リンジャニ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンジャニ山
Gunung Rinjani
Mount Rinjani 2014 (15301695484).jpg
北東から望むリンジャニ山
標高 3726 m
所在地 インドネシアロンボク島
位置 南緯8度24分52秒 東経116度27分35秒 / 南緯8.41444度 東経116.45972度 / -8.41444; 116.45972座標: 南緯8度24分52秒 東経116度27分35秒 / 南緯8.41444度 東経116.45972度 / -8.41444; 116.45972
種類 成層火山
最新噴火 2016年8月
リンジャニ山の位置(ロンボク島内)
リンジャニ山
リンジャニ山 (ロンボク島)
リンジャニ山の位置(インドネシア内)
リンジャニ山
リンジャニ山 (インドネシア)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

リンジャニ山(リンジャニやま、インドネシア語: Gunung Rinjani)は、インドネシア中部の西ヌサ・トゥンガラ州小スンダ列島ロンボク島にある活火山である。インドネシアで3番目に高い山で[1]、ロンボク島の最高峰である。同島の北部を占め[2]、高さは3,726 m[2]。これは日本の富士山より50 m低い。

山頂から望むカルデラ

リンジャニ火山の活動におけるカルデラの形成は、13世紀の噴火によるものが初回と考えられ[3]、10km3マグマに相当する火砕物が噴出し、直径6×8kmのカルデラを形成した[3][4]

この1257年に起きた噴火は、過去3700年間に起きた噴火では最大規模と推定されている[5]。また、中世ヨーロッパの記録文書には、この噴火の翌年の1258年の夏は異常低温で(夏のない年)、大雨による洪水が頻発したことにより農作物が不作だったという記述がある[5]

火口に天然温泉がある。尾根まで登ると、カルデラ内にあるセガラ・アナ湖インドネシア語版英語版を展望でき、山頂からはジャワ海バリ島アグン山を展望できる[6]

脚注[編集]

  1. ^ インドネシアで3番目に高いリンジャニ山のトレッキングツアー
  2. ^ a b 別技篤彦. “リンジャニ山”. コトバンク世界大百科事典第2版). 2013年7月20日閲覧。
  3. ^ a b インドネシア,リンジャニ火山の13世紀カルデラ形成噴火 - 古川竜太・高田亮
  4. ^ NasutiDnetaL,2003
  5. ^ a b 13世紀の超巨大噴火、火山を特定”. ナショナルジオグラフィック日本版 (2013年10月1日). 2014年1月23日閲覧。
  6. ^ ロンボク島最高峰を登頂”. 西遊旅行. 2013年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Rinjani - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program