印籠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小紋螺鈿印籠。切金と切貝が施された杣田細工。19世紀の江戸時代作。東京国立博物館蔵。

印籠(いんろう)とは、などを携帯するための小さな容器のことを言う。当初はを入れたことから印籠と称される。数える単位は合(ごう)、または具(ぐ・そなえ)。

歴史と機能[編集]

印籠の構造
装着方法。根付によって帯に固定する。

多くの印籠は平たい長方形をしており、素材は紙製、木製または金属製で3段から5段くらいに分割できるようになっている。最も多いのが紙製で、和紙と漆を何層にも巻いて固めて本体部分を形成している。これは木製では歪みやひび割れが起きやすく、特に持ち歩く装身具としては耐久性に問題があるからである[1][2]。一般的に表面には漆が塗られ、蒔絵螺鈿象嵌切金などが施されたものもある。各段の両脇に(緒締め=おじめ)を通して、落下防止用の根付けで留め、紐を帯に挟んで使用した。

印判を入れる箱としては日本には中国から印判入れが渡来していたが、これは食品の入れ物や床の間の置物としても利用される設置式のものであった[3]。一方、印籠は日本で独自に進化した小型の携帯用の容器で、主に印判や常備薬を入れていた[3]。『尺素往来』や『日欧文化比較』の記述から、室町時代には日本人が香料や薬、火打石などを入れた小さな袋を腰に下げて持ち歩く習慣があったとみられており[4]戦国時代には貴重品である薬を数種類携行できる頑丈な積み重ねの箱型容器として印籠が登場した[5]。一方、茶の湯の文化との関連性も指摘されており、茶器の(なつめ)が積み重ねの様式をもつ「印籠」の名を借りて薬の携帯容器に発展したものとも考えられている[6]

印籠の登場で江戸時代の武士や町人には印籠で常備薬を携行する習慣が浸透した[5]。印籠は江戸時代の浮世絵や様々な史料に頻繁に登場し、そこから江戸時代の一時期、印籠が権力や地位を象徴する装身具であったとみられている[7]。テレビドラマ「水戸黄門」では権力のシンボルとして描かれている[7]

しかし次第に印籠の実用的な機能は失われ、江戸時代中期以降は華やかに加飾された印籠が登場し人々の間で流行し始め、装身具から愛玩品へと変容し、特に幕末から明治に入ると飛躍的に技術が精緻になり美的要素を押し出した印籠が登場し、完全に美術工芸品として扱われるようになった[1][2]。海外から幕末や明治の工芸品を積極的に買い戻している清水三年坂美術館創設者の村田理如や、漆工工房雲龍庵の創設者の北村辰雄も、海外のアンティークショップオークションでこの時期の印籠に出会ってその美しさに驚愕して美術館の開館と工房の創設に至っている。村田によると1980年代に自身がコレクションを始めた頃には既に優品は海外に流出しきっており、日本国内には全くと言っていいほど優品が残っていなかったという[8][9]

ギャラリー[編集]

転義[編集]

「いんろう」という言葉は、転じて以下の意味にも使われる。

  • 建築や機械の分野では、外から見た接合面に隙間が無く、内部が位置決めや荷重を受ける働きを持つ構造をインローと呼ぶ。
  • 日本料理用語で、野菜イカなどの中心部に具を詰め込むことを印籠(射込み)と呼ぶ。稲荷寿司も、油揚げの中にを詰め込んだ印籠寿司の一種である[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 村田理如『清水産三年坂美術館 村田理如コレクション 明治工芸入門』目の眼, 2017年、p.104-106、978-4907211110
  2. ^ a b 山下裕二『明治の細密工芸』平凡社、2014年、P.80-81、978-4582922172
  3. ^ a b 服部昭『印籠と薬』風詠社、2010年、15頁。
  4. ^ 服部昭『印籠と薬』風詠社、2010年、14-15頁。
  5. ^ a b 服部昭『印籠と薬』風詠社、2010年、16頁。
  6. ^ 服部昭『印籠と薬』風詠社、2010年、15-16頁。
  7. ^ a b 服部昭『印籠と薬』風詠社、2010年、14頁。
  8. ^ 村田理如『清水産三年坂美術館 村田理如コレクション 明治工芸入門』目の眼、2017年、p.9
  9. ^ 超絶の伝統工芸技術の復元から 世界ブランド構築へのマーケティングヒストリー ウェブ電通報 2016年9月5日
  10. ^ 重金敦之『すし屋の常識・非常識』24p 朝日新聞社

関連項目[編集]

  • 水戸黄門 - “雲水に三つ葉葵”(徳川家家紋)柄の印籠を掲げての「この紋所が目に入らぬか!」の決め台詞で知られる、長年に渡って放映された時代劇テレビドラマシリーズ。