ミンミンゼミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミンミンゼミ
Oncotympana maculaticollis in Mount Ibuki.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : ヨコバイ亜目(同翅亜目) Homoptera
上科 : セミ上科 Cicadoidea
: セミ科 Cicadidae
亜科 : セミ亜科 Cicadinae
: ミンミンゼミ族 Oncotympanini
: ミンミンゼミ属 Hyalessa
: ミンミンゼミ H. maculaticollis
学名
Hyalessa maculaticollis
Motschulsky, 1866
シノニム

Oncotympana maculaticollis

和名
ミンミンゼミ

ミンミンゼミ(ミンミン蝉、学名 Hyalessa maculaticollis) は、カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。和名通りの「ミーンミンミンミンミンミー…」という鳴き声がよく知られている。

分類については従来まではOncotympana が用いられていたが、フィリピン産のタイプ種との違いが指摘され、Hyalessa に変更された[1]

特徴[編集]

成虫の体長は33-36mmほど。幅が狭い頭部と太くて短い腹部をもち、太く短い卵型の体型をしている。ただし翅が体に対して大きく、翅を含めるとアブラゼミとほぼ同じ大きさになる。体色は胸部と腹部の境界付近が白いが、他は黒地の地に水色や緑色の斑紋があり、日本産のセミとしては比較的鮮やかな体色をしている。黒斑部がほとんどなく青緑色主体の個体もおり、これらはミカドミンミンと呼ばれる。

また、このセミはアブラゼミやニイニイゼミなどとは異なり、ヒグラシエゾハルゼミと同じく森林性である。東京23区や横浜市仙台市などでは例外的に街中でもミンミンゼミが数多く生息するが、その理由については後述する。

弱い耐熱性[編集]

ミンミンゼミは、アブラゼミやクマゼミと比べると暑さに弱い、とする仮説がある。

具体例[編集]

ここでは、愛知県および鹿児島県の生息状況を例にあげて説明する。

まず愛知県では、名古屋市など夏の暑さが非常に厳しい地域ではこのセミがほとんど生息していない。その一方、知多半島南部や渥美半島西部など、夏に涼しい海風が卓越し最高気温の上昇が抑えられる地域には多数生息している。中でも特に涼しい伊良湖岬(渥美半島の先端部)では、生息密度が非常に高い。なおアブラゼミやクマゼミにはこのような地域によっての偏在傾向はなく、名古屋市中心部でも毎年多数発生しておりごく普通に見ることができる。

また鹿児島県では、市街地には全く生息していないが海沿いの鬱蒼とした樹林には局地的に多数生息している。これに関しても、日中に海風が入り涼しい所を好んで棲んでいることがうかがわれる。

このように、ミンミンゼミは暑さを好まず涼しい環境を好む傾向の強いセミである。

しかし、これらの事実だけをもって「ミンミンゼミは暑さに弱い」と断定すべきではない。たとえば、夏の暑さが東京より厳しい松江市(しかもその暑さの程度は年々厳しくなっている)で、後述のようにミンミンゼミの生息数が昔と比べて増加しているという事実もある。これは上記の仮説とは明らかに逆行する事実である。

生息地によって異なる体色[編集]

夏期の最高気温高温となりやすい甲府盆地では、体の黒味がほとんどないミカドミンミン発生確率がかなり高い。吸収するであるが、その黒地がほとんどない甲府盆地のミンミンゼミは、同盆地の夏の高温に対する耐性を身につけたタイプであると言われる。

逆に、真夏でも涼しい北海道のミンミンゼミ(江差町など主に道南に生息する)は、むしろ体の黒味が標準型より強い個体がほとんどである。また特に、ロシア沿海州地方に生息するミンミンゼミの多くはほぼ全身が真っ黒(羽は除く)という異様な体色をしている。

このようにミンミンゼミは、生息する地域の夏の暑さによって自らの身体の色を調節している、という説がある。現に、甲府盆地のように暑さの厳しい地域では黒地のほとんどないミカドミンミン型、東京都心部や山形市のように暑さが中程度の地域では黒とが適度に混ざった標準型、そして北海道やロシア沿海州のように涼しい地域では黒地の部分の割合が高い黒化型が多く見られ、こうした地域変異が起こる理由は以上の通り説明可能である。

飛島・粟島のミカドミンミン[編集]

ただし、このミカド型ミンミンは、夏の暑さがとりたてて厳しくない特定の地域においても局所的に多発することが知られている。具体的には、山形県の飛島、新潟県の粟島がその代表例である。飛島ではとりわけミカドミンミンの発生確率が高い(全体の1割強)が、いずれの島も夏の気温は低めで過ごしやすい。

このため、「ミカドミンミンの発生と夏の気温との関係は無い」とする説も有力である。

なお、ミカドミンミンは山梨県のレッドリストで「要注目地域個体群」の指定を受けている[2]

傾斜地を好む傾向について[編集]

ミンミンゼミは傾斜地の樹木に生息することが多い。東京23区内でも、ミンミンゼミが多いのは傾斜地の公園であり、平坦な公園では少なくアブラゼミが主流となっている。

これは、ミンミンゼミの幼虫が傾斜地における土中を好んで生息するためである。後述のようにミンミンゼミの幼虫はやや乾燥度の高い土中を好むのであるが、傾斜地における土も日中は太陽の光が当たりやすく、高温乾燥状態となりやすいためこのセミにとっては良好な環境である。そして、乾燥した土を好むというこのような幼虫の性格を見越し、ミンミンゼミの成虫(メス)は傾斜地における木を選んで卵を産み付けるのである。

なお、ミンミンゼミがもともと低山帯の沿いに多く生息していて尾根沿いでは少ないのも、上述と同じ理由による。谷沿いは尾根沿いと比べて高温乾燥状態となりやすいため、谷沿いに繁殖しやすい。

主な分布[編集]

日本国内では北海道南部から九州対馬甑島列島に分布する。このうち、北海道・屈斜路湖の和琴半島にあるミンミンゼミ生息地が分布北限とされ、1951年に国指定の天然記念物に指定された(「和琴ミンミンゼミ発生地」)[3]。「和琴半島のミンミンゼミ個体群」が北海道のレッドリストの「地域個体群」の指定を受けている[4]

東日本では平地の森林に生息し、都市部の緑地などでも多いが、西日本では都市部にはほとんど生息しておらず、やや標高が高い山地を好んで生息している。成虫は7月-9月上旬頃に発生し、サクラ、ケヤキアオギリなどの木によく止まる。

大陸では、韓国中国華北に生息し市街地にも生息する。鳴き声は、日本産のミンミンゼミとはやや異なり、冒頭の「ミーン」がなくいきなり「ミンミンミンミンミー」となる(セミの方言)。また、対馬産のミンミンゼミの鳴き声もこれとよく似ており、東京周辺のミンミンゼミの鳴き声とは幾分異なっている。なおツクツクボウシも、日本産と大陸産とでは少し鳴き声が異なる。

韓国ではスジアカクマゼミと並んで普通のセミで、日本と比べると地域的な生息数差は小さく国内のどこでも一定数の鳴き声が聞かれる。ソウル中心部でも、緑地帯では夏になるとこのセミの声がたくさん聞かれる。中国では、北京大連などで多く、特に大連では非常に多い。

地域で異なる生息分布[編集]

日本のミンミンゼミは土地の気候条件によって分布する範囲が限定されやすい。そのためアブラゼミをはじめとする他のセミと比べ、非常にいびつな分布をしている。分布決定にはもちろん、他の原因(異種間の棲み分け・植生・土壌の湿度等)が絡むこともあるが、とりわけ重要な決定要因として気候があげられる。もっともこれはミンミンゼミに限らずほぼ全ての昆虫において見られる傾向であるが、とりわけミンミンゼミにおいてはこの傾向が強く見られる。これは、気候の変化に対するミンミンゼミの感度が強く、繊細な昆虫であることを意味する。

なお、異種間棲み分けについては後述する。

東日本太平洋側[編集]

このセミは本来は森林性の昆虫であるが、前述のように東京都心部・横浜市や仙台市などでは中心オフィス街の街路樹でも普通に鳴き声が聞こえる。

その理由は以下のとおりである。つまり、ミンミンゼミの幼虫は比較的乾燥した土中を好み、成虫はケヤキサクラなどの樹木を好む。ヒートアイランド現象によって乾燥化が進んでいる東京都心部や仙台市中心部ではミンミンゼミの幼虫の成育に好ましく、またケヤキ・サクラなどの街路樹も多いので成虫となったミンミンゼミにとっても生活しやすい環境である。さらに、北東気流(やませ)の影響で夏に曇りがちの涼しい天候となりやすい東京や仙台の気候も、高温を嫌い、暑さに比較的弱いこのセミの生息数増加に大きく影響している。

なお、北東気流の影響を受けない長野市でもミンミンゼミは多い。これは、長野のような比較的涼しい夏の気候がミンミンゼミに合っているためである。

ただし東日本太平洋側であっても生息状況・生息密度は異なっている。東京や横浜湘南埼玉県南部、仙台、山形市、長野、甲府、滋賀県北部および前述の知多半島南部・渥美半島西部(特に伊良湖岬)など一部の地域では普通に生息している(特に東京都心部や長野市街地、山形市街地では近年激増している)が、名古屋市静岡市小田原市東北北部青森県岩手県北中部)などではほとんど生息しておらず、関東地方においても北関東地域ではかなり少なめである。

北関東平野部でミンミンゼミが少ない原因として、この地方では夏の猛暑日日数が東京や横浜と比較して多いことがあげられる。一方、青森市盛岡市のような北東北太平洋側でこのセミが少ないのは、北関東とは逆にこの地方の夏の気候がミンミンゼミにとって涼しすぎることがあげられる。

なお、名古屋・静岡・小田原などクマゼミの多い地域でミンミンゼミがいない理由は、#クマゼミとの特殊な関係を参照。

東京都内では毎年たくさんのミンミンゼミの声が聞こえるが、都心部を除くとアブラゼミも依然として生息数は多くミンミンゼミを凌駕する規模である。そのため、セミ全体に占めるミンミンゼミの割合は、都下全体では高くない。特に、東京都23区の東部では、アブラゼミが多く、都心から西部に比べミンミンゼミの割合は低い。東京都葛飾区亀有在住の自然観察指導員鈴木康之によれば、いまから40年前ほど昔には、ミンミンゼミはほとんど生息せず、捕まえた子供はいなかったとしており、近年の東京東部における分布は、新しくできた公園や街路樹の植栽にまぎれて幼虫が移動してきた可能性が高いと示唆している。

とはいえ他の地方と比べても、南関東では昔から市街地でもミンミンゼミがある程度多く生息していた。これは、南関東(特に東京都心部)の気候がミンミンゼミにとって非常に適合していることの証左に他ならない。一般に南関東の気候は、西日本太平洋側よりも東北太平洋側と共通点が多いが、ミンミンゼミの生息状況に関しても一致している。

一方、長野市街地や仙台市街地、山形市街地では近年アブラゼミが激減しており、それと同時にミンミンゼミが急増しているためミンミンゼミの割合が非常に高い。このことは、長野や仙台などと比べて東京都内の夏が高温・乾燥であることを意味する。というのは、アブラゼミはミンミンゼミと比べて夏の暑さを好むセミであり、夏でも涼しい地域でアブラゼミが減っているのである。

東日本日本海側[編集]

日本海側のほとんどの市街地では冬でも湿度が高いため、ミンミンゼミの幼虫の生育に適しておらず生息域が非常に少ない。その生息地は山地や平地の森林地帯に限られており、街中ではこれに代わって幼虫・成虫ともに高湿度を好むアブラゼミの生息域が多い。そのため市街地においてアブラゼミの鳴き声は普通に聞かれるが、ミンミンゼミの声を聞くことはかなり珍しい。新潟市金沢市などに生息するミンミンゼミは、乾燥化の著しい地域(公園や街路樹)を好む東京のミンミンゼミとは全く逆の立場にあるといえる。まるでミンミンゼミとアブラゼミの生息域は棲み分けられているようである。

また、東日本日本海側の市街地(特に富山市)はこのようにアブラゼミの勢力がきわめて強く、そのためにミンミンゼミが市街地に進出することができず森林や山の中のみに生息するのだという説もある。つまり、ミンミンゼミの生息状況を気候条件だけで説明することはできず、異種間の棲み分けも重視すべきだとする立場からの説である。確かに、近年の北陸三県ではミンミンゼミが急速に街中から姿を消しており、その代わりにアブラゼミが昔よりも優勢になりつつある。

さらに、前述の飛島(山形県)粟島(新潟県)では、(ミカド型ミンミンの発生確率が極めて高いとともに)通常型ミンミンゼミの生息数も非常に多く、島全体が「ミンミンゼミの楽園」と言えるほどの状態となっている。代わりにアブラゼミの生息数は、両島ともにかなり少ない。飛島や粟島では何らかの原因でアブラゼミが生息数を増やせず、その代わりにミンミンゼミが島の支配者になったと言える(気候とは無関係に)。

また山陰松江市など)や北近畿では、近年ミンミンゼミが増加傾向にある。当地域では近年、夏の暑さが益々厳しくなっている為か、アブラゼミが減少しており、その間隙を縫ってミンミンゼミが増加していると考えられる。そしてこの事実は、「ミンミンゼミは(他のセミと比較して)暑さに弱いセミであり、暑さの厳しい土地では生息できない」とする仮説(上述)を真っ向から否定するものである。松江市の夏の暑さは平年値で東京を上回るが、このように暑さのより厳しい土地で、暑さに弱いはずのミンミンゼミが増えていることは注目に値する事実である。

このようにミンミンゼミは、気候因子のみならず異種間の棲み分けも非常に重要な因子となっており、両因子ともにクリアしない限り生息数が増えることはない。その代わり、両因子とも満たす地域(東京都心部、飛島・粟島、伊良湖岬等)での生息数はきわめて多く、独占状態になっていることが多い。生息地域の極端な偏りと言う点からは、ミンミンゼミは他のセミ(アブラゼミ・クマゼミ・ニイニイゼミ等)とは全く異なるセミである。

またミンミンゼミが繁殖するための条件としては植生も非常に重要である。ミンミンゼミの好む木は、成虫・幼虫共にアブラゼミと比べて限定されるが、飛島・粟島では島全体がミンミンゼミの好む植生となっている可能性が高い。

ミンミンゼミとアブラゼミが同一環境下で共存共栄するのは基本的には困難である場合が多い、とも言える。

西日本[編集]

西日本地域においても平地にはミンミンゼミがほとんどいない。その理由は東日本に比べ北東気流の影響を受けにくく、夏の気温が高くなるためである。西日本の主要都市(福岡大阪など)の都市部にはミンミンゼミがほぼ生息しておらず、生息地は標高がやや高く自然が多く残されている場所、主にヤマザクラモミジナラノキハゼノキなどが自生する広葉樹林帯や照葉樹林帯に限られている。

例外だが、京阪神地区や広島市街地ではの終わりに緑地帯などで生息数は少ないが鳴き声が聞かれることもある。年にもよるが大体8月の終わりから9月初旬に発生のピークとなっているようである。つまり、暑さが少し収まる時期になって、ミンミンゼミが活発に活動し始めるというわけである。

滋賀県では、南部(大津市・草津市・彦根市等の人口集積地帯)ではミンミンゼミの数が極めて少なく、その代わりに多数のクマゼミが生息している一方、 北部の豪雪地帯(高島市等)ではクマゼミがほとんど生息しておらず、代わりにミンミンゼミが市街地でも生息している。 このように北部と南部でセミの生息状況が全く変わる滋賀県のような例は、かなり珍しい。

近年では関西や広島に限らず、西日本平地の様々なところでミンミンゼミの鳴き声が記録されることが多くなっているが、ミンミンゼミだけでなくヒグラシについてもこのような報告がある。北日本ではエゾゼミエゾハルゼミ(特にエゾゼミ)についても同じ傾向にある。このように標高の高い場所で生息していたセミがより標高の低い場所へと降りてくる動きが全国的に見られるが、その理由はまだわかっていない。セミに限らずチョウ類においても、ウスバシロチョウなど北方系の種類が南下している例が多数報告されている。昆虫は将来の地球寒冷化を見越して一足先に寒冷な土地から温暖な土地へと移動している可能性もある。

夏の風物詩として[編集]

ミンミンゼミの鳴き声は、ヒグラシと同様に日本のドラマアニメなどの効果音としても頻繁に使用されており、夏の風物詩として知られているが、その生息分布は東日本太平洋側が中心である。

東日本日本海側や西日本のミンミンゼミは山地に生息しており、平地や人口の多い都市には基本的に生息しておらず、鳴き声を聞く機会は非常に少ない。これに代わって平地や都市部ではアブラゼミやクマゼミの生息数が多いため、ミンミンゼミに代わってこれらのセミの鳴き声が夏の風物詩となっている。

なお、北海道や青森県の市街地では夏にセミ自体の声が極めて少ないため、セミは夏の風物詩にはなっていない。

鳴き声[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

オスは午前中によく鳴き、大きな声でミーン・ミンミンミンミンミー…という鳴き声を繰り返す。この「ミン」という鳴き声は、三回ぐらいのときもあれば、五、六回以上続くときもある。東日本太平洋側では身近なセミなので、テレビ番組などでも「夏の日中」の効果音としてこの鳴き声がよく用いられる。しかし上述のように東日本日本海側や西日本の平野部にはミンミンゼミがほとんどいないので、安易なミンミンゼミの登場には違和感を覚える人もいる。

クマゼミとの特殊な関係[編集]

ミンミンゼミとクマゼミの鳴き声は、実際に人間ので聞く限りは全く違って聞こえる。この2種のセミの鳴き声のベースとなるはほぼ同じであり、その音をゆっくりと再生すればミンミンゼミの鳴き声に、早く再生すればクマゼミの鳴き声となる。このように両種のセミの鳴き声には共通点があるため、クマゼミとミンミンゼミは互いに棲み分けをしていると言われる。それは、環境による棲み分けの場合もあるが、時期的な棲み分けのほうが主流である。つまり、クマゼミがほぼ終息した頃にミンミンゼミの発生が始まるということである。西日本の、両種が生息している地域ではおおむねそのような棲み分けが行われている。特に、広島県東広島市の市街地では非常に明確に棲み分けられている。

台湾中国南部の低山帯に生息するタイワンクマゼミは、クマゼミとミンミンゼミのちょうど中間のような声で鳴く。このセミの鳴き声もまた、ベースとなる音はクマゼミ・ミンミンゼミと全く同じである。そしてタイワンクマゼミは、台湾ではタカサゴクマゼミと環境的な棲み分けをしている。タカサゴクマゼミは、日本のクマゼミとよく似た声で鳴くためである。石垣島西表島でクマゼミとヤエヤマクマゼミが棲み分けをしているのと同じ原理である。

また、ミンミンゼミとクマゼミはともに午前中によく鳴く種類であるが、このことも両種のセミが時期的な棲み分けを行っている原因の1つである。例えば屋久島ではクマゼミとクロイワツクツクが市街地において完全な時期的棲み分けをしており、クマゼミがほぼいなくなってからクロイワツクツクが発生する傾向があるが、クロイワツクツクもまたクマゼミと同じく午前中によく鳴く種類である。クマゼミとアブラゼミ、もしくはミンミンゼミとアブラゼミの場合でも、クマゼミ・ミンミンゼミが午前中、アブラゼミが午後に鳴いており、棲み分けができている。

なお、ミンミンゼミとクマゼミが同時期に出現し、時期的な棲み分けをしていない地域があるとすれば、その地域では、クマゼミが午前中に、ミンミンゼミが午後に発声活動を行っているはずである。いずれにせよ、ミンミンゼミとクマゼミが同時に合唱をするケースは少ない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林&税所(2011)
  2. ^ 山梨県 Red Data Book(昆虫類)”. 山梨県 (2005年). 2012年8月23日閲覧。
  3. ^ 和琴ミンミンゼミ発生地”. 文化庁 (1951年6月9日). 2012年8月23日閲覧。
  4. ^ 北海道レッドデータブック(和琴半島のミンミンゼミ個体群)”. 北海道 (2001年). 2012年8月23日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]