カラフトマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラフトマス
Pink salmon.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: サケ目 Salmoniformes
: サケ科 Salmonidae
: タイヘイヨウサケ属 Oncorhynchus
: カラフトマス O. gorbuscha
学名
Oncorhynchus gorbuscha
(Walbaum, 1792)
和名
カラフトマス
英名
Pink salmon

カラフトマス(樺太鱒、学名:Oncorhynchus gorbuscha、英名:pink salmon、humpback salmon)は、サケ科サケ属の回遊魚。生鮮魚介類として流通する場合にはアオマスと称されることもある[1]。このほか別名にセッパリマスなどがある。アラスカなどではピンクサーモンとも呼ばれる。 北海道の一部産地ではオホーツクサーモンというブランド名で呼ばれている。

分布[編集]

北太平洋ベーリング海オホーツク海日本海岩手県北海道に分布する。

特徴[編集]

サケ属の中では小型の種類で全長40-60cm。側線鱗数はサケ・マス類中最も多く、背面や尾びれ、脂びれに黒い斑点があるのが特徴である。繁殖期には、雄のみ背中が突起状に変形(セッパリ)する。そのため「セッパリマス」の名がある。稚魚にはパーマークが無く、4 - 5月に降海し降海後ほとんどが2年で成熟し回帰する。従って、偶数年と奇数年で繁殖集団が分かれており、隔年の変動を示すことが知られている(いわゆる大漁年と不漁年)。繁殖集団の遺伝的な調査結果によれば、同じ年の隣の河よりも、日本とアラスカの方が遺伝子的には近縁であった。これは母川回帰本能が強くないことを示唆している。

地方名[編集]

地方名:サクラ、サクラマス(宮古、山田、釜石、大船渡)、アオマス(道東、久慈)、ホンマス(北海道東部の一部)、オホーツクサーモン(オホーツク沿岸)、ピンク

生態[編集]

基本的に生まれた川に溯上し産卵するが、母川回帰性は弱く迷って違う川に遡上する事も多い。日本での遡上の南限記録は太平洋側で岩手県、日本海側は新潟以北。主にオホーツク海と根室海峡に流入する河川に遡上する。遡上時期は河川により変化するが、7月から遡上が始まり砂礫質の水通しの良い河床を選び8月から10月に産卵し、産卵後は寿命を終える。 孵化した稚魚は河川ではあまり餌を捕食せず、翌年4月から5月に降海する。

1962年から1967年にかけ北海道知内川遊楽部川で行われた調査によれば、産卵床は水深6cmから36cm、大きさは長径で80cmから170cm程度、短径は35cmから90cm。産卵床が作られる箇所の流速は、シロザケよりも流速が速い箇所が多く産卵床の位置や水質で棲み分けがされている[2]。流速の速い場所を選ぶのは、稚魚がサケと比較した場合、より豊富な酸素を必要とするためとされている。シロザケと産卵床を形成する場所の棲み分けは成されているが、交雑が生じ漁業関係者の間でサケマスと呼ばれるシロザケとの交雑個体が捕獲される事があり、外見は双方の特徴を併せ持っている[3]

自然繁殖での卵から降海するまでの生存率は0.1 - 40%程度。人工孵化での採卵から放流までの生存率は約80%

シロザケと並び最も海洋生活に適合した種であるとされるが、人為的に移入された北米の五大湖では淡水の環境で陸封型が繁殖し、世代を重ねている。

利用[編集]

漁業[編集]

かつてはオホーツク海、ベーリング海での「北洋さけ・ます漁業」により捕獲されていたが、現在では沿岸での定置網及び遡上河川での捕獲が主流である。漁期は夏から冬。サケに次ぐ漁獲量、[4][5]である。 国内最大の水揚げ地は北海道東部オホーツク海沿岸であり、当地での7-8月の約2か月間の水揚げで国内消費の多くが満たされる。

食用加工[編集]

肉質はサケ科魚類の中では脂分が多い。鮭缶や鮭筍など缶詰の原料として知られている。

鮮魚の利用方法としては焼き物の他、ルイベ燻製ムニエル、等がある。揚げ物はやわらかい肉質のためフライやてんぷら等が美味であり、この魚のザンギを名物としている地域もある。また白鮭より小型であるためちゃんちゃん焼きに向く。

味噌仕立ての鍋は鱒鍋と呼ばれ、カラフトマスの漁獲の多い地域では石狩鍋より好まれる場合がある。

山漬や塩マスなどに塩蔵加工すると、ほどよく脱水・熟成され美味である。塩鱒は焼魚以外にはさみ漬けや鱒漬け等の漬物の原料としても珍重される。

卵は筋子(すじこ)として加工される。イクラに加工したものはマス子と呼ばれ外食産業を中心に流通している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ サケとカラフトマスの産卵環境 (PDF) - 独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
  3. ^ 北海道東部根室海峡周辺で採集された「サケマス」のDNA 分析による交雑判別 日本水産学会誌 Vol.77 (2011) No.5 P834-844
  4. ^ さけ・ます類の漁業と資源調査(総説) (PDF) - 水産総合研究センター
  5. ^ カラフトマス (PDF) - 水産総合研究センター

外部リンク[編集]