イトヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イトヨ
Gasterosteus aculeatus.jpg
Gasterosteus aculeatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: トゲウオ目 Gasterosteiformes
: トゲウオ科 Gasterosteidae
: イトヨ属 Gasterosteus
: イトヨ G. aculeatus
学名
Gasterosteus aculeatus
Linnaeus,1758
和名
イトヨ
英名
Three-spined Stickleback

イトヨ(糸魚 Gasterosteus aculeatus)は、トゲウオ目トゲウオ科に分類される

分布[編集]

北半球亜寒帯に広く分布し、日本では遡河回遊性の個体が北海道の太平洋側の河川に遡上し、一生を河川や湖沼に生息する淡水(陸封)性の個体群が北海道、青森県、岩手県、福島県、栃木県、福井県に存在する[1][2][3]

特徴[編集]

全長は10cmほどで、体は木の葉のように左右に平たい。背中には背びれの棘条が3本離れて発達し、さらに腹に2本、尻びれ付近にも1本とげがある。うろこはないが、トゲウオ科特有の鱗板が体の側面に並び、骨質化した尾柄部隆起骨を有する[1][3]。体色は褐色だが、成熟したオスは体が青っぽくなり、のどから腹部にかけて赤色の婚姻色を発現させる。

イトヨはサケと同じで、川で生まれた稚魚は海へ下って成長し、産卵前に川をさかのぼる回遊(遡河回遊)を行うが、海まで降りずに淡水域に留まって成長する淡水(陸封)性の個体群も各地で知られる[2]

若い個体は群れで生活し、動物プランクトンや小型の甲殻類などを捕食して成長する[1]が、婚姻色を発現させたオスは縄張りを作り、同種のオスを激しく追い払うようになる。同時にオスは縄張り内の川底に穴を掘って水草の根などを集め、トンネル状のを作り、メスを誘って産卵をおこなう。オスは産卵後も巣に残ってを保護する。寿命は1年で、オスメスとも産卵が終わると死んでしまうが、まれに生き残って2年目の繁殖に参加する個体もいる。

なお、繁殖期のオスに様々な模型を近づける実験では、たとえ形が似ていなくても体の下面が赤ければ攻撃行動を起こす。この習性は本能行動の例として知られ、教科書などにも登場する。

交雑[編集]

岩手県大槌町では東日本大震災による津波の引き波で淡水型イトヨが川の下流に運ばれ、春に海から遡上してきたニホンイトヨと自然交雑している[4]

保全状態評価[編集]

日本では、2020年版の環境省レッドリストで、ハリヨが絶滅危惧IA類(CR)、福島県以南の太平洋系陸封型イトヨと本州のニホンイトヨが「絶滅のおそれのある地域個体群 (LP) 」に記載されている[5]

別名[編集]

ハリウオ、ハリトト、トゲチョ、ヒヤカシなど[6][7][8]

近縁種[編集]

ハリヨ Gasterosteus aculeatus subsp. 定まった学名がない。

滋賀県と岐阜県のごく限られた湧水地のみに生息する[9]。海に下ることはなく、一生を淡水域で過ごす。イトヨの淡水性個体と形態的特徴が類似しているが、体側の鱗板が体前半に限られる[9]。ヨーロッパや北アメリカにおいても鱗板が体前半部に限られている個体が生息しているが、日本産は独自の集団と考えられている[1]

ニホンイトヨ Gasterosteus nipponicus

日本、韓国、ロシアの沿海州や樺太(サハリン)に分布[10]。日本では、九州北部以北の日本海沿岸域や千葉県以北の太平洋沿岸域および北海道に生息する。体側の鱗板は連続しているが、体後半部の鱗板は発達しておらず、尾柄部では鰭状となっている[10]。生活史は、遡河回遊性のみであり、春には成魚が海から河川に遡上し、繁殖活動を行い、生まれた稚魚は初夏までに降海する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 細谷和海編・監修『山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚』、山と渓谷社、2015年、277-278頁
  2. ^ a b 酒井 治己・宮内 亮哉・竹田 大地・樋口 正仁・後藤 晃. 2013. イトヨ Gasterosteus aculeatus 日本海型と太平洋型の鱗板形態と分布. 日本生物地理学会会報, 68: 57-63, NAID 40019925460
  3. ^ a b Higuchi M, & Goto A. 1996. "Genetic evidence supporting the existence of two distinct species in the genus Gasterosteus around Japan". Env Biol Fish 47:1−16, doi:10.1007/BF00002375.
  4. ^ “(科学の扉)津波後、沿岸の生態系は 新たな干潟や湿地、生物戻る”. 朝日新聞. (2017年1月29日). オリジナルの2017年5月27日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170527112725/http://www.asahi.com/articles/DA3S12770704.html 
  5. ^ 環境省レッドリスト2020の公表について”. 環境省. 2020年3月28日閲覧。
  6. ^ 日本産魚名大辞典. 三省堂. (1981年4月8日) 
  7. ^ トゲチョ会津ネットワーク”. トゲチョ会津ネットワーク事務局. 2020年4月18日閲覧。
  8. ^ 栃木県の魚図鑑イトヨ”. 栃木県なかがわ水遊園. 2020年4月18日閲覧。
  9. ^ a b 森誠一, ハリヨの形態における地理的変異」『魚類学雑誌』 34巻 1号 1987-1988年 p.33-46, 日本魚類学会, doi:10.11369/jji1950.34.33
  10. ^ a b Higuchi,M., H.Sakai & A.Goto. 2014. "A new threespine stickleback, Gasterosteus nipponicus sp. nov. (Teleostei; Gasterosteidae) from Japan Sea region". Ichthyol Research, volume 61, p.341–351(2014), doi:10.1007/s10228-014-0403-1

関連項目[編集]