タンチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タンチョウ
タンチョウ
タンチョウ Grus japonensis
保全状況評価[1][2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ツル科 Gruidae
: ツル属 Grus
: タンチョウ G. japonensis
学名
Grus japonensis (Müller, 1766)[3]
和名
タンチョウ[3][4][5][6][7][8]
英名
Japanese crane[1][5][6]
Manchurian crane[1]
Red-crowned crane[1][5][6]

タンチョウ(丹頂[4]Grus japonensis)は、鳥綱ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類日本と総称される鳥類のうちでは大型で、代表的な種とされ、タンチョウヅルとも呼ばれる[9]

分布[編集]

大韓民国北部、中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国、日本(北海道東部)、ロシア南東部[1]

種小名japonensisは「日本産の」の意。北海道東部で繁殖する個体群と、中華人民共和国北東部やロシア極東部で繁殖する個体群に分かれる[10]アムール川流域で繁殖し、冬季になると江蘇省沿岸部や朝鮮半島ヘ南下して越冬する[3]

日本では北海道東部(道東)に周年生息(留鳥)し、襟裳岬以東の太平洋岸や根室海峡沿岸部、オホーツク地区、1982年以降は国後島[11]歯舞諸島、2004年以降は宗谷地区でも繁殖している[3]。越冬地は主に釧路湿原周辺だったが、近年は十勝平野西部や根室地区での越冬例が確認・増加している[3]日本野鳥の会の観察によると、繁殖地は道東から、かつて棲息していた北海道他地区へ広がりつつあり、2020年には明治時代以来となるウトナイ湖周辺での繁殖確認を公表した[12]道北サロベツ原野でも2018年に営巣跡が発見されており、採取された羽のミトコンドリアDNA解析により、ユーラシア大陸から飛来した個体と北海道内に生息する個体がつがいをなした可能性が指摘されている[13][14]

日本で最も有名な生息地は釧路湿原一帯であるが極稀に石狩平野の上空を飛来することがあり、鳴き声が聞かれる。2015年5月31日に札幌上空で飛来が確認された[要出典]

形態[編集]

全長102 - 147センチメートル[3]。翼長64 - 67センチメートル[4]。翼開長240センチメートル[4]体重4 - 10.5キログラム[3]。全身は白い[3][7][8]。眼先から喉・頸部にかけては黒い[3][5][6][7][8]。眼後部から頸部にかけて、白い斑紋が入る[7]。次列風切や三列風切は黒い[3][5][6][8]

頭頂にはほぼ羽毛がなく黒い剛毛がまばらに生え、赤い皮膚が裸出する[10]。タン(丹)は「赤い」の意で、頭頂に裸出した皮膚に由来する[10]虹彩は暗褐色[6]は長く、色彩は黄色や黄褐色。後肢は黒い[6]。気管は胸骨(竜骨突起)の間を曲がりくねる[6]

生態[編集]

湿原湖沼河川などに生息する[6]大陸部の個体群は、700 - 2,300メートルの距離を移動する[7]。北海道の個体群は繁殖地と越冬地の距離が主に150キロメートル以内だが、ごく一部が300キロメートルを移動することもある[3]。冬季には家族群もしくは家族群が合流した群れを形成する[5][8]。日本の個体群と大陸産の個体群は鳴き交わしに差異がある[8]

食性は雑食で、昆虫やその幼虫、エビ類やカニ類などの甲殻類カタツムリ類やタニシ類などの貝類魚類ドジョウ類やコイヤチウグイヌマガレイなど)、エゾアカガエルなどのカエル、鳥類(アオジコヨシキリなど)のヤチネズミ類などの哺乳類、セリハコベなどのアシスゲフキなどのスギナフトモモミズナラなどの果実などを食べる[10]

繁殖様式は卵生。繁殖期に1 - 7平方キロメートル縄張りを形成する[8]。湿原(北海道の個体群は塩性湿原で繁殖した例もあり)や浅瀬に草や木の枝などを積み上げた直径150センチメートル、高さ30センチメートルに達する皿状の巣を作り、日本では2月下旬から4月下旬に1 - 2個の卵を産む[3][5][8]。日本では大規模な湿原の減少に伴い、河川改修によってできた三日月湖や河川上流域にある小規模な湿地での繁殖例が増加している[3]。雌雄交代で抱卵し[8]、抱卵期間は31 - 36日[4]。雛は孵化してから約100日で飛翔できるようになる[7][8]

名称[編集]

日本では1133年の『詩序集』が「丹頂」という名称の初出と推定されている[15]奈良時代以降は他種と区別されず単に「たづ」「つる」とされ、主に「しらたづ」「しろつる」といえば本種を差していたがソデグロヅルも含んでいたと推定されている[15]江戸時代には白鶴は主にソデグロヅルを指すようになったが、本種が白鶴とされる例もあった[15]。 江戸時代の本草学でも、現代と同様に鶴といえば本種を指す例が多かった[15]。1666年の『訓蒙図彙』では鶴(くわく)の別名として「つる、たづ、仙禽」が挙げられ仙禽は本種の漢名であること、不審な点はあるものの図から鶴といえば主に本種を差していたと推定されている[15]。一方で1695年の『頭書増補訓蒙図彙』では図は変わらないものの、本種ではなくソデグロヅルかマナヅルを差したと思われる本草網目からの引用・訳文と推定される解説(頬や後肢が赤い)が付け加えられている[15]。1789年の『頭書増補訓蒙図彙大成』では解説は変わらないものの図が新たに描きおこされ、「たんてう(丹頂)」の別名も追加された[15]。『本朝食鑑』では「鶴は『和名類聚抄』にある葦鶴(あしたづ)で、俗称は丹頂である」旨を紹介している[15]。古くはより広域に分布し一般的であったか、後述するように縁起物や芸術作品といった造形物を目にする機会が多かったことから鶴といえば本種という認識が定着していったと考えられている[15]。一方で古くは現代よりも広域に分布していたとはいえ日本全体では本種を見ることはまれであり、実際には鶴はマナヅルを差していたという反論もある[15]。地域差もあり、現代の中国地方に属する備後国(『福山志料』1809年)や周防国(『周防産物名寄』1737年)、長門国(『舟木産物名寄帳』1739年)の文献では鶴の別名を「マナツル」としており、これらの地域では鶴はマナヅルを指していたと推定されている[15]。現代の和歌山県にあたる紀伊国の『紀伊国続風土記』(1839年)では、頭頂が白く頬が赤いという特徴から鶴(白鶴)はソデグロヅルを指していたと推定され、『紀産禽類尋問誌』(年代不明)では丹頂は飛来しないとする記述がある[15]。 1708年の『大和本草』には頭頂が赤く後肢が黒い松前(北海道)に分布する「丹鳥」という鳥類の記述があるが、色は黒いとされている[15]小野蘭山による1801年の『大和本草批正』では「丹頂」と「丹鳥」を区別し、「丹鳥」は「玄鶴」であるとしている[15]。「玄鶴」に関しては定義が不明瞭なため同定は困難で、オグロヅルカナダヅルクロヅルナベヅルナベコウセイケイ(玄鶴の別名を青鶏とする文献があるため)を指すなど複数の説がある[15]。「丹鳥」を本種とする考えもあり「丹鳥」を「丹頂」に書き換える例も多く見られるが、古くは「丹鳥」は複数の定義をもつ語であったと考えられ、『大戴礼記』『あい嚢鈔』『和爾雅』ではホタルの別名、『本草網目目録啓蒙』ではキンケイを指す語であったと推定されている[15]。『観文禽譜』では本種に朝鮮鶴の名称をあてた例もあるが、これは単に「朝鮮半島に由来する鶴」の意と推定されている[15]

人間との関係[編集]

食用とされることもあった。一方で日本では縁起物として主に食用とされたのはクロヅルやマナヅルで、本種に関しては江戸時代には「食べる人は少ない」「肉が堅く不味い」という記述がある文献もあり、飼育用や観賞用の需要が高かったと考えられている[16]アイヌ語では「サロルンカムイ」と呼ばれ、これは「葦原の神」の意がある[10]。縁起物や、芸術作品のモチーフとされることもある[15]。縁起物の組み合わせとして「松上の鶴」があり、実際には樹上にはとまらないツル類とコウノトリを混同していたとする説もある[16]。一方で文献調査では少なくとも江戸時代の博物誌ではツル類および本種とコウノトリ類に共通する名称はなく、分布や形態・生態、食用や薬用としての利用法の相違点が既に記述されていることから、「形態は類似している」という記述は当時からあったものの区別されていたとする説もある[16]。一例として当時ツル類には既に「樹上にとまらない」とする記述もあり、『飼籠鳥』や『庶物類纂』などのように「松上の鶴」の構図を実際にはありえないと否定したり疑問視した文献もある[16]

少なくとも日本ではソバトウモロコシなどを食害する害鳥とみなされることもある[17]。牛舎に侵入して家畜を驚かせて怪我をさせたり牛乳の生産量に影響を与えたりするほか、飼料を発酵させるためのラップサイロやバンカーサイロを嘴で破るなどの被害も報告されている[17]。後述するように高病原性インフルエンザ口蹄疫などの感染症が流行した場合に、家畜へ感染症を伝搬させることも危惧されている[17]

アムール川流域では野火による植生変化や巣材の減少により、中華人民共和国では農地開発による繁殖地の破壊などにより生息数は減少している[5]。1975年の絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)発効時から、ワシントン条約附属書Iに掲載されている[2]

日本[編集]

生息環境の悪化[編集]

日本では1924年に釧路湿原で再発見されるまでは絶滅したと考えられていた[18]。後述する冬季の餌付けが成功したことで1960年代までは増加傾向にあったが、1960年代前半以降は主に電線との衝突による事故死(1964・1965・1972・1973年は生息数の約10 %が事故死し、以降は年あたり約10羽が事故死)により生息数が減少した[18]。伊藤義孝氏が給餌をはじめその後日本野鳥の会が参加して大規模な給餌を開始したことから1970年代後半から再び生息数が増加した[18]。生息数が増加する一方で人間への依存度が高くなり、生息数増加に伴う繁殖地の不足が問題となっている[3][5][10][18]。車両や列車との交通事故、牛用の屎尿溜めへの落下事故の増加などの問題も発生し、餌付け時にカモ類やカラス類のような他種の鳥類も含めて過密化することから感染症の蔓延も懸念されている[3][17]。餌づけの餌目当てに集まるキツネ類シカ類オジロワシオオワシなどと接する機会が増えるが、これらのうち捕食者となりうる生物に対しては餌付け場で捕食されることはないものの見慣れることで警戒心がなくなってしまうことが懸念されている[10]イヌやシカが湿原の内部まで侵入しており、繁殖への影響も懸念されている[10]

生息数の推移[編集]

北海道での1952 - 1953年における生息数は33羽[5][18]1962年における生息数は172羽、1988年における生息数は424羽[6]2004年における生息数は1,000羽以上、2012年における確認数は1,470羽で生息数は1,500羽以上と推定されている[3]。2008年の繁殖ペア数は285ペア、2010年の繁殖ペア数は345ペアが確認されている[3]北海道庁は1952年度から個体数把握調査を続けており(調査地点は2021年12月調査では40市町村の約300カ所)、2021年1月時点では飼育下を含めて1516羽と調査開始以来の過去最多であった[19]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[3]
Status jenv VU.svg

保護対策[編集]

日本では北海道庁により1889年に狩猟が禁止され、1890年に現在の千歳市周辺が禁猟区に指定されたのに続き、1892年に日本国内でのツル類の狩猟が禁止、1925年に再発見された地域が禁猟区に指定された[18]1935年に繁殖地も含めて国の天然記念物1952年に「釧路のタンチョウ」として繁殖地も含めて特別天然記念物、1967年に地域を定めず種として特別天然記念物に指定されている[18]1993年種の保存法施行に伴い、国内希少野生動植物種に指定されている[20]。北海道では自然保護団体などによる繁殖地の買い上げ(ナショナルトラスト運動)や、冬季に穀物を給餌している[3][17]。初期にもセリの移植、ドジョウの放流やソバの散布、1940年には餌を奪う他の鳥類の駆除などの保護対策が行われたが、冬季の食糧不足から生息数はほとんど上昇しなかった[18]。2015年度には環境省により、冬季の給餌量を段階的に減少させる方針が打ち出されている[7]。1952年に大雪に伴い人里に近づいた個体に対し、阿寒村鶴居村で餌付けに成功した[18]。日本野鳥の会でも啓蒙活動やナショナルトラスト運動が進められ、1987年には鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリを開設している[17]。主に釧路市動物園などでは野生で怪我を負ったり病気になった個体を収容し、野生に復帰させる試みが進められている[17]。死亡してしまう個体や、救命できても野生への復帰が困難で義足をつけて釧路市動物園で飼育・展示される個体もある[21]

飼育[編集]

日本では江戸時代には寺院などで飼育されることもあり、明治・大正時代の第二次世界大戦以前にも既に多く飼育され、飼育下繁殖にも成功していたとされる[22]。具体例として恩賜上野動物園(上野動物園)では1875年に飼育され、1913年には京都市動物園で10羽、1923年には上野動物園で11羽が飼育されていたという記録がある[22]。遅くとも1895年には、上野動物園や新宿御苑では飼育下繁殖に成功していたとされる[22]。戦前は朝鮮半島から輸入された個体が、主に飼育されていた[22]。1950年代には上野動物園などで人工孵化や人工育雛などの試みが進められるようになった[17]。戦後は中華人民共和国から輸入された個体に由来する個体が、主に飼育されている[23]

画像[編集]

江戸のタンチョウ[編集]

広重は『名所江戸百景』の中で江戸に飛来していたタンチョウを描いている。葉題「蓑輪金杉三河島」。

江戸時代には、江戸近郊の三河島村(現在の荒川区荒川近辺)にタンチョウの飛来地があり、手厚く保護されていた[24]。 タンチョウは毎年10月から3月にかけて見られたという[24]江戸幕府は一帯を竹矢来で囲み、「鳥見名主」のほか給餌係、野犬を見張る「犬番」を置いた[24]。給餌の際はささらを鳴らしてタンチョウを呼んだが、タンチョウが来ないときは荒川の向こうや西新井方面にまで探しに行ったという[24]。タンチョウは午後6時頃から朝6時頃まではどこかへ飛び去るので、その間は矢来内に入ることを許された[24]。近郷の根岸金杉あたりではタンチョウを驚かさないように揚げも禁止されていたという[24]

こうした“鶴御飼附場”では将軍鷹狩によって鶴を捕らえる「鶴御成」も行われた。

文化の中のタンチョウ[編集]

東アジアにおいては古くから、タンチョウはその清楚な体色と気品のある体つきにより特に神聖視され、瑞鳥とされ[25]、ひいては縁起の良い意匠として、文学や美術のモチーフに多用されてきた[25]。また、「皇太子の乗る車」を指して「鶴駕(かくが)」と呼ぶ[26]ように、高貴の象徴ともされた。

道教的世界観の中では特に仙人仙道と結びつけられ、タンチョウ自体が大変な長寿であると考えられた[注釈 1]ほか、寿星老人が仙鶴に乗って飛来するとか[28]周の霊王太子晋が仙人となって白鶴に乗って去った[26]といった説話が伝えられている。

なお、古来の日本で「花」といえばを指したのと同じように、伝統的には、中国や日本で単に「鶴」と言えばタンチョウを指しているのが通常である[25][29]

また古くは鶴を指して「たづ」とも呼んだ。

難波潟 潮満ちくらし 雨衣 たみのの島に たづ鳴き渡る (詠み人知らず、『古今和歌集』⑰雑上 #913)

日本[編集]

8世紀の皇族・長屋王の邸宅跡地からはタンチョウらしき鶴の描かれた土器が出土しており、これが現在知られている中で最古のタンチョウを描いた文物である[30]平安時代から室町時代にかけては鏡の装飾に鶴文(つるもん)が多く使われた[28]

鶴ほど広範囲に様々な意匠に用いられているモチーフは他に例がない[28]鎌倉時代太刀(おい)、平安貴族歌人紀貫之の用いた和歌料紙厳島神社蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥陶器、海の長者の大漁祝い着沖縄紅型染め、久留米の絵絣修学院離宮茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵箱、江戸の釜師・名越善正が鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるに及んでは枚挙に暇がない[28]

室町時代に入る前後から時代の中国から花鳥画の習俗が日本へ入ってくると、優美な姿のタンチョウは好んで描かれるモチーフの一つとなった。江戸時代の絵師・伊藤若冲のような画風の異なるものも含め、多くの画家によって現在まで多数の作品が描かれている。

通俗的には、「は万年の齢を経、鶴は千代をや重ぬらん」と曲『鶴亀』や地唄にも謡われるように、鶴と亀はいずれも長寿のシンボルとされ、往々にしてセットで描かれてきた。また花鳥画以来の伝統として松竹梅などと併せて描かれることも多い。花札の役札「松に鶴」などもこうした流れのものであるということができる。

アイヌ民族の間にはタンチョウの舞をモチーフにした舞踊なども伝えられている[31]

近年の文化上の事例としては、1964年昭和39年)、北海道の道鳥に指定されている[32]ほか、1984年(昭和59年)に発行された千円紙幣は裏面にタンチョウの意匠を用いている。 日本航空のシンボルマークはいわゆる「鶴丸」だが、これはタンチョウのイメージに乗せて用いられている[33]

中国[編集]

中国で最も初期の鶴を象った文物といえば春秋戦国時代青銅器蓮鶴方壺中国語版」がよく知られているが、さらに古い殷商時代にも墳墓から鶴を象った彫刻が出土しているという[要出典]

史記』や『左氏春秋』によると衛の懿公は鶴を愛好し、大夫の車に乗せ俸禄まで与えたことがある。

道教では、前述のとおり、タンチョウは仙人や不老長寿の象徴とされ珍重された[25]。 一方で俗信としては、タンチョウの頭頂部からは猛毒の物質が採れるとされ、「鶴頂紅」「丹毒」などと呼ばれることがあった[34][注釈 2]

2007年に中華人民共和国国家林業局が、同国の国鳥にタンチョウの選定を提案し、国務院も受け入れたが、タンチョウの学名、英名ともに「日本の鶴」を意味することから、後に議論を呼ぶこととなった[35]。 中国では先述のとおり、古くからタンチョウが親しまれ愛されてきた経緯がある。選定の際にはインターネットでのアンケートを参考にしており、全510万票のうち65%を獲得するという圧倒的な得票率であったという[35]

参考文献[編集]

  • 久井貴世「江戸時代の文献史料に記載されるツル類の同定―タンチョウに係る名称の再考察―」『山階鳥類学雑誌』第45巻第1号、山階鳥類研究所、2013年、 9-38頁、 doi:10.3312/jyio.45.9ISSN 1348-5032NAID 130005139739
  • 久井貴世「江戸時代の文献史料に記載されるツル類の同定 : マナヅル・ナベヅルに係る名称の再考察」『北海道大学大学院文学研究科研究論集』第14号、北海道大学文学研究科、2014年、 55-80頁、 ISSN 1347-0132NAID 120005526514

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e BirdLife International. 2016. Grus japonensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22692167A93339099. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22692167A93339099.en. Downloaded on 19 June 2021.
  2. ^ a b UNEP (2021). Grus japonensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. [Accessed 19/06/2021]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 百瀬邦和「タンチョウ」『レッドデータブック2014 日本の絶滅のおそれのある野生動物 2 鳥類』(環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい、2014年)162-163頁
  4. ^ a b c d e 正富宏之「タンチョウ」『日本動物大百科 3 鳥類I』(日髙敏隆編、平凡社、1996年)134頁
  5. ^ a b c d e f g h i j 百瀬邦和「タンチョウ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』(小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年)191頁
  6. ^ a b c d e f g h i j 森岡弘之「ツル科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』(黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年)26 - 38頁
  7. ^ a b c d e f g 武田浩平「タンチョウ」『Bird Research News』Vol.14 No.8(NPO法人バードリサーチ、2017年)1 - 2頁
  8. ^ a b c d e f g h i j 竹下信雄「タンチョウ」『動物大百科 7 鳥類I』(黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編、平凡社、1986年)184頁
  9. ^ 「タンチョウ」『広辞苑』第3版(岩波書店
  10. ^ a b c d e f g h 正富宏之「タンチョウ」『日本動物大百科 3 鳥類I』(日高敏隆編、平凡社、1996年)132 - 133頁
  11. ^ 正富宏之, 百瀬邦和「1989年の繁殖期におけるタンチョウの営巣」『山階鳥類研究所研究報告』第21巻第2号、山階鳥類研究所、1989年、 265-279頁、 doi:10.3312/jyio1952.21.265ISSN 0044-0183NAID 130003572747
  12. ^ 勇払原野一帯では130年ぶり ウトナイ湖サンクチュアリでタンチョウのヒナを確認 日本野鳥の会プレスリリース(2020年10月1日)2020年10月7日閲覧
  13. ^ Erika KAWASAKI, Makoto HASEBE, Ji-Hee HWANG, Eun-Young KIM, Kisup LEE, Kunikazu MOMOSE, Hiroki TERAOKA (2021). “Origin of a pair of red-crowned cranes (Grus japonensis) found in Sarobetsu Wetland, northwestern Hokkaido, Japan: a possible crossbreeding between the island and the mainland population”. Journal of Veterinary Medical Science (日本獣医学会). ISSN 1347-7439. https://doi.org/10.1292/jvms.21-0500. 
  14. ^ 「タンチョウ 道北で交雑か/酪農学園大など 大陸の個体と営巣確認」『北海道新聞』朝刊2022年1月11日1面
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 久井貴世「江戸時代の文献史料に記載されるツル類の同定―タンチョウに係る名称の再考察―」『山階鳥類学雑誌』第45巻第1号、山階鳥類研究所、2013年、 9-38頁、 doi:10.3312/jyio.45.9ISSN 1348-5032NAID 130005139739
  16. ^ a b c d 久井貴世「江戸時代におけるツルとコウノトリの識別の実態:博物誌史料による検証」『山階鳥類学雑誌』第50巻第2号、山階鳥類研究所、2019年、 89-123頁、 doi:10.3312/jyio.50.89ISSN 1348-5032NAID 130007749636
  17. ^ a b c d e f g h 正富宏之, 正富欣之「タンチョウと共存するためにこれから何をすべきか」『保全生態学研究』第14巻第2号、日本生態学会、2009年、 223-242頁、 doi:10.18960/hozen.14.2_223ISSN 1342-4327NAID 110007503413
  18. ^ a b c d e f g h i 住吉尚「釧路のタンチョウ 保護の歴史と現状」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』(黒田長久・森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年)121 - 124頁
  19. ^ 「タンチョウ一斉調査 道、40市町村で」『読売新聞』朝刊2021年12月4日(北海道面)
  20. ^ 国内希少野生動植物種環境省・2021年6月19日に利用)
  21. ^ 【ひと2021】タンチョウの治療を続ける獣医師 飯間裕子さん『北海道新聞』朝刊2021年12月25日3面
  22. ^ a b c d 福田道雄「日本におけるツル類の飼育状況」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』(黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年)129 - 137頁
  23. ^ 伊東員義「稀少ツル類について」『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』(黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1989年)129 - 142頁
  24. ^ a b c d e f 宮尾しげを『東京 昔と今 II』(保育社カラーブックス、1963年)69ページ
  25. ^ a b c d 翱翔一萬里,來去幾千年----中華鶴文化解讀(上)”. 世界中文論壇. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月28日閲覧。
  26. ^ a b 「かくが」『広辞苑』第5版(岩波書店)
  27. ^ 淮南子 : 說林訓”. 中國哲學書電子化計劃. 2019年3月28日閲覧。
  28. ^ a b c d 岡登貞治『文様の事典』(東京堂出版、1989年)203ページ
  29. ^ 「つる」『広辞苑』第5版(岩波書店)
  30. ^ 1989年2月『読売新聞』「長屋王邸跡から『ツルの舞う』土器片出土 正倉院宝物のツルの絵同様最古」
  31. ^ タンチョウ帯広百年記念館 アイヌ民族文化情報センター「リウカ」
  32. ^ 都道府県の鳥について公益財団法人日本鳥類保護連盟Archived 2012年10月13日, at the Wayback Machine.
  33. ^ 新・鶴丸ロゴ機お披露目フライト 北海道・たんちょう釧路空港へ空散歩日本航空Archived 2006年11月28日, at the Wayback Machine.
  34. ^ 断肠草、鹤顶红……解读中国古代九大毒药(图)”. 新华网. 2012年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月28日閲覧。
  35. ^ a b サーチナ(2008年9月4日)「タンチョウの中国国鳥化に異議、「学名が“日本鶴”!」Archived 2011年6月16日, at the Wayback Machine.

注釈[編集]

  1. ^ 淮南子』說林訓に「鶴寿千歲、以極其遊。蜉蝣朝生而暮死、而尽其楽」とある[27]
  2. ^ 実際にはこれらの名で扱われていた物質は“紅信石”(三酸化二ヒ素を主体とする鉱石)であったという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]