登山計画書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

登山計画書(とざんけいかくしょ)とは登山前に提出する文書。「登山届」「登山者カード登山カード)」「入山届」とも呼ぶ。

概要[編集]

登山計画書は警察に提出し家族にも通知する。提出するかどうかは基本的に任意だが、登山条例において特定山岳に登山する前に登山計画書の提出を義務づけている自治体もある。登山届を出さず2017年3月に北アルプスの西穂高岳に登り滑落した男性2人に岐阜県は条例に基づく罰則(罰金5万円)を初めて適用している[1]

登山計画書を提出する方が遭難など行方不明時の捜索・救出が比較的容易になる。高山だけでなく低山に登る場合でも提出する方が良い。

下山後に「下山届」提出を求める山域もある。

「多くの人が登山届を提出せず御嶽山に入った後に2014年の御嶽山噴火が発生して行方不明者数・捜索が円滑に行かなかった」と言う人も居る[2]

家族への通知[編集]

登山計画書や下山届を提出しても、提出した個々人が無事に下山したかどうかを警察が把握する運用とはなっていない。下山予定日に下山しなかった遭難者の検知は、警察ではなく家族(あるいは職場)の通報により行われる。

従って、登山計画書は警察だけでなく家族にも渡しておくことが重要である。

たとえ、警察に登山計画書を提出したとしても、家族に行き先を告げずに登山に行くと、万一遭難したときに、「どの山に登ったのか家族も警察も誰も知らない」ということになり、捜索しようがなく、救出できない恐れがある。

警察への提出[編集]

JR東日本 御嶽駅構内にある提出箱

登る山を管轄する警察署への提出を基本とする。あるいは県警察本部地域課あてでもよい。郵送・FAXのほか、最近はインターネットで提出ができる[3]場合もある。

その他、以下の場所でも提出を受け付けている。

  • 登山口に近い駐在所(常勤ではないから、深夜早朝は郵便受けに投函する)
  • 主要登山口にある提出箱(必ずあるとは限らない)
  • 山のふもとの駅の提出箱(必ずあるとは限らない)

登山計画書の書式[編集]

基本的に自由様式である。警察などが作成した雛形がインターネットで公開[4][5]されているのでそれを利用することもできる。

最低限、以下の項目は記入したほうがよい。

  • 登山者それぞれについて、氏名・性別・年齢・住所・携帯電話番号・緊急連絡先(家族)の電話番号
  • 登山ルート(登山口、目的の山、経由する山、下山口)
  • 登山日数、入山予定日時、下山予定日時
  • 非常時対策はどうするか
  • 非常時は、どの山小屋に泊まるのか、あるいは、どのルートで下山するのか。
  • ここでいう非常時とは、予定時間を大きくオーバーしたり、突然の荒天・負傷、想定以上の積雪などをいう。
  • 計画変更時の緊急下山ルート
  • 食糧の数量

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]