屈斜路湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
屈斜路湖
Lake Kussharo from Tsubetsu pass deck 2009.jpg
津別峠から見た屈斜路湖
位置
面積 79.54[1] km2
周囲長 57 km
最大水深 117.0 m
平均水深 28.4 m
貯水量 2.25 km3
水面の標高 121 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 酸栄養湖
透明度 6.0、1917年の測定では 20m m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある自然である。日本最大のカルデラ湖[2]、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ[要出典]。昭和9年、全域が阿寒国立公園に指定された。

地学的知見[編集]

藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする東西約26km、南北約20kmの日本最大のカルデラである屈斜路カルデラの内側に約3万年前に形成された[3]。日本の湖沼では6番目の面積規模を有し、平均水深は28.4m、カルデラ湖としては浅いほうだが、東南部にある旧噴火口にある最深部では117mになる[4][5]

衛星写真

湖中央部には、日本最大の湖中である中島火砕丘、面積5.7km²、周囲12km)が浮かぶ。中島はそれ自体二重式火山であり、中央の溶岩円頂丘に最高点(355m)がある。南岸には和琴半島が突出する。中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地から成長した砂州により陸繋島となった。

周囲から小河川が流入し、南端から釧路川が流れ出す。河川からの流入は、湖に入る全水量の20パーセントほどで、残りは地下から湖底に入っている[6]

道北にあるクッチャロ湖とは、呼び名が似ていることから混同されがちであるが、全くの別物である。ただし、語源は同じである(アイヌ語kut-char(沼の水が流れ出る口))。

  • 島 : 中島
  • 流入河川 : 湯川、尾札部川、オンネナイ川、跡佐川、トイコイ川、オンネシレト川、シケレペンベツ川
  • 流出河川 : 釧路川

屈斜路カルデラ[編集]

地形図。右は摩周カルデラ

初期の屈斜路湖は面積が現在の倍ほどあり、ほぼ円形の湖だったと考えられる。現在のカルデラは、東西約26km 南北約20kmで日本最大。

  • 約160万年から100万年前 先カルデラ火山を形成した。その名残が屈斜路湖北側にある藻琴山。
  • 約40~4万年前 カルデラを形成する活動がおき、10回程度大規模火砕流噴火の繰り返す。
  • 約12万年前 最大級の噴火を生じ、その火山灰(クッチャロ羽幌と呼ばれる広域テフラ)は札幌以西を除く北海道のほぼ全域を覆った。
  • 約4万年前~現在 「中島」、「アトサヌプリ」(別名硫黄山)、「摩周火山」を生じる活動により溶岩円頂丘群が噴出して南東部を失い、空豆状の現在の形になった[7]

主な火山活動[編集]

  • 大きく分けて古梅溶結凝灰岩前の先カルデラ期、古梅溶結凝灰岩以後~KpfallⅠ噴火以前のカルデラ形成期、KpfallⅠ噴火以降の後カルデラ期に分けられる[8]
年代 イベント名・噴出物 噴出量
(DRE km3)
主な岩石 噴火様式 ステージ
400ka 古梅溶結凝灰岩 32 デイサイト 火砕流 屈斜路
カルデラ
形成期
210ka KpⅧ噴火 18 デイサイト~流紋岩 火砕流
200ka KpⅦ噴火 6 火砕流
190ka KpⅥ噴火 36 火砕流
130ka KpⅤ噴火 18 火砕流
117.5ka KpⅣ噴火 84 火砕流
97ka KpfallⅤ噴火 3.6 降下火砕物
89ka KpfallⅣ噴火 3.6 降下火砕物
87.5ka KpⅡ/Ⅲ噴火 12 火砕流
76ka KpfallⅢ噴火 4.5 降下火砕物
59ka KpfallⅡ噴火 3 降下火砕物
39.31ka KpⅠ噴火 60 火砕流
38.84ka KpfallⅠ噴火 5 降下火砕物
34ka以降 アトサヌプリ外輪山溶岩 (3.8に一括) 安山岩 溶岩流 古期アト
サヌプリ
火山
オヤコツ山円頂丘溶岩 溶岩ドーム
252m山円頂丘溶岩 溶岩ドーム
30.74ka 上部中春別gテフラ 1.38 デイサイト 降下火砕物 アトサ
ヌプリ
カルデラ
形成期
29.94ka 上部中春別eテフラ 2.64 デイサイト 火砕流、降下火砕物
28.82ka 上部中春別cテフラ 0.08 デイサイト 降下火砕物
28.21ka 上部中春別aテフラ 0.44 デイサイト~流紋岩 火砕流
27.662ka Midk-2~5テフラ 0.24 降下火砕物
27.64ka 茶内cテフラ 4.14 デイサイト~流紋岩 火砕流、降下火砕物
15ka Midk-1テフラ 0.18 降下火砕物
10ka~現在 中島火山噴出物 0.6(合計) デイサイト~流紋岩 溶岩ドーム、降下火砕物、サージ 新期
アトサ
ヌプリ
火山群
10ka-5.5ka サワンチサップ円頂丘溶岩 (3.8に一括) デイサイト 溶岩ドーム
オプタテシュケ円頂丘溶岩
トサモシベ円頂丘溶岩
ニフシオヤコツ円頂丘溶岩
274m山円頂丘溶岩
丸山円頂丘溶岩
ヌプリオンド円頂丘溶岩
5.5ka リシリ山円頂丘溶岩 降下テフラ、火砕流→溶岩ドーム
5.5ka-1.5ka At-c噴火 降下テフラ
5.5-1.5ka マクワンチサップ円頂丘溶岩 (3.8に一括) デイサイト 溶岩ドーム
アトサヌプリ古期円頂丘溶岩
1.5ka At-b噴火 水蒸気爆発:降下火砕物
1.5-1ka アトサヌプリ新期円頂丘溶岩 (3.8に一括) デイサイト 溶岩ドーム
AD1000以降 At-a噴火 水蒸気爆発:降下火砕物
  • 後カルデラ期(34~0ka)に合計4.8 DRE km3の火砕流堆積物と、3.8 DRE km3の溶岩、0.02 DRE km3の降下火砕物を噴出したとされている[8]
  • 屈斜路カルデラ東縁に摩周火山が形成されているが、噴出物の成分の違いから別火山と考えられている。

生物相[編集]

アトサヌプリや川湯温泉から強酸性pH2前後)の温泉水を運ぶ湯川が北東部に流入し、屈斜路湖全体もpH5前後の酸性湖となっているため魚類は乏しい。

過去には魚類が豊富だった時期もあった。江戸時代の終わり頃、1858年(安政5年)に松浦武四郎が通りかかったときにはイトウウグイ類・ヒメマスがいた。1917年(大正6年)の調査では、イトウ・ウグイ・アメマスヤマベカジカイトヨに加え、サケが遡上していた。植物プランクトンが多く、セキショウモヒルムシロのような水草が生えていた[9][10]

この状況は1929年(昭和4年)頃に一変した。この年、多くの魚種が消えるか局地的にしか見られず、水草は稀になっていた。湖水表面のpHは4.9から5.1で酸性を呈した。このあと昭和9年頃には一時期酸性度が弱まり pH 6-7 程度まで回復し[11]、魚類の回復もみられたが、1938年(昭和13年)5月の屈斜路地震で湖底から硫酸塩が噴出したとみられ、pH4前後まで酸性に傾き魚類はほぼ全滅した[12]

このため屈斜路湖では現在でも漁業権が存在しない。2000年代以降酸性度は低減される傾向にあり、優占種は耐酸性に優れたウグイで他には放流されたニジマスヒメマスサクラマスが僅かに生息する[13]

また、和琴半島はミンミンゼミ生息の北限地であり、1951年に「和琴ミンミンゼミ発生地」として国指定の天然記念物となっている。オオハクチョウの飛来地としても知られる。

人間史と観光[編集]

江戸時代の探検書・古地図には「クスリ・トー」(アイヌ語で温泉、薬の湖の意)と書かれていた。その後、釧路川源流付近にあったコタン名「クッチャロ」(喉・口、湖からの流出部の意)から現在の「屈斜路湖」となった[14]

冬季には、2月になると全面結氷し[15]総延長5-10km程度[16]の日本最大級となる鞍状隆起現象 御神渡り が形成される[17][18]。1970年代には、謎の生物クッシーの棲む湖として話題となった。

伝説[編集]

アイヌの伝説では、英雄アタシントクルが巨大なアメマスを捕らえて山に結びつけたところ、暴れるアメマスのせいで山が崩れ、中島が生まれたという[19]

昭和50年代(1975年から1985年頃)に大きな影が遊泳する様子や湖面の波紋が立て続けに目撃され、この湖に巨大な未知の生物が棲んでいるという噂がテレビなどで取り上げられた。ネッシーにならってクッシーと名付けられた[20]。とはいえ、酸性が強いこの湖に大型水生生物が存在する可能性は無いとされる。

温泉[編集]

火山地帯であることから、周囲には火山温泉が多数存在し、湖岸を掘ると湯が湧き出す砂湯は観光名所となっている。また湖底からも温泉が噴出している[21]。 弟子屈町周辺に名湯スポットが点在している。 

交通[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月7日閲覧。
  2. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」39頁。
  3. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」39頁。
  4. ^ 湖沼図リスト 国土地理院
  5. ^ 但し、水深を125mとしている文献もある
  6. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」40頁。
  7. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」39-40頁。
  8. ^ a b 2.屈斜路カルデラ 産業技術総合研究所, 2016年2月10日閲覧。 (PDF)
  9. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」41頁。
  10. ^ 橋本進:温泉廃水による環境破壊-Ⅱ.川湯温泉の廃水汚染が釧路川水系の魚類に及ぼす影響 さけ・ますふ研報 (43):39-51 (1989)
  11. ^ 益子帰来也:夏期に於ける阿寒湖及屈斜路湖の観測 陸水学雑誌 Vol.4 (1934-1935) No.4 P136-142
  12. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」41-43頁。
  13. ^ 伴真俊、鈴木俊哉:屈斜路湖におけるベニザケの人工増殖 さけ・ます資源管理センター技術情報 第169号 2003(H15)年3月発行 13-23
  14. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」41頁。
  15. ^ "御神渡り現象"発生ラインにおける氷紋の出現 日本雪氷学会・日本雪工学会 雪氷研究大会(2008・東京)セッションID: P1-60
  16. ^ 杉本芳博ほか、屈斜路湖における鞍状隆起現象と氷震活動の観測 北海道大学地球物理学研究報告 1981年11月30日 第40巻 p.79-91
  17. ^ 屈斜路湖の結氷 地学雑誌 Vol.25 (1913) No.7 P522a-523
  18. ^ 屈斜路湖の魅力 釧路湿原・阿寒湖・摩周湖 北海道東部の観光情報ポータルサイト
  19. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」44頁。
  20. ^ 「カルデラの湖とアイヌの伝説 摩周湖・屈斜路湖」44頁。
  21. ^ 屈斜路湖底の温泉動画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]