塘路湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
塘路湖

塘路湖

塘路湖の位置(北海道内)
塘路湖
塘路湖
塘路湖の位置(北海道)
所在地 日本の旗 日本
北海道釧路総合振興局
位置 北緯43度09分 東経144度33分 / 北緯43.150度 東経144.550度 / 43.150; 144.550座標: 北緯43度09分 東経144度33分 / 北緯43.150度 東経144.550度 / 43.150; 144.550
面積 6.27[1] km2
周囲長 17.9 km
最大水深 7.0 m
平均水深 3.1 m
貯水量 0.02 km3
水面の標高 8 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 腐食型
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

塘路湖(とうろこ)は北海道東部、標茶町にある淡水湖釧路湿原国立公園に含まれる。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 成因は海の後退による海跡湖
  • 湖の名前は、アイヌ語の「ト・オロ」(湖の所)に由来する。

自然[編集]

湖面

塘路湖周辺は釧路湿原国立公園の特別地域で、鳥獣保護区でもある。

1970年代の調査では、スナヤツメイトウエゾイワナワカサギイシカリワカサギウグイエゾウグイヤチウグイコイフナドジョウウナギイバラトミヨウキゴリジュズカケハゼヌマチチブが通年棲み、季節によりサケアメマスが見られた[2]ワカサギは他の湖から移入されたものだが、現在では多く生息し、冬季はワカサギ釣りが盛んである[3]。また地元漁協によりワカサギ漁も行われている。

クロイサザアミは、海跡湖に現われるアミ目の小さな甲殻類で、このあたりが温暖な海だったころに入りこみ、湖に取り残された種である[4]。また、外来種であるウチダザリガニの侵入が確認されている。

利用[編集]

  • 湖畔にはキャンプ場や塘路湖エコミュージアムセンター「あるこっと」・標茶町の歴史を展示する「標茶町郷土館」等の施設が集中的に整備される。また冬は湖畔において犬ぞりレースが行われる。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月7日閲覧。
  2. ^ 針生勤「釧路湿原に生息する魚 塘路湖・春採湖」79頁本文および表。
  3. ^ 針生勤「釧路湿原に生息する魚 塘路湖・春採湖」79頁。
  4. ^ 針生勤「釧路湿原に生息する魚 塘路湖・春採湖」79頁。

参考文献[編集]

  • 針生勤「釧路湿原に生息する魚 塘路湖・春採湖」、『日本の湖沼と渓谷』第1巻(北海道 I)、ぎょうせい、1987年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]