に下山した[53]

飛騨頂上南にある山小屋五の池小屋は27日の噴火直後から緊急の避難小屋として機能し、付近の子供も含む登山客を屋内避難させ、翌28日には管理人も含む26人が全員無事に下山した[53][54]。26人の中は重傷者2名が含まれ、鎖骨を骨折した女性1名は先に岐阜県警察ヘリで救助[30]・岐阜県高山市の病院へ搬送され、左腕を骨折した男性1名は他の24名とともに自力で下山した[55]。同じく山頂付近の山小屋「二ノ池本館」も逃げ込んで来た登山者約50人にヘルメットを配布[56]、1時間後に噴火が小康状態になるのを待ち9合目の山小屋「石室避難小屋」へ誘導、既に100人近くが避難していた現場で合流した[57]

9月28日[編集]

朝から警察・消防・自衛隊が合同550人体勢で救助を開始、昼前に山頂付近へ到着[58]。山頂へのヘリコプターによる救出も含め27人を救助した[59]ほか、前日山頂付近岐阜県側の山小屋に取り残されていた子供も含む登山者たち25人が朝から自力で下山を開始、岐阜県下呂市の登山口に到着した[58]。また、長野県警察本部発表によると山頂付近で多くが火山灰に埋もれた心肺停止状態の31人を発見、山頂付近で有害な火山ガスが確認されたことから28日の捜索を14時に打ち切り[59]、救出活動を中断した[58]。このほか、27日中から山小屋で一晩を過ごした登山者などは全て下山が完了した[60]

気象庁では、地震火山部が「御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第11号」で、9月27日11時から24時までの火山性地震の合計回数が353回発生したことを発表[61][30]。また気象庁機動調査班が陸上自衛隊ヘリに同乗、上空から火山活動の状況を確認したほか、火山性ガスの観測を実施[30]、16時には火山噴火予知連絡会拡大幹事会を開催[30]、噴火を「水蒸気爆発」と判断[13]、見解を19時頃に発表した[30]。また、上空からの現地調査時に樹木の焦げた痕跡などを確認出来なかったことから流れ下った噴煙の温度は低いとして火砕流とは認識していなかったが、19時30分に行った火山噴火予知連絡会での会見時にはこれを翻し、低温火砕流であるとして噴火警報(火口周辺警報)に火砕流を追加[62]、対象市町村を長野県王滝村・木曽町、岐阜県高山市・下呂市の4市町村とした[30]

12時41分に長野県は災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣を決定。28日18時30分現在のDMATの派遣状況として、長野県側34チーム(長野県庁3、長野県立木曽病院28、信州大学医学部附属病院3)、岐阜県側2チーム(岐阜県庁1、岐阜大学医学部附属病院1)を報告[30]

17時00分に長野県庁に内閣府大臣政務官松本洋平を本部長とする非常災害現地対策本部を設置[30]

政府は御嶽山噴火に関する非常災害対策本部を設置、災害対策基本法に基づき、関係省庁会議を格上げした[63]。午後には内閣府副大臣西村康稔を団長とする調査団5名が現地をヘリで上空から視察し、長野県庁で阿部守一長野県知事に面会、全面協力を約束した[63][64]。また多数の犠牲者・行方不明者の存在に対し災害対策基本法を適用、御嶽山噴火非常対策本部を28日17時に設置、噴火に関する各省庁の対応状況の報告および今後の見通しについてを議題とした[65]

新聞は28日までに複数社が号外を出した[66][67]

9月29日[編集]

  • 1時24分、身元不明であった死者4名の身元が判明したことが長野県警から発表された[68]。他に心肺停止状態の27名を確認、うち6人を収容[69]
  • 5時38分、長野県警察ヘリが飛行開始、現場付近の空撮映像を撮影、官邸などに配信[30]。警察庁からもヘリ1機が8時15分から映像を官邸等へ送信した[30]
  • 11時現在、負傷者は警察庁発表で63人(長野県53人、岐阜県10人)[30]。避難状況として長野県側約160人、岐阜県側30人の下山を確認しており、山小屋等に避難していた生存者は全員下山し残留者はいない[30]
  • 13時30分頃、山頂付近の硫化水素濃度が高くなったことから警察・消防・自衛隊合同の救助隊は活動を中止[70]、ヘリでの搬送を中断した[13]
  • 13時50分、登山道からの搬送中止、心肺停止状態の5人を山頂で発見[13]
  • 14時40分、岐阜県側のDPAT2チームが活動終了[30]

9月30日[編集]

9月30日の救助隊人数は陸上自衛隊・警察・消防合同で後方支援も含めて850人体制、徒歩とヘリコプターによる空中支援で山頂の救助活動を行う予定だったが、早朝から再開していた救助作業を7時過ぎに中断。気象庁によると29日19時20分から30日1時15分まで火山性微動の大きな振幅が続き[15]、一旦は収まったが6時12分より再び大きくなり、この振幅は27日夜と同程度と断定、長野県災害対策本部は再び噴火が起こるおそれ有りとして救助の中断を決定した[71]

12時15分に地上での、14時20分にヘリでの捜索活動を中止している[13]

出動していた長野県・岐阜県両県のDMAT合計27チームは30日14時に活動を終了[30]

10月1日から16日(捜索打ち切り)[編集]

御嶽山の山頂部(剣ヶ峰)、頂上に御嶽神社奥社、左の稜線に懸命に捜索活動を行う隊員、左に地獄谷からの噴煙(2014年10月11日撮影)

10月1日は自衛隊(陸上自衛隊・航空自衛隊)、消防、警察合わせて1,000人規模の体制で救出救助・捜索活動を実施[30]。これまで発見された心肺停止の被災者については、陸自ヘリや空自救難隊によりふもとへと搬送された[72]。土砂災害、ライフライン、通信、道路などの状況については各省庁からの報告により被害がないことが確認された[30]。また、1日は岐阜県側でも男性1名が取り残されているとの情報から岐阜県警、下呂市消防本部高山市消防本部、下呂市山岳救助隊が捜索するも有力な情報得られず捜索を断念した[73]

気象庁地震火山部火山監視・情報センターは10月1日19時頃以降の火山性微動は検知できない程度の大きさになったことを報告している[74]

10月2日はヘリサットを搭載した東京消防庁航空隊消防ヘリコプターによる捜索救助及び情報収集を実施[30] 。11時35分に雨のため捜索中止[13]。死者47人全員の身元が判明した。

平成26年台風第18号の影響で10月6・7日の捜索は2日連続で中止[75]、一週間後の10月13・14日も平成26年台風第19号の影響で捜索は中断した[76]

10月15日には捜索が再開されたが天候不良のため午前11時に捜索中止、この10月15日には山頂で約1cmの初冠雪が確認された[77]

10月16日14時28分[13]、長野県災害対策本部及び岐阜県火山災害警戒本部は「山頂付近での積雪などにより二次災害の危険が強まった」として、同日で捜索を打ち切った(捜索再開は2015年春以降の見通し)[78]。19時30分、阿部守一長野県知事は長野県庁の記者会見で「やれることは全てやり尽くした」とのコメントを発表[13]


9月28日から10月3日までの救助・捜索人数の推移は次の通りであった。

警察 自衛隊 消防
9月28日[30] 約240 [30] 約270[79] 約470[80]
9月29日[30] 約380 [30] 約380[81] 約420[80]
9月30日[30] 約480[30] 約380[82] 約390[80]
10月1日[30] 約700[30] 約390[83] 約410[80]
10月2日[30] 約700 [30] 約330[84] 約370[80]
10月3日[30] 約700[30] 約330 約390[80]
※警察・消防・自衛隊の各後方支援の人員含む。また、警察は検視や家族支援要員[85]など捜索現場以外の人員含む。

2015年[編集]

継子岳から望む御嶽山の山頂部(2015年7月21日)

2015年6月の合同調査隊による事前調査の捜索計画では、6月中旬に長野県警や火山学者などで編成する調査隊が山頂付近の火山灰の状況などを確認し、7月にまず先遣隊が現場を調査、7月中旬には長野県警と県内消防の捜索隊による捜索が再開される計画である[86]

  • 6月7日 - 岐阜県下呂市小坂町落合の飛騨側登山口で御嶽山の山開き式が開催され、同日、下呂市は登山口から約700m先の仙人橋までの入山規制を解除した[87]
  • 6月10日 - 長野県と岐阜県の合同調査隊が入山規制区域内に立ち入り山頂付近の火山灰などの状況を調べた[88][89]
  • 6月26日 - 午後5時、気象庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)へ引き下げた[90]
  • 7月29日 - 長野・岐阜両県の警察及び消防の捜索隊は山頂での捜索を9か月半ぶりに再開[91]
  • 7月31日 - 岐阜の捜索隊が高性能の金属探知機を用いて、一ノ池付近で1人の遺体を収容し、死者58人(行方不明者5人を除く)全員の身元が判明した[92]
  • 8月6日 - 長野・岐阜両県は行方不明者5人を残したまま、全ての捜索活動を終了すると発表した[93][94]

影響[編集]

各方面への影響[編集]

交通機関[編集]

国道19号(長野県木曽町)の道路情報掲示板、『開田三岳福島線 上松御岳線 御岳山 噴火 通行止』を表示(2014年9月27日)
噴煙を避けて迂回した航空便の例。赤色の航跡が噴火の日、黒が噴火前日のものである。
道路
長野県内県道2路線が通行止めとなった[95][30]。長野県庁の2014年9月28日の発表では国道19号中央自動車道の通行への影響はないとした[96]。内閣府の発表では長野県道2路線で入山規制に伴う事前通行規制を28日14時20分から実施したとしている[30]
また、王滝村村道41号八海山より上部が通行止め、火口から4kmの範囲内は噴石の危険により立入禁止規制となった[97]
2015年3月31日、気象庁は火口から半径3km圏内としてきた警戒の必要な範囲を2km圏内に変更すると発表し、王滝村では登山道融雪後は「田の原遥拝所」からの入山規制に変更する予定である[98]
航空便
旅客機の航空エンジンが火山灰を吸い込むとエンジンが止まる可能性があることもあり[95]、国内航空会社は9月27日12時21分の航空情報(ノータム)が発行[99]された以降は御嶽山上空から東に流れる噴煙を避けて迂回しつつ運航した結果、羽田空港を発着する便で最大1時間程度の遅れが発生。現地上空付近は羽田空港 - 北陸、中部国際空港 - 北海道・東北地方を結ぶ航空路となっており[100]成田国際空港へ到着予定だった国際線2便[101]も噴火の影響を避けて関西国際空港へ目的地を変更した[102][103][104][95]。この影響で成田空港から出発する予定だった4便が欠航した[102]
鉄道
JR東海JR東日本を始めとする鉄道各社の路線には影響が発生せず、また区間運休予定もないことが9月27日に報じられた[100]
索道
御岳ロープウェイは27日12時55分以降運行を停止しており[30]、入山規制が解除されるまで再開しない見通しとしていた[105]
その後、サイレンを設けるなど噴火への安全対策が講じられ、2015年6月6日に当季の営業を開始した[106]

農作物[編集]

長野県で9月27日、白菜畑18ヘクタールに降灰が確認されたのを始めとして、被害調査を開始した[107]。同日、長野県庁農業技術課による火山灰対策に関する技術対策文書が公開。降灰による農作物への被害は相当長い期間続くおそれがあるとして対策を指導した[108]

観光[編集]

長野県木曽町の黒沢口登山道9合目上にある山小屋「覚明堂」は廃業することになった。

御嶽山に近い長野県木曽町観光協会では2014年10月4日・5日に開催を予定していた開田高原そば祭り、木曽駒高原きのこまつりの2イベントを噴火に伴う影響を原因として28日に中止を発表[109][110]

同じく御嶽山の麓にある開田高原では噴火の影響で観光客が激減[111]。降灰は1ミリあった程度だが、開田高原が閉鎖されたかどうかの問い合わせが相次ぎ、風評被害を心配し急遽公式HPを更新した[111]王滝村の旅館でも10月の予約客200人以上がキャンセルされた[111]

スキー場のうち、チャオ御岳スノーリゾート(岐阜県高山市高根町)ではスキー場に被害は及んでおらず2014年11月29日にオープンした[112]。おんたけ2240(長野県王滝村)についてはゲレンデのほぼ半分が入山規制区域となったため2014年12月5日の営業開始を断念することを決めたが[113]、2015年1月19日に気象庁が御嶽山立入禁止区域を火口4kmから概ね3kmに変更したことを受け、同年2月26日から営業が開始される予定となっている[114]

王滝村では住民の約7割が観光業に携わっており影響の広がりが懸念されている[115]

噴火警戒レベルが引き下げられて入山規制範囲が狭められるとともに、登山可能な範囲が広がった[116]。これに伴い、営業を休止した山小屋の一部(行場山荘、女人堂、五の池小屋)が2015年に営業を再開した[117]。黒沢口登山道9合目上にある山小屋「覚明堂」は廃業することになった[117]

御嶽信仰[編集]

噴火被災前の御嶽神社参道(2014年9月6日撮影)

御嶽山は霊山とされ山岳信仰があり、全国に御嶽神社に縁がある神社があるが、今回の噴火で霊山での犠牲者が発生し信者に心痛が発生したとし、全国から義援金が集められた[118]

各機関の噴火対策への影響[編集]

政府は2014年10月17日、今回の噴火災害と同年8月に発生した広島県での土砂災害を受け、中央防災会議に新たに2つのワーキンググループを設けて災害対策の改善を進めることを発表し、その中で火山情報の通知の遅れ、避難シェルターの整備の遅れや避難勧告の発表の遅れなどの対策不備について触れた[119]

また噴火時に登山届未提出の登山者が多く行方不明者の把握に手間取り、捜索に支障が出た状況を教訓とし、常時監視対象となっている47火山の地元自治体に対し登山届の提出義務化の検討を求める方針を決定した[120]

栃木県では御嶽山噴火を受け、栃木県警が10月9日、那須町茶臼岳で初の火山噴火を想定した救助訓練を実施した[121]

静岡県山梨県にまたがる富士山でも御嶽山の噴火を受け、噴石から逃れるための避難シェルターの整備を検討することを静岡県知事川勝平太が10月14日の定例記者会見で明らかにした。山梨県知事横内正明も同案の検討を表明している[122]

また、富士山のふもとにある山梨県富士吉田市も火山防災専門対策室を新たに設置した[123]

在日米軍[編集]

東京都多摩地域在日米軍横田基地は9月27日、降灰の影響に備えるように在日米軍に警告[124]。激しい降灰中には車両の使用を控えること、火山灰を車両の空気取入口が吸入しないようにする措置を講じると共に、清掃作業に従事する際は防護具を着用しなければならないとした[124]。この中で、火山灰は非常に強い研磨性があり、タービンその他のエンジンに損傷を与える可能性があることを指摘、2010年のアイスランドの噴火とそれによって生じた航空機の大混乱を引き合いに出し、横田基地施設関係者および近隣住民は降灰予報が変更され影響を受ける可能性が出て来た場合、暖房器具やエアコンを止める準備をしておくべきであるとした[124]

日本国外[編集]

日本国外メディアは多くが9月28日(世界標準時)に速報を出しており、英国放送協会(BBC)は「43人が死亡した1991年の雲仙・普賢岳の噴火以降初となる日本での噴火死者発生であり、噴火前になぜ警報が出されなかったのかはっきりしていない」、AP通信は「救助隊が30人以上の意識不明者を山頂付近で確認」、ABCニュースは「7人救助、32人行方不明」[103]ロイターは「火山噴火により死者1名、30名以上負傷」[125]CNNは「日本の火山で噴煙により31人が死亡」[126]などと報じた[104]

9月29日、駐日アメリカ合衆国大使キャロライン・ケネディが噴火の被災者に対し犠牲者の冥福を祈る声明を発表[127]。9月30日には韓国外交部長官(外相)の尹炳世外務大臣岸田文雄に見舞いのメッセージを送った[128]

事業仕分けと監視体制に関する誤情報の流布[編集]

噴火後、インターネット上で「民主党政権が2010年に行った事業仕分けで御嶽山が観測強化の対象から外されたことにより今回の被害が生じた」との情報が流布し、同党や火山監視に関する事業仕分けに携わった経済評論家の勝間和代が批判を受けるという事態が生じた。しかし実際には御嶽山の監視縮小を事業仕分けで議論したことはなく、また事業仕分け後も24時間の監視体制が維持されており、上記の情報は事実と異なっていた[129][130]

誤情報の根拠とされていたのは2010年7月6日朝日新聞が掲載した「火山国ニッポン 備えはいま(第2回)」の後半部である[131]。この記事では前半部で気象庁の火山監視事業に関する2010年6月の事業仕分け(行政事業レビュー)の問題を取り上げ、当時約300台の火山観測機器中約260台が耐用年数を超えていたことから、高精度の観測機器を新設するとの気象庁の整備事業に対して勝間ら「仕分け人」から厳しい指摘が相次ぎ、仕分けの結論は「抜本的改善」になったことを記述。一方後半部では大学による観測網の綻びの問題を取り上げ、2008年文部科学省の決定により大学が観測していた33火山のうち17火山が観測強化の対象から外された結果、小規模な噴火を繰り返している御嶽山も強化対象から外されたと記述していた[132]

この記事では御嶽山の強化対象除外は2008年の文部科学省の決定によるものであると一読してわかるようになっていたものの、インターネット上に流れた情報では文部科学省の決定に関する記述が全て省略・削除され、冒頭の勝間らによる事業仕分けの記述からそのまま強化対象除外に関する記述が続けられていたため、あたかも事業仕分けによって強化対象除外が決定されたかのように誤読される内容になっていた[129]

一方、自民党参議院議員の片山さつき9月28日長野県の「某町村長」からの伝聞として自身のTwitterにて「平成22年の民主政権事業仕分けで常時監視の対象から御嶽山は外れた」とツイート。翌29日にも「22年の事業仕分けでばっさり切られた」と同趣旨のツイートを発信した[133]。これに対して民主党は10月1日、事実誤認であるとして自民党に文書で抗議し、謝罪がなければ片山が委員長を務める参議院外交防衛委員会での審議に応じないことも示唆した[134]

片山は当初「私が言ったわけではない」と釈明していたが[134]、同日自民党は片山から事情聴取を行い口頭で注意を加えた。これを受けて片山はTwitter上で事実誤認を認めた上で謝罪、上記ツイートを削除した。また翌2日の外交防衛委員会の理事懇談会で民主党側に謝罪し、民主党はこれを受け入れた[135]

慰霊祭[編集]

2015年9月26日、麓の長野県王滝村にて犠牲者の遺族32家族が作る「山びこの会」が追悼式を行った[136]

また、2016年7月24日には被災者家族会により初の慰霊登山が行われ、10家族25人が長野県木曾町側から入山し8合目山小屋の女人堂で献花台に手を合わせた[137]

被害拡大の原因[編集]

御嶽山南面の地獄谷。森林限界のため山頂付近には身を隠す樹木がない(2012年6月30日撮影)。

噴火自体は他山の例と比較した場合小規模[56]で、1979年にほぼ同じ場所で発生した同規模の爆発では一人の死傷者も出さなかったにも関わらず、今回は日本国内では1991年の雲仙普賢岳以来、死者数は戦後最悪となる多数の人的被害を出し[1]登山客が巻き込まれたものとしては明治以来最悪となった。これは、被害を増大する複数の要因が重なったためであった[138]

一般登山者への情報提供の不足
今回の噴火地下水マグマに触れ、蒸発した水蒸気が圧縮されたことによる水蒸気爆発型噴火であった。9月10日には52回、翌11日には85回の火山性地震が観測されており、12日には気象庁は「火山灰等の噴出の可能性」[139]を発表し、各自治体にも通知した。しかし2007年噴火の様な山体膨張や火山性微動といったマグマの上昇を示すデータは観測されなかったため、警戒レベルは平常時と同じ「1」のままにし、レベル2(火口周辺規制)には変更せず、その後地震の回数が減ったことから、自治体も注視するに留め、登山者への警戒呼び掛けなど新たな対応を求めることはなかった。つまり自治体の担当者が判断の根拠とした諸情報を組織の内部に抱え込んでいるばかりで、肝心の一般登山者に直近の情報を全く伝えていなかったので、一般登山者は警戒することすらできなかった。磐梯山噴火記念館の佐藤公副館長は「登山口には電光掲示板などで直近の情報を流すことで、登山客に判断の材料としてもらうことも重要だ」と提案する[140]
火山噴火予知連絡会の見解
気象庁火山課長の北川貞行は、「地震の回数だけで噴火の前兆と判断するのは難しい」との認識を示した[29][39][141]
火山噴火予知連絡会長の藤井敏嗣は予知の難しさを始めとして、11日の地震が前兆であるかの保障もないとしたほか、「少しでも危険があるなら近づかないのも手」「自然現象に関しては完全に安全は有り得ない」「警戒レベルの上げ方を改善していく余地はある」などと述べ、死傷者が多数出たことに関しては「活火山に登ることはリスクがあるんだと考えて欲しい」「最低でもヘルメットは持って登るのが当然」「噴火規模の大きさで災害の大きさが決まるわけではない」などと発言した[142]
登山人気
登山は近年、日本では人気が増し登山者は増えていた。また、御嶽山は御嶽神社に代表される山岳信仰などで知名度が高かったのに加え、(深田久弥の)「日本百名山」に選ばれており、(ちょうど深田の1964年の随筆刊行から50年の年で)百名山ブームが起きて登山者が増えていた[143]。さらに日本有数の高さを誇る3,000m級の高山にもかかわらず、登山の難易度は比較的低いとされ[144]、以前から家族連れなどにも人気が高い山であった。
発生した時期・日時と天候
御嶽山は紅葉の名所として知られ、特に9合目から頂上にかけての見ごろは9月下旬から10月上旬であった[145]。当日は土曜日、朝から天気は良好と登山には絶好の条件で[143]、「仕事終わりの前日金曜日に一泊し、翌日早朝に出発して天気の変わりやすい夕方前に下山する」という登山計画を立てやすかった。そのため近隣だけでなく遠方からも多くの登山客が訪れていたことに加え、発生時刻の11時52分には、被災者の多くが絶景を眺めながら昼食を取ろうと山頂付近に集結していた[56]
噴石・火山灰の危険
東京大学地震研究所助教授・金子隆之の調査と気象庁によれば、火口から約1km圏内では、直径数cmから50 - 60cmの大きさの噴石が、最大時速350 - 720kmで雨のように降り注いだと見られている[146]。これらの直撃を受ければ致命傷となり、近くに落ちて跳ね返ってきたり飛び散ったものを受けても重傷となる可能性がある[56][146]。中には1立方メートルから軽トラック大のものも報告されており[56]、被災者が挟まれた形で発見された例も多い[147]。頂上付近は森林限界のため身を隠すような樹木はなく、避難場所となる小屋や御嶽神社の社務所などに逃げ込む前に多くの人が死傷した[148]
金子は「火口から約500メートルの範囲では4メートル四方に10個以上の噴石が集中落下しており、これだけ激しいとヘルメットがあっても防ぎきれなかったかもしれない」としている[13]
さらに、負傷してその場から動けず衰弱したり、意識を失っている間に高温となった火山灰を吸い込み、呼吸困難による窒息を起こした可能性がある[149]。また一部の救助者は気道を熱傷していた[56]
噴火を撮影し逃げ遅れ
犠牲者のうち10人近くの検視を担当した医師によれば、7 - 8割が後頭部・背中に致命傷を負っており、そのうちほぼ半数が噴火の写真を撮影していた[150]。噴火4分後の27日11時56分に撮影された記録が残るカメラもあり、医師は「写真を撮らず早く逃げていれば」と語った[150]。なお、早川由紀夫は、火山礫(火山弾や噴石)が形成したクレーター状の痕跡の分析から、人的被害を与えた火山礫は噴出口から直接飛来したものでは無く「5000m上空に立ち上った噴煙から3分から4分後に落下した火山礫」による物とする見解を示している[151]
登山届の不備による行方不明者実数把握の遅れ
岐阜県下呂市濁河温泉の登山口に設置されている登山届ポスト(2016年5月)
負傷者・行方不明者の人数が錯綜した要因として、各施設に設置されている登山計画書(登山届)提出箱への投函や警察機関への提出が任意であったこと、かつ記入率がそれほど高くなく、事前に記入し登山した人の実数は半数以下であったことが主原因と見られている[152]。これにより自治体の行方不明者安否確認が御嶽山の所在地が長野・岐阜の4市町村にまたがっていることなどの要因により断片的な情報とならざるを得ず、またそれを集約することは難しいとし、9月28日に長野県は安否確認に不安が残る要因を取り除くために情報のすり合わせを目的として長野県と木曽町・王滝村間の情報集約を開始したが[152]、この時点ではまだ長野県と岐阜県の間の情報集約ができないような状態だった[152]
2014年(平成26年)7月に「岐阜県北アルプス地区における山岳遭難の防止に関する条例」が制定されたが、御嶽山噴火で多数の犠牲者が出たことを受けて、活火山である御嶽山及び焼岳の一部を届出義務化の対象エリアに追加する条例改正が2015年(平成27年)4月1日に行われた[153]
噴石からの防護を目的とした避難小屋・シェルターの不備
今回の噴火では、山頂付近にいた多くの登山者が噴石の直撃で犠牲になった。御嶽山には十数カ所の山小屋や避難小屋があるが、雨や風を避けるのが主な目的であるため、その多くが木造であった。噴石を想定したコンクリート製のシェルター(退避ごう)などは設置されていない[154]

参考画像[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初11時53分とされていたが、翌日午前に気象庁が地殻変動を精査した結果、1分前の11時52分に修正された[4]
  2. ^ 噴火警戒レベル1の呼称は当時「平常」だったが、2015年に「活火山であることに留意」に変更された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “御嶽山 遺体は山梨の男性 きょうの捜索終了”. NHK. (2015年8月1日13時16分). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150801/k10010174901000.html 2015年8月1日閲覧。 
  2. ^ a b c 御嶽山の火山活動に係る被害状況等について(第40報)総務省消防庁、2015年11月6日。
  3. ^ a b 御嶽山の火山活動解説資料 (PDF)”. 気象庁地震火山部 火山監視・情報センター. 2014年9月28日閲覧。
  4. ^ a b c d “【御嶽山噴火】噴火時刻、1分早める 気象庁が修正”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140928/dst14092811040013-n1.htm 
  5. ^ a b 御嶽山噴火、47人の死亡確認 戦後最悪の火山災害に日本経済新聞、2014年10月1日。
  6. ^ a b 2014年9月27日御嶽山の噴火 東京大学地震研究所
  7. ^ ドキュメント 御嶽山大噴火 山と溪谷社、2014年12月。 ISBN 9784635510240
  8. ^ 御嶽火山の地質図(5万分の1地質図幅「御嶽山」(1988;左側)と「木曽福島」(1998;右側)を抜粋・合成した画像 産総研
  9. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第10号 気象庁
  10. ^ a b c 御嶽山の火山活動に関する火山噴火予知連絡会拡大幹事会見解 気象庁地震火山部火山課 2014年9月28日
  11. ^ 御嶽山2014年噴火の火砕流到達範囲 (PDF) 静岡大学防災総合センター 小山真人
  12. ^ “御嶽山噴火―火山リスクの直視を”. 朝日新聞. (2014年9月29日). http://www.asahi.com/articles/ASG9X4RHTG9XUSPT008.html 2014年10月1日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j k “御嶽山噴火 その時 -噴石は噴煙より先に届く-”. 東京新聞. (2014年10月27日朝刊18-19面). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2014/ontake/one_month_ontake_eruption.html 
  14. ^ a b c 御嶽山山頂調査の速報 (11月8日) (PDF) 産総研地質調査総合センター
  15. ^ a b 山岡耕春:2014年御嶽山噴火 日本自然災害学会 自然災害科学112 Vol.33,No.4 (PDF)
  16. ^ a b 防災科研のHi-net高感度地震観測網で観測された御嶽山の噴火に伴う火山性微動 防災科学技術研究所 地震・火山防災研究ユニット 2014年9月29日 (PDF)
  17. ^ 火山活動監視手法に関する研究 -火山用長周期地震計によるマグマの動向把握- 気象庁 気象研究所技術報告 第12号
  18. ^ 2014/09/27 11:53 御嶽山噴火 名古屋大学大学院環境学研究科附属 地震火山研究センター
  19. ^ “御嶽山噴火:数日前から複数の異変 気象庁に届かず”. 毎日新聞. (2014年10月13日). http://mainichi.jp/select/news/20141013k0000e040143000c.html 
  20. ^ a b 山元孝広:御嶽火山2014 年9 月27 日噴火で発生した火砕流 産業技術総合研究所 地質調査研究報告 Vol.65 No.9/10 (2014) (PDF)
  21. ^ 第132回火山噴火予知連絡会資料 火山噴火予知連絡会
  22. ^ 重点的に検討する火山〔御嶽山〕 第132回火山噴火予知連絡会資料 (産業技術総合研究所ほか) (PDF)
  23. ^ “八丁ダルミ 噴石高密度 御嶽山 研究者の調査で判明”. 信濃毎日新聞. (2015年6月18日). http://www.shinmai.co.jp/news/20150618/KT150617FTI090032000.php 
  24. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第1号 気象庁地震火山部 2015年9月11日10時20分
  25. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第2号 気象庁地震火山部 2015年9月12日16時00分
  26. ^ a b 平成26年 No.37 週間火山概況 (平成26年9月5日~9月11日) 気象庁
  27. ^ a b 11日に火山性地震85回観測 今後も小さな噴石、広範囲に飛散も 気象庁が警戒呼びかけ” (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  28. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第3号 気象庁地震火山部 2015年9月16日16時00分
  29. ^ a b “御嶽山が7年ぶり噴火 気象庁「収束の判断難しい」”. 毎日新聞. (2014年9月27日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000022-asahi-soci 2014年9月28日閲覧。 
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 御嶽山の噴火状況等について (PDF)”. 内閣府 (2014年10月3日19時00分). 2014年10月4日閲覧。
  31. ^ “登山客、不意打ち…噴火前警戒レベル「平常」”. 読売新聞. (2014年9月28日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00050016-yom-soci 2014年9月28日閲覧。 
  32. ^ Volcanic Ash Advisory Text”. 東京航空路火山灰情報センター (2014年9月27日). 2014年10月4日閲覧。(英語)
  33. ^ VOLCANO: ONTAKESAN 283040”. 東京航空路火山灰情報センター (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  34. ^ a b <御嶽山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表>”. 気象庁地震火山部 (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  35. ^ a b “山荘の関係者「客を避難させている」 御嶽山噴火”. 朝日新聞. (2014年9月27日). http://www.asahi.com/articles/ASG9W4DSHG9WUTIL00F.html 2014年9月28日閲覧。 
  36. ^ 御嶽山に関する降灰予報(平成26年9月27日13時35分発表) (PDF)”. 気象庁 (2014年9月27日). 2014年9月27日閲覧。
  37. ^ 国土地理院地理地殻活動研究センター公式アカウント 2014年9月27日14時05分の発言
  38. ^ 9月27日御嶽山噴火に関する情報”. 長野県 (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  39. ^ a b “御嶽山噴火、10人が重体・重傷 気象庁「予知は困難」”. 朝日新聞. (2014年9月28日). http://www.asahi.com/articles/ASG9W5Q0NG9WUTIL020.html 2014年9月28日閲覧。 
  40. ^ 御嶽山噴火による県内の被害状況等 (PDF)”. 長野県 (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  41. ^ 長野県消防相互応援隊の活動について”. 長野市消防局 (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  42. ^ “長野県立木曽病院のDMAT出動”. NHK. (2014年9月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140927/k10014925011000.html 2014年9月28日閲覧。 
  43. ^ “長野県内のDMAT指定病院すべてに出動要請”. NHK. (2014年9月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140927/k10014926731000.html 2014年9月28日閲覧。 
  44. ^ 御嶽山噴火に伴う北アルプス広域消防本部の対応状況について”. 北アルプス広域消防本部 (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  45. ^ a b 御嶽山の火山活動に係る被害状況等について(第3報) (PDF)”. 消防庁 (2014年9月28日). 2014年9月28日閲覧。
  46. ^ 長野県消防相互応援隊の活動について”. 長野市消防局 (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  47. ^ 長野県消防相互応援隊の活動について”. 長野市消防局 (2014年10月3日). 2014年10月3日閲覧。
  48. ^ 御嶽山噴火に係る災害救助法の適用について【第1報】 (PDF)”. 長野県 (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  49. ^ 木曽町および王滝村に災害救助法を適用しました (PDF)”. 長野県 (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  50. ^ a b “意識不明16人 負傷者多数、死亡情報も 登山客ら40人超下山できず”. 産経新聞. (2014年9月27日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140927/dst14092723410026-n1.htm 2014年9月28日閲覧。 
  51. ^ “政府が自衛隊派遣=首相「救助に全力」-御嶽山噴火災害”. 時事通信. (2014年9月27日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014092700257 2014年9月28日閲覧。 
  52. ^ “東京消防庁が救助隊を派遣”. NHK. (2014年9月28日). http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140928/4933591.html 2014年9月28日閲覧。 
  53. ^ a b “登山客には子供も…山小屋に避難の26人が下山”. 読売新聞. (2014年9月28日12時47分). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140928-OYT1T50028.html 2014年9月29日閲覧。 
  54. ^ “登山客に「早く山小屋へ」 下山の管理人”. 読売新聞. (2014年9月29日). http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20140928-OYTNT50249.html 2014年9月29日閲覧。 
  55. ^ “五の池小屋26人下山 2人重傷”. 読売新聞. (2014年9月29日12時47分). http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20140929-OYTNT50102.html 2014年9月29日閲覧。 
  56. ^ a b c d e f “なぜこれほど被害が拡大したのか? 小規模ながら場所とタイミング悪く…。「軽トラック大の噴石も」”. 産経新聞. (2014年9月29日20時40分). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092920440038-n1.htm 2014年10月1日閲覧。 
  57. ^ “「色がない!」山小屋に降り注ぐ噴石の中 50人を誘導した支配人”. 産経新聞. (2014年9月29日15時23分). http://www.sankei.com/west/news/140929/wst1409290025-n1.html 2014年10月2日閲覧。 pp.1-2.
  58. ^ a b c “御嶽山噴火 山頂付近で31人が心肺停止”. NHK. (2014年9月28日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140928/k10014940201000.html 2014年9月28日閲覧。 
  59. ^ a b “御嶽山噴火 山頂付近で有毒な火山ガス、28日の捜索打ち切り”. FNNニュース. (2014年9月28日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00277558.html 2014年9月28日閲覧。 
  60. ^ “31人心肺停止29日捜索再開”. NHK. (2014年9月28日). http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140928/4937887.html 2014年9月28日閲覧。 
  61. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第11号”. 気象庁 (2014年9月28日). 2014年9月28日閲覧。
  62. ^ “気象庁「火砕流が発生」 低温タイプか”. 産経新聞. (2014年9月28日22時29分). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140928/dst14092822290044-n1.htm 2014年9月29日閲覧。 
  63. ^ a b “政府が非常対策本部設置”. 産経新聞. (2014年9月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140928/dst14092819220031-n1.htm 2014年9月28日閲覧。 
  64. ^ 御嶽山噴火に係る政府調査団派遣について (PDF)”. 内閣府 (2014年9月28日). 2014年9月29日閲覧。
  65. ^ 平成26年(2014年)御嶽山噴火非常災害対策本部の格上げ設置及び第1回本部会議の開催について (PDF)”. 内閣府 (2014年9月28日). 2014年9月29日閲覧。
  66. ^ 【電子号外】御嶽山噴火、三十数人が心肺停止 長野県警は28日、登山者ら三十数人が山頂付近などで心肺停止になっていると発表した。”. 沖縄タイムス (2014年9月28日). 2014年10月5日閲覧。
  67. ^ “御嶽山が噴火(9月27日)”. 朝日新聞. (2014年9月27日16時5分). http://www.asahi.com/extra/articles/SDI201409276357.html 2014-10月-05閲覧。 
  68. ^ “死者4人の身元が判明 長野と岐阜、名古屋の男性”. 産経新聞. (2014年9月29日1時24分). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092901240003-n1.htm 2014年9月29日閲覧。 
  69. ^ 御嶽山の噴火状況等について (pdf)”. 内閣府 (2014年9月29日13時00分). 2014年9月29日閲覧。
  70. ^ “山頂付近の29日の活動中止”. NHK. (2014年9月29日14時28分). http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140929/4942465.html 2014年9月29日閲覧。 
  71. ^ “御嶽山、火山活発化で捜索中断 微動の振幅、噴火日並み”. 朝日新聞. (2014年9月30日12時30分). http://www.asahi.com/articles/ASG9Z33H6G9ZUTIL009.html 2014年10月1日閲覧。 
  72. ^ [1] 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(最終報)
  73. ^ “御嶽山噴火、予定場所の捜索断念 県側隊”. 中日新聞. (2014年10月2日). http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20141002/CK2014100202000021.html 2014年10月2日閲覧。 
  74. ^ 御嶽山の火山活動解説資料 (PDF)”. 気象庁 (2014年10月2日16時30分). 2014年10月4日閲覧。
  75. ^ “台風18号、県内も大荒れ 御嶽山ではヘリ偵察のみ”. (2014年10月7日). http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20141007/CK2014100702000026.html 2014年10月8日閲覧。 
  76. ^ “御嶽山捜索は午前中で打ち切り 初冠雪を観測”. (2014年10月15日). http://www.shinmai.co.jp/news/20141015/KT141015ASI000005000.php 2014年10月15日閲覧。 
  77. ^ “御嶽山初冠雪、捜索に暗雲 天候不良で打ち切り”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014101502000247.html 2014年10月16日閲覧。 
  78. ^ “御嶽山捜索を断念、来春以降に再開 長野県”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014101702000050.html 2014年10月16日閲覧。 
  79. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(20時30分現在)”. 防衛省 (2014年9月28日23時30分). 2014年10月4日閲覧。
  80. ^ a b c d e f 御嶽山の火山活動に係る被害状況等について(第37報) 消防庁 2014年9月27日16時10分 2014年10月23日15時00分更新
  81. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(23時00分現在)”. 防衛省 (2014年9月29日23時00分). 2014年10月4日閲覧。
  82. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(19時30分現在)”. 防衛省 (2014年9月30日19時30分). 2014年10月4日閲覧。
  83. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(19時30分現在)”. 防衛省 (2014年10月1日21時00分). 2014年10月4日閲覧。
  84. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(20時30分現在)”. 防衛省 (2014年10月2日20時30分). 2014年10月4日閲覧。
  85. ^ “長野)県警や精神保健センター、御嶽山遺族支援の試み”. http://www.asahi.com/articles/ASGBY5WP6GBYUOOB00K.html 
  86. ^ “ドローン投入を検討 御嶽山、7月中旬にも捜索再開へ”. 朝日新聞. (2015年6月6日). http://www.asahi.com/articles/ASH634VDYH63UOOB00H.html 2015年6月9日閲覧。 
  87. ^ “御嶽に祈り、安全願う 山開き、入山規制一部解除”. 岐阜新聞. (2015-06-08s). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150608/201506080923_25072.shtml 2015年6月9日閲覧。 
  88. ^ “御嶽火山灰、固まった状態 合同調査隊、下山後に説明”. 岐阜新聞. (2015年6月10日). http://www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/main/CO20150610010016912033092A.shtml 2015年6月11日閲覧。 
  89. ^ “御嶽山 調査隊が入山 捜索中断から8カ月 51人現場へ”. 信濃毎日新聞. (2015年6月11日). http://www.shinmai.co.jp/news/20150610/KT150609ASI000009000.php 2015年6月11日閲覧。 
  90. ^ 火山名 御嶽山 噴火警報(火口周辺) 気象庁地震火山部 2015年6月26日17時0分
  91. ^ “不明者発見には至らず…御嶽山捜索再開”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/national/20150729-OYT1T50113.html 2015年7月30日閲覧。 
  92. ^ 辻岡大助、松本英仁 (2015年7月31日20時16分). “御嶽山再捜索、1遺体発見 岐阜の捜索隊、一ノ池付近で”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH704S61H70UOOB00H.html 2015年9月3日閲覧。 
  93. ^ “長野知事「無念だが継続できない」 御嶽山の再捜索終結”. 毎日新聞. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000057-asahi-soci 2015年8月6日閲覧。 
  94. ^ “御嶽山捜索を終了=不明者5人残し―長野、岐阜”. Yahoo!ニュース (時事通信). (2015年8月6日18時17分). http://news.yahoo.co.jp/pickup/6169717 2015年9月3日閲覧。 
  95. ^ a b c “国際線、成田避け関空へ 一部国内便もルート変更”. 産経新聞. (2014年9月27日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140927/dst14092720050016-n1.htm 2014年9月28日閲覧。 
  96. ^ ★長野県へお越しの皆さまへ★御嶽山の噴火について”. 長野県 (2014年9月28日). 2014年9月28日閲覧。
  97. ^ 御嶽山噴火に関する緊急情報”. 王滝村役場. 2014年10月2日閲覧。
  98. ^ 御嶽山の入山規制の変更について”. 王滝村役場. 2015年6月11日閲覧。
  99. ^ 御嶽山の噴火による被害状況等について(第2報) (2014/09/28 7:00現在) 国土交通省
  100. ^ a b “御嶽山噴火:羽田空港、最大1時間程度の遅れ”. 毎日新聞. (2014年9月27日). http://mainichi.jp/select/news/20140928k0000m040096000c.html 2014年9月28日閲覧。 
  101. ^ いずれもジェットスター航空による運航
  102. ^ a b “成田発着の国際便にも影響 御嶽山噴火で”. NHK. (2014年9月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140927/k10014927621000.html 2014年9月28日閲覧。 
  103. ^ a b “7 Rescued, 32 Missing as Volcano Erupts in Japan”. ABCニュース. (2014年9月27日). http://abcnews.go.com/Technology/wireStory/volcano-erupts-japan-250-trapped-11-hurt-25800420 2014年9月28日閲覧。 (英語)
  104. ^ a b “海外メディアも人的被害の大きさ速報”. 産経新聞. (2014年9月29日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092900030001-n1.htm 2014年9月29日閲覧。 
  105. ^ 御岳ロープウェイ公式サイト
  106. ^ “噴火から8カ月 御岳ロープウェイが運行再開”. 朝日新聞. (2015年6月6日). http://www.asahi.com/articles/ASH642JX7H64UOOB001.html 2015年6月9日閲覧。 
  107. ^ “農作物への影響懸念 降灰量予測できず 「被害あれば対策講じる」”. 産経新聞. (2014年9月27日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140927/dst14092721130019-n1.htm 2014年9月28日閲覧。 
  108. ^ 平成26年9月御岳山噴火に伴う降灰に係わる技術対策について (PDF)”. 長野県 (2014年9月27日). 2014年9月28日閲覧。
  109. ^ 信州・木曽 第32回 開田高原そば祭り”. 木曽町観光協会 (2014年9月28日). 2014年9月28日閲覧。
  110. ^ 木曽駒高原きのこまつり”. 木曽町観光協会 (2014年9月28日). 2014年9月28日閲覧。
  111. ^ a b c “御嶽山噴火:観光客も激減 長野・開田高原”. 毎日新聞. (2014年9月29日11時16分). http://mainichi.jp/select/news/20140929k0000e040134000c.html 2014年9月29日閲覧。 
  112. ^ チャオ御岳スノーリゾート - 御嶽山噴火に伴い
  113. ^ “御嶽山噴火:王滝村がスキー場営業見送り”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/m20141105k0000e040173000c.html 2014年11月8日閲覧。 
  114. ^ 2015年シーズン営業開始のお知らせ”. 株式会社御嶽リゾート「おんたけ2240」 (2014年1月19日). 2014年2月23日閲覧。
  115. ^ “スキー場 「おんたけ2240」営業見送り”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20141104-OYTNT50088.html 2014年11月8日閲覧。 
  116. ^ 御嶽山の立入規制区域について(平成28年6月28日)”. 下呂市 (2016年6月28日). 2016年6月29日閲覧。
  117. ^ a b 山小屋「覚明堂」廃業へ 噴火後初の撤退”. 信濃毎日新聞 (2016年3月26日). 2016年6月29日閲覧。
  118. ^ “御嶽山噴火:霊山で犠牲 信者心痛 全国から義援金”. 毎日新聞. (2014年10月18日11時58分). http://mainichi.jp/select/news/20141018k0000e040211000c2.html 2014年10月18日閲覧。 
  119. ^ “火山と土砂災害の防災対策改善へ”. NHKニュース首都圏WEB. (2014年10月17日12時06分). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141017/k10015474201000.html 2014年10月19日閲覧。 
  120. ^ “火山への登山届義務化 地元自治体に検討要請へ”. 読売新聞. (2014年11月4日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141104-OYS1T50053.html 2014年11月5日閲覧。 
  121. ^ “御嶽山噴火受け初の救助訓練 県警、那須岳で9日”. 下野新聞. (2014年10月8日朝刊). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141008/1741282 2014年10月19日閲覧。 
  122. ^ “富士山:避難シェルター検討 静岡知事”. 毎日新聞. (2014年10月14日20時20分). http://mainichi.jp/feature/news/20141015k0000m040057000c.html 2014年10月19日閲覧。 
  123. ^ “富士山の火山防災対策の専門部署を設置”. NHK. (2014年11月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141105/k10015944141000.html 2014年11月5日閲覧。 
  124. ^ a b c “Yokota braces for fallout from volcano eruption”. 星条旗新聞. (2014年9月27日). http://www.stripes.com/news/pacific/yokota-braces-for-fallout-from-volcano-eruption-1.305323 2014年9月29日閲覧。 (英語)
  125. ^ “Japanese volcano kills one, over 30 seriously injured”. ロイター. (2014年9月27日JST). http://in.reuters.com/article/2014/09/27/japan-volcano-idINKCN0HM04M20140927 2014年9月29日閲覧。 (英語)
  126. ^ “At least 31 people presumed dead on erupting Japanese volcano”. CNN. (2014年9月27日). http://edition.cnn.com/2014/09/28/world/asia/japan-volcano-ontake/index.html?hpt=hp_c3 2014年9月29日閲覧。 (英語)
  127. ^ “ケネディ米大使が声明「犠牲者の冥福祈る」”. 産経新聞. (2014年9月29日18時45分). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092918450029-n1.htm 2014年9月30日閲覧。 
  128. ^ “御嶽山噴火でお見舞い=韓国外相”. 時事通信. (2014年9月30日15時27分). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014093000660 2014年10月1日閲覧。 
  129. ^ a b “御嶽山被害拡大は「火山観測」仕分けた民主党のせい? 早とちりで「仕分け人」勝間氏がとばっちり”. J-CAST. (2014年9月29日). http://www.j-cast.com/2014/09/29217026.html 2014年10月3日閲覧。 
  130. ^ “民主、御嶽山投稿で自民に抗議 片山さつき氏に謝罪要求”. 共同通信. (2014年10月2日). http://www.47news.jp/47topics/e/257917.php 2014年10月3日閲覧。 
  131. ^ “噴火は忘れた頃にやってくる 火山国ニッポン、備えはいま”. 朝日新聞. (2010年7月23日). http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2010090600012.html 2014年10月24日閲覧。 
  132. ^ “火山国ニッポン 備えはいま”. 朝日新聞. (2010年7月6日) 
  133. ^ “片山さつき氏が陳謝「事実誤認に基づく発信」 御嶽山の常時監視「事業仕分けで外れた」としたツイートに【UPDATE】”. ハフィントン・ポスト. (2014年10月1日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/30/satsuki-katayama-ontakesan-tweet_n_5910730.html 2014年10月3日閲覧。 
  134. ^ a b “片山氏ツイートに民主抗議 御嶽山常時観測「民主政権仕分けで外した」は事実無根”. 産経新聞. (2014年9月30日). http://www.sankei.com/politics/news/140930/plt1409300037-n1.html 2014年10月3日閲覧。 
  135. ^ “片山氏、外交防衛委でも「ご迷惑おかけした」”. 読売新聞. (2014年10月2日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141002-OYT1T50086.html 2014年10月3日閲覧。 
  136. ^ “御嶽山噴火から27日で1年 遺族が追悼式”. NHK NEWS WEB (NHK). (2015年9月26日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150926/k10010248951000.html 2015年9月26日閲覧。 
  137. ^ “御嶽山噴火、初の慰霊登山 被災者家族会”. 共同通信. (2016年7月24日). http://this.kiji.is/129799095783605755?c=39550187727945729 
  138. ^ 時論公論 「御嶽山噴火 ~なぜ大きな被害に~」”. NHKアーカイブス (2014年9月30日0時). 2014年10月1日閲覧。
  139. ^ 火山名 御嶽山 火山の状況に関する解説情報 第2号 平成26年9月12日16時00分 気象庁地震火山部
  140. ^ “約2週間前に地震増加も警戒レベル1 登山者らへの「情報利用のあり方考えたい」と気象庁”. 産経新聞. (2014年9月30日21時43分). http://www.sankei.com/affairs/news/140930/afr1409300055-n1.html 2014年10月2日閲覧。 
  141. ^ “御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG9W5KFJG9WULBJ00D.html 
  142. ^ “「わわわれの予知レベルはそんなもの」「近づくな…でいいのか」 予知連会長が難しさ語る”. 産経新聞. (2014年9月29日0時14分). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092900140002-n1.htm 2014年9月30日閲覧。 pp.1-3.
  143. ^ a b “御嶽山、初心者にも人気 紅葉期、好天の週末に噴火”. 朝日新聞. (2014年9月28日14時39分). http://www.asahi.com/articles/ASG9W65ZYG9WUOOB013.html 2014年9月30日閲覧。 
  144. ^ “御嶽山噴火:不明者の把握、難航”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20141002k0000m040179000c.html 
  145. ^ “御嶽山噴火:紅葉シーズンの週末…被害拡大”. 毎日新聞. (2014年9月29日2時31分). http://mainichi.jp/select/news/20140929k0000m040044000c.html 2014年10月2日閲覧。 
  146. ^ a b “60センチの噴石、時速400キロで飛散か 御嶽山噴火”. 朝日新聞. (2014年10月1日12時32分). http://www.asahi.com/articles/ASGB134YQGB1ULBJ003.html 2014年10月2日閲覧。 
  147. ^ “御嶽山噴火:10人近く岩の下敷き…削岩機使い救助へ”. 毎日新聞. (2014年10月1日18時51分). http://mainichi.jp/select/news/20141001k0000e040242000c.html 2014年10月2日閲覧。 
  148. ^ “噴石直撃で9人死亡…御嶽山噴火、猛威浮き彫り”. 読売新聞. (2014年10月1日7時57分). http://www.yomiuri.co.jp/science/20141001-OYT1T50001.html 2014年10月1日閲覧。 
  149. ^ “噴石直撃の被害多数 山頂付近、登山道襲う 御嶽山噴火”. 朝日新聞社. (2014年9月30日5時29分). http://www.asahi.com/articles/ASG9Y672NG9YUTIL04Y.html 2014年10月2日閲覧。 
  150. ^ a b “御嶽山噴火:頭部や首に噴石、即死20人…検視の医師”. 毎日新聞. (2014年10月10日7時31分). http://mainichi.jp/select/news/20141010k0000m040138000c.html 2014年10月15日閲覧。 
  151. ^ 凶器は、火砕流から立ち昇った入道雲が高空に運んだ火山れきだった。”. 早川由紀夫の火山ブログ (2015年1月26日). 2015年1月31日閲覧。
  152. ^ a b c “登山届“形骸化”し情報錯綜 難しい安否確認 「面倒だから提出しない人多い」”. 産経新聞. (2014年9月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140928/dst14092821250040-n1.htm 2014年9月29日閲覧。 
  153. ^ 岐阜県北アルプス地区及び活火山地区における山岳遭難の防止に関する条例”. 岐阜県. 2016年6月29日閲覧。
  154. ^ “火山防災、各地で模索 情報提供やシェルター検討”. 日本経済新聞. (2014年10月4日1時52分). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H1A_T01C14A0CC1000/ 2015年4月24日閲覧。 

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

内閣府
「平成26年(2014年)御嶽山噴火非常災害対策本部」関連情報
御嶽山噴火に関する情報リンク集
国土交通省 - 国土地理院
御嶽山の空撮画像
国土交通省 - 中部地方整備局
御嶽山ライブカメラ
国土交通省外局 - 気象庁
降灰予報
御嶽山 観測点配置図
御嶽山の噴火警戒レベル (PDF)
産業技術総合研究所 - 地質調査総合センター
御嶽火山の噴火に関する情報
日本放送協会(NHK)
御嶽山「噴火の証言」
NHKアーカイブス 御嶽山噴火
東京大学地震研究所
2014年9月27日御嶽山の噴火
2015年8月19-20日の御嶽山山頂調査の速報 (PDF) (2015年10月4日時点のアーカイブ