訓蒙図彙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『頭書増補訓蒙図彙大成』巻15・蟲介類より

訓蒙図彙』(きんもうずい)は、中村惕斎によって寛文6年(1666年)に著された図入り百科事典(類書)。全20巻。

内容・構成[編集]

初版は20巻からなり、以下のように構成されている。

天文・地理・居処・人物・身体・衣服・宝貨・器用(4巻)・畜獣・禽鳥・龍魚・蟲介・米穀・菜蔬・果蓏・樹竹・花草

後に元禄8年(1695年)に出版された『頭書増補訓蒙図彙』では雑類を加えて21類としている。

最初の版では半葉を上下に分けて2枚の図を描き、その右に目(名前)を漢字で書いていた。漢字の横には仮名で音読みを記し、和名と漢文による説明をその下に記している。『頭書増補訓蒙図彙』では説明は絵の上に書かれ、日本語に変わっている。後世になると、複数の図をひとつにまとめて大きく描き、図の中に名称(漢字、音読み、和名)を書き、説明は上部に小さく書くようになった。

影響[編集]

江戸時代には『訓蒙図彙』の名をつけた類書が多数あらわれた。『好色訓蒙図彙』(1686年)、『女用訓蒙図彙』(奥田松柏軒)、『人倫訓蒙図彙』(1690年)、『唐土訓蒙図彙』(平住専安、1719年)、『戯場訓蒙図彙』(式亭三馬、1803年)など。

ケンペルは『日本誌』の挿絵に『訓蒙図彙』を使用した[1]

南方熊楠が7歳のころに『訓蒙図彙』を昼夜あきずに読んだという逸話があり[2]、『十二支考』でもしばしば『訓蒙図彙』を引いている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]