ラ・ガリータ・カルデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラ・ガリータ・カルデラ
WheelerGACO.jpg
カルデラの北東部にて、繰り積もった火山灰層を見る
所在地 アメリカ合衆国コロラド州ミネラル郡
位置 北緯37度45分23秒 西経106度56分03秒 / 北緯37.75639度 西経106.93417度 / 37.75639; -106.93417座標: 北緯37度45分23秒 西経106度56分03秒 / 北緯37.75639度 西経106.93417度 / 37.75639; -106.93417
山系 サンフアン山脈
種類 カルデラ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ラ・ガリータ・カルデラ(La Garita Caldera)は、アメリカ合衆国コロラド州ミネラル郡に所在する火山(カルデラ)である[1]。名前は山の東部に位置する非法人地域のラ・ガリータに由来する。2700万年前の破局噴火は地球史上最大級の噴火の一つに数えられている[2][3]

形成年代[編集]

ラ・ガリータ・カルデラは4000万年から噴火をはじめ、2700万年前(漸新世前期)にピークを迎え、その後150万年で7回の大噴火を起こし、1800万年前まで活動した。一連の火山活動がもたらした火砕流に由来する溶結凝灰岩コロラド州からユタ州を経てネバダ州まで分布し[4]、面積にして約3万㎢、火山灰層の厚さは平均で100mに達する[5]

2700万年前の巨大噴火[編集]

ラ・ガリータの噴火のうち最大規模のものはVEI8に分類され、新生代に発生した噴火のなかでは2番目に大規模なものであった。その時の噴火に由来する火山砕屑物の総量は5000㎦に達し、これは1980年に噴火したセント・ヘレンズ山の約5000倍にもなる[6]

エネルギー換算では史上最大の水爆であるツァーリ・ボンバ(50メガトン)の約5000倍、地球史上でもチクシュルーブ・クレーターを形成した白亜紀末期の隕石衝突(240テラトン)以来となる大爆発であった[7]

脚注[編集]

  1. ^ Steven, Thomas A.; Lipman, Peter W. (1976年). “Calderas of the San Juan Volcanic Field, Southwestern Colorado”. U.S. Geological Survey Professional Papers (Washington, DC: U.S. Government Printing Office) 958: 1–35. https://books.google.com/books?id=KLtUAAAAYAAJ&pg=RA1-PA93# 2012年5月16日閲覧。. 
  2. ^ What's the Biggest Volcanic Eruption Ever?”. livescience.com (2010年11月10日). 2014年2月1日閲覧。
  3. ^ Best, MG (2013年). “The 36–18 Ma Indian Peak–Caliente ignimbrite field and calderas, southeastern Great Basin, USA: Multicyclic super-eruptions”. Geosphere. Bibcode 2013Geosp...9..864B. doi:10.1130/GES00902.1. 
  4. ^ Phillips, D (2013年). “Ultra-high precision 40Ar/39Ar ages for Fish Canyon Tuff and Alder Creek Rhyolite sanidine: New dating standards required?”. Geochimica et Cosmochimica Acta. Bibcode 2013GeCoA.121..229P. doi:10.1016/j.gca.2013.07.003. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0016703713003827. 
  5. ^ Lipman3, PW (2000年). “Central San Juan caldera cluster: regional volcanic framework”. Geological Society of America Special Papers. doi:10.1130/0-8137-2346-9.9. 
  6. ^ Mason, et al.
  7. ^ Hildebrand (1998年). “Mapping Chicxulub crater structure with gravity and seismic reflection data”. The Geological Society. http://sp.lyellcollection.org/content/140/1/155.short. 

書籍[編集]

外部リンク[編集]