菅生沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅生沼
Sugaonuma0001.JPG
所在地 日本の旗 日本 茨城県坂東市常総市
面積 2.3 (山林化湿地、湿地を含む) km2
最大水深 2(推定) m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

菅生沼(すがおぬま)は、茨城県坂東市常総市との間に存在する

概要[編集]

南北約5.5km、東西約0.4kmであり、水深は浅く、をたたえるのは主に下沼と呼ばれる南部で、上沼と呼ばれる北部は湿地帯になっている。

北から南へ流れている西仁連川が菅生沼を構成する主流である。下沼の東岸にて東仁連川が合流し、さらに川下で利根川に合流している。 東岸にはあすなろの里、西岸にはミュージアムパーク茨城県自然博物館があり、両施設間は歩道(菅生沼ふれあい橋)で行き来することができる。自然が豊かであり、冬になるとコハクチョウが飛来する。

1975年昭和50年)12月23日、沼自体及び自然度の高いヨシ群落からなる周辺部、カモ類を主とした水禽類等を理由に、茨城県条例により自然環境保全地域(県内最大の面積)に指定された。500種以上の動植物が確認されているといわれる。

伝説[編集]

「白妙姫」の伝説がある[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]