鳥類レッドリスト (環境省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳥類レッドリスト(ちょうるいレッドリスト)は、日本環境省が公表した鳥類レッドリストであり、日本国内における鳥類の絶滅危惧の評価である。日本国内の個体群に対しての評価であるので、世界的にみれば普通種に該当する場合がある。

概要[編集]

環境省の鳥類レッドリストは、1991年(平成3年)に『日本の絶滅のおそれのある野生生物-脊椎動物編』として公表されたもの(1991年版)が初めてである。その後、1998年(平成10年)6月12日に、改訂されたレッドリスト(1998年版)が公表された[1]。1998年版レッドリストを基に、2002年(平成14年)7月に『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック- 2 鳥類』が作成された[2]。さらに、2006年(平成18年)12月22日に最新のレッドリスト(2006年版)が公表された[3]

1991年版では132種(亜種を含む、以下同じ)、1998年版では137種、2006年版では143種と掲載種数は増加している。ただし、これには最新の研究の結果により分類が変更されたこと(それまでは別(亜)種と考えられていたものが、同(亜)種である等)や、評価単位が変更されたこと(種単位で評価していた分類群を亜種単位にする等)を含んでいるので、掲載種数の増加が単純に絶滅危惧種の増加とは言えないことに注意する事。

環境省では、鳥類の評価対象種として約700種を選定している[4]が、これには下記の要件がある[3]

  1. 分類上亜種に細分される場合は原則として亜種を評価の対象とする。
  2. 生涯の大部分を海域で過ごす種であっても、定期的に日本近海に現れる種は対象とする。
  3. 外来生物及び国内他地域から導入された種は対象から除く。
  4. 迷鳥(本来の渡りのコースや分布域から外れて渡来した鳥)は対象から除く。

リスト及びカテゴリーの変遷[編集]

鳥類の絶滅危惧(絶滅のおそれのある種)の数は1991年版では54種、1998年版では90種、2006年版では92種と増加している。鳥類の評価対象種は約700種なので、2006年版では、約13%が絶滅危惧である。

1998年版に掲載された137種のうちスズメ目以外:スズメ目は、108:29でスズメ目以外の種が多い。これは、スズメ目以外の鳥類がスズメ目の鳥類に比べて、進化の過程で古いグループであり、より生息環境の悪化などの外部環境の変化に敏感である事が上げられる。また、島嶼性の種は58種であり、これらの種の絶滅のおそれが高いと考えられている[1]

1998年版から2006年版で、カテゴリーランクの上がった種は草原、低木林や島嶼部に生息する種である。これは、草原や森林、里山などの生息環境の悪化や外来種による影響が要因であると考えられている。その一方、奄美地方に生息する種のカテゴリーランクが下がったが、これらの種の生息環境である森林の回復と、信頼できるデータの蓄積が要因と考えられている[3]

カイツブリ目[編集]

鳥類レッドリスト(カイツブリ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
カイツブリ科
青森県カンムリカイツブリ繁殖個体群 Podiceps cristatus cristatus 危急種 地域個体群 地域個体群 地域個体群   [5]

ミズナギドリ目[編集]

鳥類レッドリスト(ミズナギドリ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
アホウドリ科
コアホウドリ Diomedea immutabilis 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
アホウドリ Diomedea albatrus 絶滅危惧種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ミズナギドリ科
オガサワラヒメミズナギドリ[2] Puffinus bryani - - - 絶滅危惧IA類  
セグロミズナギドリ Puffinus lherminieri bannermani 希少種 情報不足 情報不足 絶滅危惧IB類
シロハラミズナギドリ[2] Pterodroma hypoleuca - 情報不足 情報不足 情報不足  
ウミツバメ科
クロコシジロウミツバメ Oceanodroma castro 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
ヒメクロウミツバメ Oceanodroma monorhis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
オーストンウミツバメ Oceanodroma tristrami - 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 準絶滅危惧  
クロウミツバメ Oceanodroma matsudairae 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 準絶滅危惧  

ペリカン目[編集]

鳥類レッドリスト(ペリカン目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ネッタイチョウ科
アカオネッタイチョウ Phaethon rubricauda rothschildi - 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
カツオドリ科
アカアシカツオドリ Sula sula rubripes 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
アオツラカツオドリ Sula dactylatra personata 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 -  
ウ科
チシマウガラス Phalacrocorax urile 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
ヒメウ Phalacrocorax pelagicus pelagicus - - 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  

コウノトリ目[編集]

鳥類レッドリスト(コウノトリ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
サギ科
ハシブトゴイ Nycticorax caledonicus crassirostris 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
オオヨシゴイ Ixobrychus eurhythmus 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類  
サンカノゴイ Botaurus stellaris stellaris 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
ミゾゴイ Gorsachius goisagi 希少種 準絶滅危惧 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類  
ズグロミゾゴイ Gorsachius melanolophus 希少種 準絶滅危惧 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ヨシゴイ Ixobrychus sinensis sinensis - - 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
チュウサギ Egretta intermedia intermedia 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
カラシラサギ Egretta eulophotes 希少種 情報不足 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
コウノトリ科
コウノトリ Ciconia boyciana 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
ナベコウ Ciconia nigra 希少種 - - -  
トキ科
トキ Nipponia nippon 絶滅危惧種 野生絶滅 野生絶滅 野生絶滅 [6]
クロツラヘラサギ Platalea minor 希少種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IB類
ヘラサギ Platalea leucorodia major 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  
クロトキ Threskiornis melanocephalus 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  

カモ目[編集]

鳥類レッドリスト(カモ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
カモ科
カンムリツクシガモ Tadorna cristata 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
シジュウカラガン Branta canadensis leucopareia 危急種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
ハクガン Anser caerulescens caerulescens - 情報不足 情報不足 絶滅危惧IA類  
カリガネ Anser erythropus - - 準絶滅危惧 絶滅危惧IB類  
コクガン Branta bernicla orientalis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ヒシクイ Anser fabalis serrirostris 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ツクシガモ Tadorna tadorna 危急種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類  
トモエガモ Anas formosa 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
マガン Anser albifrons frontalis 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
オオヒシクイ Anser fabalis middendorffii - 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
サカツラガン Anser cygnoides 危急種 情報不足 情報不足 情報不足  
アカツクシガモ Tadorna ferruginea 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  
オシドリ Aix galericulata - - 情報不足 情報不足  
アカハジロ Aythya baeri 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  
東北地方以北のシノリガモ繁殖個体群 Histrionicus histrionicus pacificus 希少種 地域個体群 地域個体群 地域個体群   [7]
コハクチョウ Cygnus columbianus jankowskii 希少種 - - -  
コウライアイサ Mergus squamatus 希少種 情報不足 情報不足 -  

タカ目[編集]

鳥類レッドリスト(タカ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
タカ科
ダイトウノスリ Buteo buteo oshiroi 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅
カンムリワシ Spilornis cheela perplexus 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
オジロワシ Haliaeetus albicilla albicilla 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類  
リュウキュウツミ Accipiter gularis iwasakii 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
オガサワラノスリ Buteo buteo toyoshimai 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
クマタカ Spizaetus nipalensis orientalis 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
イヌワシ Aquila chrysaetos japonica 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
チュウヒ Circus spilonotus spilonotus 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
オオワシ Haliaeetus pelagicus pelagicus 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
サシバ Butastur indicus - - 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ミサゴ Pandion haliaetus haliaetus 危急種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
ハチクマ Pernis apivorus orientalis 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
オオタカ Accipiter gentilis fujiyamae 危急種 絶滅危惧II類 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
ハイタカ Accipiter nisus nisosimilis 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
ハヤブサ科
ハヤブサ Falco peregrinus japonensis 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
シマハヤブサ Falco peregrinus furuitii 危急種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類 情報不足
オオハヤブサ Falco peregrinus pealei 希少種 情報不足 - -  
シベリアハヤブサ Falco peregrinus harterti 希少種 - - -  

キジ目[編集]

鳥類レッドリスト(キジ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ライチョウ科
ライチョウ Lagopus mutus japonicus 絶滅危惧種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類
エゾライチョウ Tetrastes bonasia vicinitas - 情報不足 情報不足 情報不足  
キジ科
ウズラ Coturnix japonica - 情報不足 準絶滅危惧 絶滅危惧II類  
アカヤマドリ Syrmaticus soemmerringii soemmerringii - - 準絶滅危惧 準絶滅危惧
コシジロヤマドリ Syrmaticus soemmerringii ijimae 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧

ツル目[編集]

鳥類レッドリスト(ツル目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ツル科
タンチョウ Grus japonensis 絶滅危惧種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ナベヅル Grus monacha 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
マナヅル Grus vipio 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
クロヅル Grus grus lilfordi 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  
カナダヅル Grus canadensis canadensis 希少種 - - -  
ソデグロヅル Grus leucogeranus 希少種 - - -  
アネハヅル Anthropoides virgo 希少種 - - -  
クイナ科
マミジロクイナ Poliolimnas cinereus brevipes 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ヤンバルクイナ Gallirallus okinawae 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
オオクイナ Rallina eurizonoides sepiaria 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
シマクイナ Coturnicops noveboracensis exquisitus 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
ヒクイナ Porzana fusca erythrothorax - - 絶滅危惧II類 準絶滅危惧  
ノガン科
ノガン Otis tarda dybowskii 希少種 - - -  

チドリ目[編集]

鳥類レッドリスト(チドリ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
タマシギ科
タマシギ Rostratula benghalensis benghalensis - - - 絶滅危惧II類  
チドリ科
シロチドリ Charadrius alexandrinus - - - 絶滅危惧II類  
シギ科
ヘラシギ Eurynorhynchus pygmeus 危急種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
カラフトアオアシシギ Tringa guttifer 危急種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
コシャクシギ Numenius minutus 危急種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
ツルシギ Tringa erythropus - - - 絶滅危惧II類  
アカアシシギ Tringa totanus ussuriensis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
タカブシギ Tringa glareola - - - 絶滅危惧II類  
オオソリハシシギ Limosa lapponica - - - 絶滅危惧II類  
ホウロクシギ Numenius madagascariensis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
アマミヤマシギ Scolopax mira 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
ハマシギ Calidris alpina - - - 準絶滅危惧  
オオジシギ Gallinago hardwickii 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  
ケリ Vanellus cinereus - - - 情報不足  
チシマシギ Calidris ptilocnemis kurilensis 希少種 絶滅危惧IB類 情報不足 情報不足  
シベリアオオハシシギ Limnodromus semipalmatus 危急種 情報不足 情報不足 情報不足  
シロハラチュウシャクシギ Numenius tenuirostris 希少種 - - -  
セイタカシギ科
セイタカシギ Himantopus himantopus himantopus 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ツバメチドリ科
ツバメチドリ Glareola maldivarum 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
カモメ科
ズグロカモメ Larus saundersi - 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
オオアジサシ Thalasseus bergii cristatus 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ベニアジサシ Sterna dougallii bangsi 希少種 準絶滅危惧 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
エリグロアジサシ Sterna sumatrana 希少種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 絶滅危惧II類  
コアジサシ Sterna albifrons sinensis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ウミスズメ科
ウミガラス Uria aalge inornata 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
ウミスズメ Synthliboramphus antiquus 希少種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
エトピリカ Lunda cirrhata 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
ケイマフリ Cepphus carbo - 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
カンムリウミスズメ Synthliboramphus wumizusume 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
マダラウミスズメ Brachyramphus marmoratus perdix 希少種 情報不足 情報不足 情報不足  

ハト目[編集]

鳥類レッドリスト(ハト目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ハト科
リュウキュウカラスバト Columba jouyi 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
オガサワラカラスバト Columba versicolor 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
アカガシラカラスバト Columba janthina nitens 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
ヨナクニカラスバト Columba janthina stejnegeri 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
シラコバト Streptopelia decaocto decaocto 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類  
キンバト Chalcophaps indica yamashinai 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
カラスバト Columba janthina janthina 危急種 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧  

フクロウ目[編集]

鳥類レッドリスト(フクロウ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
フクロウ科
ワシミミズク Bubo bubo - 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
シマフクロウ Ketupa blakistoni blakistoni 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
キンメフクロウ Aegolius funereus magnus 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類  
ダイトウコノハズク Otus elegans interpositus - - - 絶滅危惧II類  
リュウキュウオオコノハズク Otus lempiji pryeri 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類

ヨタカ目[編集]

鳥類レッドリスト(ヨタカ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ヨタカ科
ヨタカ Caprimulgus indicus jotaka - - 絶滅危惧II類 準絶滅危惧  

ブッポウソウ目[編集]

鳥類レッドリスト(ブッポウソウ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
カワセミ科
ミヤコショウビン Halcyon miyakoensis 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ブッポウソウ科
ブッポウソウ Eurystomus orientalis calonyx 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  

キツツキ目[編集]

鳥類レッドリスト(キツツキ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
キツツキ科
キタタキ Dryocopus javensis richardsi 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ノグチゲラ Sapheopipo noguchii 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
ミユビゲラ Picoides tridactylus inouyei 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類
クマゲラ Dryocopus martius martius 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
オーストンオオアカゲラ Dendrocopos leucotos owstoni 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
アマミコゲラ Dendrocopos kizuki amamii - 絶滅危惧II類 -

スズメ目[編集]

鳥類レッドリスト(スズメ目
和名 学名 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年版 固有性※2 備考
ヤイロチョウ科
ヤイロチョウ Pitta brachyura nympha 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
サンショウクイ科
サンショウクイ Pericrocotus divaricatus divaricatus - 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ヒヨドリ科
シロガシラヤエヤマシロガシラ Pycnonotus sinensis orii 希少種 - - -  
モズ科
チゴモズ Lanius tigrinus - 絶滅危惧II類 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
アカモズ Lanius cristatus superciliosus - 準絶滅危惧 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類  
ミソサザイ科
ダイトウミソサザイ Troglodytes troglodytes orii 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
モスケミソサザイ Troglodytes troglodytes mosukei 希少種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
ツグミ科
オガサワラガビチョウ Cichlopasser terrestris 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ホントウアカヒゲ Erithacus komadori namiyei 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
アカコッコ Turdus celaenops 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
タネコマドリ Erithacus akahige tanensis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
アカヒゲ Erithacus komadori komadori 危急種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
オオトラツグミ Zoothera dauma major 絶滅危惧種 絶滅危惧IA類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
ウスアカヒゲ Erithacus komadori subrufus 危急種 絶滅危惧IA類 情報不足 情報不足
コトラツグミ Zoothera dauma horsfieldi - - 情報不足 情報不足  
ウグイス科
ダイトウウグイス Cettia diphone restricta 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅 [8]
オオセッカ Locustella pryeri pryeri 危急種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
ウチヤマセンニュウ Locustella pleskei 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類   [9]
イイジマムシクイ Phylloscopus ijimae 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類
マキノセンニュウ Locustella lanceolata - - - 準絶滅危惧  
ウグイスの1亜種 Cettia diphone ssp. - - - 情報不足  
シジュウカラ科
ダイトウヤマガラ Parus varius orii 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ナミエヤマガラ Parus varius namiyei 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
オーストンヤマガラ Parus varius owstoni 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類
オリイヤマガラ Parus varius olivaceus 希少種 絶滅危惧II類 準絶滅危惧 準絶滅危惧
ミツスイ科
ムコジマメグロ Apalopteron familiare familiare 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
ハハジマメグロ Apalopteron familiare hahasima 絶滅危惧種 絶滅危惧II類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類
ホオジロ科
シマアオジ Emberiza aureola ornata - 準絶滅危惧 絶滅危惧IA類 絶滅危惧IA類  
コジュリン Emberiza yessoensis yessoensis 希少種 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類 絶滅危惧II類  
ノジコ Emberiza sulphurata - 準絶滅危惧 準絶滅危惧 準絶滅危惧
アトリ科
オガサワラマシコ Chaunoproctus ferreorostris 絶滅種 絶滅 絶滅 絶滅
オガサワラカワラヒワ Carduelis sinica kittlitzi 絶滅危惧種 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IB類 絶滅危惧IA類
カラス科
ルリカケス Garrulus lidthi 危急種 絶滅危惧II類 - -
カササギ Pica pica sericea 希少種 - - -  

カテゴリ別集計[編集]

カテゴリ別集計
レッドリストカテゴリ 1991年版 1998年版[2] 2006年版 2012年 備考
絶滅(絶滅種に相当) 13 13 13 14
野生絶滅 - 1 1 1
絶滅危惧IA類 - 17 21 23
絶滅危惧IB類 - 25 32 31
絶滅危惧I類(絶滅危惧種に相当) 27 42 53 54 [10]
絶滅危惧II類(危急種に相当) 27 47 39 43
絶滅危惧 54 90 92 97 [11]
準絶滅危惧(希少種に相当) 65 16 18 21
情報不足 - 16 17 17
地域個体群 0 2 2 2
合計 132 137 143 152
  • ※1:集計は、発表された当時の各レッドリストの掲載種の数であり、表内のカテゴリーの数と集計が一致しないことがある。これは、レッドリストの見直しに伴い評価単位である分類群(種や亜種、地域個体群等)を変更することがあり、本表ではそれらの変遷も追えるように作成されているためである。これらについては備考を参照のこと。
  • ※2:「固有性」は、日本国内にのみ生息する種又は亜種を表す。従って、これらの種又は亜種の絶滅は、世界での絶滅を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 環境省報道発表資料 『哺乳類及び鳥類のレッドリストの見直しについて』、1998年6月12日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s レッドデータブックの作成の際に、(1)「シロハラミズナギドリ」のカテゴリーを絶滅危惧II類から情報不足への変更、(2)「シマクイナ」など3亜種・1地域個体群の学名の変更がなされている。この記事では、便宜的に1998年版としたものは、2002年に作成されたレッドデータブックの内容を用いている。
  3. ^ a b c 環境省報道発表資料 『鳥類、爬虫類、両生類及びその他無脊椎動物のレッドリストの見直しについて』、2006年12月22日。
  4. ^ 日本鳥類目録
  5. ^ 1991年版では亜種「カンムリカイツブリ」で評価した。
  6. ^ 2003年、日本産野生トキが絶滅した。
  7. ^ 1991年版では亜種「シノリガモ」で評価した。
  8. ^ 1991年版では和名はダイトウハシナガウグイス。
  9. ^ 1991年版では和名はウチヤマシマセンニュウ。
  10. ^ 絶滅危惧IA類と絶滅危惧IB類の合計
  11. ^ 絶滅のおそれのある種。絶滅危惧I類と絶滅危惧II類の合計

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]