泥鰌池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泥鰌池
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺
位置
面積 0.0192 km2
周囲長 0.55 km
最大水深 2.3 m
平均水深 - m
水面の標高 1335 m
成因 堰止湖 (地滑り)
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

泥鰌池(どじょういけ)は、富山県中新川郡立山町立山カルデラ内に位置する。湯川谷の右岸、旧立山温泉源の直上にある立山カルデラ内で最大の面積(約1.9ha)を持つ池で、鳶山崩れによって作られた堰き止め湖とされている。

地理[編集]

立山カルデラにある4つの池の一つで、楕円形をしている。池の面積は立山カルデラの中で最大である。立山カルデラの4つの池の中では唯一、立山町に属している。

底質は腐植土が堆積した泥底になっているが、水の透明度は高い。

形成[編集]

鳶山崩れによる地滑りによって形成された堰止湖である。隣接する多枝原池という池も同じ成因であり、両池の共通点は多い。一方で近くにある刈込池新湯は火口湖であり、成因が異なっている。

生態[編集]

岸際は抽水性の植物が多く繁茂し、水面にはヒルムシロ類などの浮葉植物が見られた。魚類はタカハヤ、ギンブナ、ドジョウ、ニジマスが確認されており、立山カルデラの池で最も魚種が多い。

泥鰌池はその成因や富山県における淡水魚の分布から、もともと魚類が生息していたとは考えにくく、人の手によって放流がなされたと考えられており、実際にニジマスに関しては1953年と1955 年にニジマスが放流された記録がある[1]

周囲[編集]

立山カルデラ内にはこの池と同じ成因である堰止湖の多枝原池と、火口湖である刈込池新湯の3つの池がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 不破光大 ほか「12.調査・研究報告 立山カルデラ内の池における淡水魚類 2017-2018年報告」『調査・研究報告』、魚津水族館2019年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『富山の地学紀行』 桂書房

関連項目[編集]