ヤチウグイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤチウグイ
Phoxinus percnurus sachalinensis by OpenCage.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : ウグイ亜科 Leuciscinae
: アブラハヤ属 Rhynchocypris
: R. percnurus
亜種 : ヤチウグイ R. p. sachalinensis
学名
Rhynchocypris percnurus sachalinensis
Berg, 1872
和名
ヤチウグイ
英名
Swamp Minnow

ヤチウグイRhynchocypris percnurus sachalinensis)は、コイ目コイ科ウグイ亜科アブラハヤ属の魚類である。アイヌ語名は「トチェッポ」(沼・小魚)。

分布[編集]

日本(北海道)、サハリン、朝鮮半島などの平野部の池沼湿地帯の細流にすむ。

形態[編集]

全長15cm[1]。本属の中では体高が高い。体側には小黒点が散在する。体色は淡い黄褐色から褐色で、腹部にいくほど淡くなり、やや黄褐色を帯びた銀色になる。また体側中央からやや上部に明るく光る縦条があり、水中では特に目立つ[2] 。近縁種のアブラハヤタカハヤとよく似ているが、吻端が突出することはなく、喉部が角ばって見える点で区別できる[3]。また、褐色がやや薄い[2]

生態[編集]

池や沼、流れの緩い河川など、水流の弱い場所に生息する。ヨシが密生したところや、水草や藻があるところを好む。泥炭地の水や、酸性の水でも住むことができ、酸素が少ない環境にも強い。[2] 雑食性で、虫やコケなどを食べる[1]。6-7月に水草に産卵する[1]。生殖期になると、頭部と体の背面に小さい白色の追い星が出る。オスは、体の金色の光沢が増して、胸びれ、腹びれ、尻びれとその付近が鮮紅色になる。またメスは同じひれが淡赤色になる。[2]

利用[編集]

漁・釣り[編集]

一本釣りまたは、サビキ釣りで釣られる。餌は、サシ赤虫がよく使われる。食用魚として認識されていないので、専門に釣る人はほとんどいないが、泳がせ釣り用の活き餌として釣られることもある。

料理[編集]

成長した親魚では骨が太くて硬いが、小ぶりなものは骨も細くて柔らかく、丸ごと食べられる。内臓を取り除き天ぷらフライから揚げマリネ南蛮漬けなど、いろいろな料理にされる。

保全状況評価[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 木村義志『フィールドベスト図鑑 日本の淡水魚』学習研究社、2000年8月4日、73頁。ISBN 4-05-401120-9
  2. ^ a b c d 宮地傳三郎、川那部浩哉・水野信彦『原色日本淡水魚類図鑑』保育社、1976年、全改訂新版、128頁。ISBN 978-4-586-30032-7
  3. ^ 多紀保彦・河野博・坂本一男・細谷和海『新訂 原色魚類大圖鑑 圖鑑編』北隆館、2005年12月15日、132頁。ISBN 4-8326-0820-7