二次災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二次災害(にじさいがい)とは、事件事故災害が起こった際に、それに派生して起こる災害のことである。

概要[編集]

おおよそ原因(一次災害)と結果(二次災害)に因果関係があれば二次災害に当たるため、その態様は多岐にわたる。具体例は以下になる。

広義には、津波地震の二次災害である。

原因[編集]

二次災害の多くは、確認不足、連絡不足が原因の場合が多い。そのため、災害が起きた際に確認・連絡体制を明確に定めて防止に努めている場合が多い。しかし、不慮の場合もあり防止策は必ずしも正常に機能するとはいえない。また、防止策が二次災害を併発させることもあるので、注意をしなければならない。

二次災害の一例[編集]

関連項目[編集]

  • 第二の災害(被災地に届けられた善意の救援物資が、より被災地を混乱させること)
  • 津波てんでんこ(救助や安否確認のために二次被害に遭わないよう、各自で逃げることを申し合わせる言葉)