久留米絣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県久留米市の水天宮にある「久留米絣碑」。

久留米絣(くるめかすり)は、福岡県久留米市および周辺の旧久留米藩地域で製造されている[1]綿織物で、藍染めが主体[1]。あらかじめ藍と白に染め分けた糸(絣糸)を用いて製織し、文様を表す。伊予絣備後絣とともに日本三大絣の一つともされる。久留米絣の技法は1956年に重要無形文化財に指定され[1]1976年には通商産業大臣により伝統工芸品に指定されている。

南方から琉球を経由して伝わった絣と別に、江戸時代の後期に、井上伝という当時12歳の少女が創始したとされる[1]。久留米藩が産業として奨励していた。一時は年間200〜300万を生産した[1]が、戦後は洋装化により絣の需要が激減。現在は少量の生産にとどまるなか、久留米絣を用いたスニーカーやカバンといった新商品開発など、新たな動きも出てきている[2]

織り手であった農家の娘たちが口ずさんでいた労働歌を、明治時代に買い付けに来た全国各地の商人が聞いて宿屋で芸者とともに楽しみ、商売道具のそろばんを機織りの音を再現したことから始まった「久留米そろばん踊り」が伝わっている[3]

日本の小説家、太宰治は久留米絣を用いた着物を好んで着ていた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 鳥丸貞恵「博多織と久留米絣—伝統技術と未来への発展」、『繊維学会誌』第57巻第6号、繊維学会、2001年、 173-176頁、 doi:10.2115/fiber.57.P_173
  2. ^ humming2010 特集記事~前篇”. asianbeat - 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト (2010年3月10日). 2017年8月18日閲覧。
  3. ^ 今泉由美子「機織り娘 そろばんの舞い◇久留米絣の生産地 従事した少女らの歌・踊り伝承◇」『日本経済新聞』朝刊2018年7月3日(文化面)2018年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]